チュックボールとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > チュックボールの意味・解説 

チュックボール

ハンドボールによく似た、ネットめがけてボールシュートするゲームです。ゲームシュートキャッチ攻防集約されますが、攻撃守備の際に、妨害行為認められないので、球技不慣れなプレイヤーでも十分に楽しむことができます

また、ゲーム進行シュートキャッチ攻防集約されていることから、予測ボールゲームであるともいえます。


チュックボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/16 08:37 UTC 版)

チュックボール (tchoukball) とはコートのエンドライン上に置かれたネットにボールをシュートするハンドボール形式のスポーツである。攻撃側がシュートしてネットから跳ね返ったボールを守備側がノーバウンドでキャッチできなければ攻撃側の得点となる。キャッチできればそのチームにシュート権が移る。ドリブルをせず、三回以内での味方同士のパスのみでボールを運びシュートする。相手チームのシュートやパスを妨害してはならないのが特徴。1970年スイスのヘルマン・ブラントが考案した。 チュックボールの日本選手権大会は毎年三月第一日曜日に群馬県前橋市で開催されている。






「チュックボール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チュックボール」の関連用語

チュックボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チュックボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2019 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチュックボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS