パークゴルフとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > 球技 > パークゴルフの意味・解説 

パークゴルフ

歴史と概要

パークゴルフは、1983年北海道幕別町公園一画から、ふとした遊び心きっかけ誕生しました。その名が示すとおり、公園中にコース設定ゴルフをより簡単にした遊び感覚楽しめるスポーツです。
87年には国際パークゴルフ協会設立され、本格的スポーツとして普及始まりました。そして2000年富山国体デモンストレーション競技として採用され、国民的スポーツとして全国紹介されることになります

現在、北海道から沖縄与論島まで全国に約900コースがあり、そのうち約2割にあたる180コース公認を受けています。また、海外にもその輪が広がり最近では米ワシントン州中国瀋陽市新たなコース完成11カ国30コースができ、ますます国際的スポーツとして普及始めました。
また、パークゴルフの愛好者北海道中心に今や全国60万人数えるまでになり、市町村協会加盟団体468団体へと拡大し、その人気はさらに高まっています。

世代越えて遊べる楽しさ若さ感じさせるスマートさ、力や体力上手と下手の差が少ない気楽さ、それでいて深さのあるところが人気の的。最近では仲間カップルでのパークゴルフ・ツアーなる小旅行が増えてきています。また、各地大会風景協会届けられますが、大きな大会から町内会職場などの小さな大会を含めると、年中いつもどこかで大会が行われている、と言ってもいいくらいの盛況ぶりです。

このようにパークゴルフの人気、そしてその効果は、健康づくりもちろんのこと観光リゾート学校教育現場リハビリなどの医療分野でも注目を浴びており、今後、パークゴルフの原点である「人と自然にやさしい三世交流のコミュニティスポーツ」の輪が、ますます広がる可能性秘めています。


用具とルール

パークゴルフは、クラブ1本とボール1個、それにボールを置くティがあれば誰もがすぐにプレーを楽しむことができます芝生の上で陽光身体いっぱいに浴びながらボール打ち打数競い合うパークゴルフはまさに健康スポーツといってもいいでしょう

パークゴルフは、ルール年齢男女差などによるハンディキャップをつけていません。そのためコース造りには一定の基準設け、1ホール長さ原則100メートル以内18ホール1000メートル以内としています(9ホールなら500メートル以内)。

コース上に適当に植栽バンカー設けグリーン上のカップ位置などを調整して、安全性確保しつつ難易度高め工夫をしています。

プレースタート位置(ティグランド)から打ち始め、1ホール打数を競います。ゲーム単位は1ラウンド18ホールで、ストロークプレーマッチプレー一般的です。

基本的ルールマナーゴルフとよく似ていますが、できるだけわかりやすくやさしいものにし、公認指導員アドバイザー設けて、安全で快適にプレーできるよう配慮しています。


参照リンク:

NPO国際パークゴルフ協会
http://www.parkgolf.or.jp


パークゴルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/10 22:28 UTC 版)

パークゴルフとは、専用のクラブボールを用いて行う、ゴルフ風のスポーツである。




  1. ^ 18ホールの場合、「1番」~「18番」と連番にしてはならない。アウト、イン、またはAコース、Bコース、ホール数が多くなるならCコース…とする


「パークゴルフ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パークゴルフ」の関連用語

パークゴルフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



パークゴルフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2019 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパークゴルフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS