水球とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 競技 > 水球の意味・解説 

すい‐きゅう〔‐キウ〕【水球】

読み方:すいきゅう

水泳競技の一。1チーム7名ずつのプレーヤーが、プール内で泳ぎながら相手ゴール中にボール投げ込み、その得点によって勝敗を競うゲームウオーターポロ。《 夏》「灯蛾(ひが)降れり—渦となりたたかふ/湘子」

水のたま。水滴

麦の穂(のげ)に微細な—を宿して」〈長塚・土〉

水球の画像
水球(1)撮影Neon Tommy https://goo.gl/vgjdIh

水球

作者篠田節子

収載図書青らむ空のうつろのなかに
出版社新潮社
刊行年月1999.3
シリーズ名新潮エンターテインメント倶楽部SS

収載図書家鳴り
出版社新潮社
刊行年月2002.6
シリーズ名新潮文庫

収載図書ミステリア
出版社祥伝社
刊行年月2003.12
シリーズ名祥伝社文庫


水球

読み方:スイキュウ(suikyuu)

水上競技一種

季節

分類 人事


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/21 00:40 UTC 版)

水球(すいきゅう、: water polo)は、プールで行われる球技水泳競技の一種。7名で構成された2つのチームが、プールに作られたコート内で、ゴールにボールを入れあい点数を競う競技であり、「水中の格闘技」とも呼ばれている。


  1. ^ 例えば、黒色など。


「水球」の続きの解説一覧

水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/05 02:17 UTC 版)

2008年北京オリンピックのオーストラリア選手団」の記事における「水球」の解説

詳しくは2008年北京オリンピックの水球競技を参照 水球では、男女2チーム26人の選手出場したその中には兄弟姉妹3組存在し、ビーズワース兄妹、サントロミト姉妹リッポン姉妹である。その他にリッポンとケイト・ギンザーは異父姉妹で、ブロンウェン・ノックスとエンマ・ノックスは血縁関係は無い。 男子チーム ジェイミー・ビーズワース リッチー・キャンベル ピエトロ・フィグリオリ トレント・フランクリン リース・ハウデン ロバート・メイトランド アンソニー・マーティン サム・マクレガー ティム・ニーシャム ジェームズ・スタントン ラファエル・ステーク トーマス・ウォーレン ギャヴィン・ウッズ 女子チーム ゲンマ・ビーズワース ニキータ・カッフェ スージー・フレイザー タニール・ゴーファーズ ケイト・ギンザー アミー・ヘッゼル ブロンウェン・ノックス エンマ・ノックス アリシア・マコーマック メリッサ・リッポン レベッカ・リッポン ミーア・サントロミト ジェンナ・サントロミト

※この「水球」の解説は、「2008年北京オリンピックのオーストラリア選手団」の解説の一部です。
「水球」を含む「2008年北京オリンピックのオーストラリア選手団」の記事については、「2008年北京オリンピックのオーストラリア選手団」の概要を参照ください。


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/05 13:05 UTC 版)

ゴールキーパー」の記事における「水球」の解説

水球のゴールキーパーゴールから4m以内において、両手ボールを掴む、もしくは拳でボール弾き飛ばすことが許される。またプールの底に足をつくことが許されている。赤色水泳キャップ使用する他の選手は青か白)。

※この「水球」の解説は、「ゴールキーパー」の解説の一部です。
「水球」を含む「ゴールキーパー」の記事については、「ゴールキーパー」の概要を参照ください。


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 06:37 UTC 版)

コールドゲーム」の記事における「水球」の解説

水球においても規定により15点差(地区大会などでは10点差)が付いた場合コールドゲーム適用される

※この「水球」の解説は、「コールドゲーム」の解説の一部です。
「水球」を含む「コールドゲーム」の記事については、「コールドゲーム」の概要を参照ください。


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 02:57 UTC 版)

2012年ロンドンオリンピックのロシア選手団」の記事における「水球」の解説

女子グループリーグを2勝1敗とし、準々決勝ハンガリー10-11敗れて5位から8位決定戦回った。そしてイギリス破った中国敗れて6位となった

※この「水球」の解説は、「2012年ロンドンオリンピックのロシア選手団」の解説の一部です。
「水球」を含む「2012年ロンドンオリンピックのロシア選手団」の記事については、「2012年ロンドンオリンピックのロシア選手団」の概要を参照ください。


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 23:42 UTC 版)

ウィリアム・ウィルソン (水球)」の記事における「水球」の解説

1877年チーム対抗の水球競技規則作成し、「アクアティック・フットボール(aquatic football)」と命名した最初の試合は、スコットランドアバディーンにあるボン・アコード・フェスティバルにて、ディー川の土手の間で行われた。旗は8フィート10フィート間隔岸辺置かれプレーヤープル呼ばれるインドゴム柔らかいボール使用した競技場端から端まで相撲を取るようなものだが、当時水上祭り観客人気があった。そしてグラスゴーのアーリントン・バス・クラブのバス・マスター時にこのスポーツ発展させたのである1885年英国水泳協会は、現在水球と呼ばれているこの競技認めウィルソンルールブック発展させた一連のルール策定した。これがやがてFINA国際ルールとなり、水球は世界広がっていった。

※この「水球」の解説は、「ウィリアム・ウィルソン (水球)」の解説の一部です。
「水球」を含む「ウィリアム・ウィルソン (水球)」の記事については、「ウィリアム・ウィルソン (水球)」の概要を参照ください。


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 03:59 UTC 版)

こわしや我聞」の記事における「水球」の解説

静馬仙術使い全般使用氣で練り上げた水球を生成する。水球は銃弾受け止める盾になり、また相手頭部にかぶせることで窒息させるともできるまた、こうして生成した水球を使った理の技も多数存在する

※この「水球」の解説は、「こわしや我聞」の解説の一部です。
「水球」を含む「こわしや我聞」の記事については、「こわしや我聞」の概要を参照ください。


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 11:47 UTC 版)

フレンドシップ・ゲームズ」の記事における「水球」の解説

フレンドシップ・ゲームズにおける水球競技英語版1980年モスクワオリンピック金メダルを獲得した選手大半を占めるソ連チーム優勝したハンガリー2位キューバ3位となった

※この「水球」の解説は、「フレンドシップ・ゲームズ」の解説の一部です。
「水球」を含む「フレンドシップ・ゲームズ」の記事については、「フレンドシップ・ゲームズ」の概要を参照ください。


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 07:37 UTC 版)

リューネン」の記事における「水球」の解説

水球クラブSV ブラムバウアー 50 e.V. は2009年までブンデスリーガ1部参加していた。このクラブ2010年西ドイツ選手権優勝した。しかし、このチーム昇格辞退した

※この「水球」の解説は、「リューネン」の解説の一部です。
「水球」を含む「リューネン」の記事については、「リューネン」の概要を参照ください。


水球(ウォーターボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 15:18 UTC 版)

ドラえもんの派生作品のひみつ道具」の記事における「水球(ウォーターボール)」の解説

ドラベース ドラえもん超野球外伝』に登場する

※この「水球(ウォーターボール)」の解説は、「ドラえもんの派生作品のひみつ道具」の解説の一部です。
「水球(ウォーターボール)」を含む「ドラえもんの派生作品のひみつ道具」の記事については、「ドラえもんの派生作品のひみつ道具」の概要を参照ください。


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 15:37 UTC 版)

延長戦」の記事における「水球」の解説

水球では2ピリオド延長戦ペナルティースロー合戦採用されていたが、2014年度より延長戦廃止された。

※この「水球」の解説は、「延長戦」の解説の一部です。
「水球」を含む「延長戦」の記事については、「延長戦」の概要を参照ください。


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 06:32 UTC 版)

タイムアウト」の記事における「水球」の解説

水球では攻撃中限り1試合で2回の1分間タイムアウトを取ることができる。延長戦では1回追加されるつまりは延長戦までに1回タイムアウト取らなかった場合3回取ることが可能である

※この「水球」の解説は、「タイムアウト」の解説の一部です。
「水球」を含む「タイムアウト」の記事については、「タイムアウト」の概要を参照ください。


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 04:21 UTC 版)

プール」の記事における「水球」の解説

水球競技では、水深2メートル以上のプールに、男子は縦30メートル×横20メートル女子は縦25メートル×横17メートルコートをフィールドロープで区画して作りコートの両ゴールライン中央にゴール浮かべられるため、ゴールスペース含めた競技面積以上のプールが必要となる。一般に50メートル競泳プール使用されるが、宮城県仙南総合プール35メートル×25メートルの水球公認プールで、国内唯一の屋内温水水球専用プールとして知られる非公開施設としては、秀明栄光高校屋内温水水球専用プール秀明大学屋内女子水球専用プール存在する)。

※この「水球」の解説は、「プール」の解説の一部です。
「水球」を含む「プール」の記事については、「プール」の概要を参照ください。


水球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 15:23 UTC 版)

水泳」の記事における「水球」の解説

プールフィールドとして、7名ずつの2チームで行う球技で、男女別行われ相手ゴールボール入れることで得点を挙げるハンドボール似た競技である。プールの底に足をつけてボールを扱うことは反則である(公式競技では水深2m以上とされている)ため、基本的に立ち泳ぎしながらゲームを行う。

※この「水球」の解説は、「水泳」の解説の一部です。
「水球」を含む「水泳」の記事については、「水泳」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「水球」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

水球

出典:『Wiktionary』 (2021/08/27 07:15 UTC 版)

名詞

すいきゅう

  1. スポーツ球技一つ。一チーム7人ずつのチームプール作られたコート内で、泳ぎながらゴールボール入れあい最終的な得点を競う競技

翻訳


「水球」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



水球と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



水球のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2022 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2008年北京オリンピックのオーストラリア選手団 (改訂履歴)、ゴールキーパー (改訂履歴)、コールドゲーム (改訂履歴)、2012年ロンドンオリンピックのロシア選手団 (改訂履歴)、ウィリアム・ウィルソン (水球) (改訂履歴)、こわしや我聞 (改訂履歴)、フレンドシップ・ゲームズ (改訂履歴)、リューネン (改訂履歴)、ドラえもんの派生作品のひみつ道具 (改訂履歴)、延長戦 (改訂履歴)、タイムアウト (改訂履歴)、プール (改訂履歴)、水泳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの水球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS