両チームとは? わかりやすく解説

両チーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/05 00:59 UTC 版)

ノートルダム・ジャパン・ボウル2009」の記事における「両チーム」の解説

ノートルダム大学率いたのはカレッジフットボール殿堂入り果たした名将のルー・ホルツ。4月行われたトライアウトでは2007年アメリカンフットボール・ワールドカップではアメリカNCAA1部AAオールスターにダブルオーバータイムの末敗れた日本代表警戒する言葉発したアシスタントコーチにもカレッジフットボール殿堂入り果たしているティム・ブラウン、クリス・ゾーリッチ、オールアメリカン選出されレジー・ブルックスマイアミ・ドルフィンズアシスタントコーチ務めたことのあるビル・ルイスらがアシスタントコーチとして加わった出場選手のうち1/4は、NFL経験者であった4月にルー・ホルツが見守る中で行われたトライアウトには80人以上のノートルダム大学出身選手参加50人に絞られたその中には1988年ノートルダム大学全米チャンピオンとなった時のQBトニー・ライス英語版)、歴代リーディングラッシャーのオートリー・デンソン(英語版)、オールアメリカン選ばれたティム・ラディー(英語版)(後にマイアミ・ドルフィンズプロボウルにも選ばれた。)も含まれた。 その後5月に5選手追加された。 日本代表率いたのは鹿島ディアーズ森清之2007年ワールドカップの代表45名のうち、25名をこの大会で選出2011年大会備えるため60名をロースター選んだメンバー中心2008年アトランタ・ファルコンズのプラクティス・スクワッドにも参加したWR木下典明NFLヨーロッパにも参戦したことのある長谷川昌泳パナソニック電工インパルスQB高田鉄男

※この「両チーム」の解説は、「ノートルダム・ジャパン・ボウル2009」の解説の一部です。
「両チーム」を含む「ノートルダム・ジャパン・ボウル2009」の記事については、「ノートルダム・ジャパン・ボウル2009」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「両チーム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「両チーム」の関連用語

両チームのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



両チームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのノートルダム・ジャパン・ボウル2009 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS