自由民主党総裁とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 自由民主党総裁の意味・解説 

自由民主党総裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/18 06:46 UTC 版)

自由民主党総裁(じゆうみんしゅとうそうさい、英語: Leader of the Liberal Democratic Party)は、日本の政党である自由民主党党首




注釈

  1. ^ 1956年4月5日までは総裁代行委員が総裁職を代行した。

出典

  1. ^ 1956年1月28日に死去後、後任に松野鶴平(旧自由党)が1956年2月10日から就任。
  2. ^ a b c 在任中に逝去、副総裁西村英一が総裁代行に就任。
  3. ^ 総裁就任後、森派を離脱。
  4. ^ 同日、特別国会で行われた首相指名選挙では、自民党は党総裁が空席のため、党両院議員総会長(当時)の若林正俊に投票した。
  5. ^ 所属派閥の清和政策研究会は、町村信孝衆議院議長就任により細田博之が後任会長に就任したため、通称が細田派となる。
  6. ^ 朝日新聞2013年11月10日『政々流転―野田聖子・自民党総務会長 体験から語る女性政策』
  7. ^ なお、安倍は内閣官房副長官内閣官房長官を経験している。
  8. ^ 大平総裁は鈴木の幹事長起用を望んだが、反主流派が鈴木は田中に近いとして反対し断念。総務会長には3度就任。
  9. ^ 第1次大平内閣組閣の際、蔵相の提示を受けたが幹事長を要求し就任せず。


「自由民主党総裁」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自由民主党総裁」の関連用語

自由民主党総裁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自由民主党総裁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自由民主党総裁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS