常任幹事会とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 常任幹事会の意味・解説 

常任幹事会

読み方:じょうにんかんじかい
別名:民主党常任幹事会

民主党党務執行に関する要事項について承認決定する機関のこと。民主党規約により規定されている。2011年2月現在、常任幹事会の主宰者岡田克也幹事長で、議長土肥隆一衆議院議員である。

常任幹事会では、民主党党員倫理規範反す行為をした場合措置、あるいは、処分下すことができる。措置内容は、『幹事長名による注意』、『常任幹事会名による厳重注意』、『党の役職一定期間内の停止または解任』、『党公認または推薦等の取り消し』、『公職辞任勧告』の5段階である。また、処分内容は、『党員資格の停止』、『離党勧告』、『除籍』の3段階であり、『除籍』が一番厳し処分となっている。

関連サイト
民主党規約 - 民主党


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「常任幹事会」の関連用語

常任幹事会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



常任幹事会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS