自公連立政権とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 自公連立政権の意味・解説 

自公連立政権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 21:23 UTC 版)

自公連立政権(じこうれんりつせいけん)は、日本政権の一つ。自由民主党(自民党)と公明党による連立政権である。




  1. ^ a b c d 山田直樹 『創価学会とは何か』(新潮社 2004年4月15日)ISBN 978-4104673018
  2. ^ 週刊ポスト2007年8月27日号、週刊新潮2010年8月30日号等
  3. ^ “衆院選2012特集”. YOMIURI ONLINE. (2012年12月17日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/?from=ygnav 2012年12月21日閲覧。 
  4. ^ 自民圧勝、与党310超…立憲民主が野党第1党讀賣新聞 2017年10月23日
  5. ^ 木下訓明 (2017年10月23日). “衆院選公明、小選挙区落とす”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171023/k00/00m/010/343000c 2017年12月20日閲覧。 
  6. ^ “国交相はなぜ「公明党」が独占しているのか 小泉政権から11年...自民が「ずぶずぶ」のポスト手放した理由”. J-CASTニュース. (2020年9月19日). https://www.j-cast.com/2020/09/19394785.html?p=all 2020年9月21日閲覧。 
  7. ^ “公明、補完勢力化進む 持論より自民に配慮 秘密保護法案”. 朝日新聞DIGITAL. (2013年12月5日). http://www.asahi.com/articles/TKY201312040615.html 2015年4月29日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ “公明・山口代表「軽減税率実行に役割」(党首に聞く)”. 朝日新聞DIGITAL. (2014年11月27日). http://www.asahi.com/articles/ASGCW6HPTGCWUTFK00R.html 2015年4月29日閲覧。 
  9. ^ “「公明は『げたの雪』ではない。『げたの鼻緒』だ」党首インタビュー(4)公明・山口代表(4/4ページ)”. 産経ニュース. (2014年12月6日). http://www.sankei.com/premium/news/141206/prm1412060020-n4.html 2015年4月29日閲覧。 
  10. ^ 集団的自衛権の一部行使解禁の協議においても、与党協議の場に現れ、「北側3原則」を提示するなどした。
  11. ^ “公明山口代表が対談本 「口を開けば、『憲法改正、日米同盟、安保法制』」と自民を指摘”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2020年9月8日). https://mainichi.jp/articles/20200908/k00/00m/010/139000c 2020年9月8日閲覧。 
  12. ^ 自公連立成立以前の1996年にも同様の対決があり平沢が山口を下していた(山口は当時新進党所属)。
  13. ^ 「自民暴走ならブレーキ役に」 公明・神崎代表朝日新聞2005年9月17日






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自公連立政権」の関連用語

自公連立政権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自公連立政権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自公連立政権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS