彼等とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 代名詞 > 代名詞(人) > 彼等の意味・解説 

あい‐ら【等】

読み方:あいら

[代]三人称人代名詞あいつら。やつら。人を卑しめていう語。

「ここな者―風情相手にして」〈浄・用明天王


あれ‐ら【等】

読み方:あれら

[代]遠称指示代名詞。あの者どもあの人ら。

「―も世の中には有るにや、無きにやあらん」〈宇津保・国譲上〉


かれ‐ら【彼等】

読み方:かれら

[代]三人称人代名詞。「かれ」の複数を表す。あの人たち。「―は兄弟だ」


彼等

作者稲垣足穂

収載図書彼等
出版社河出書房新社
刊行年月1991.3
シリーズ名河出文庫

収載図書稲垣足穂作品集
出版社新潮社
刊行年月1992.10

収載図書稲垣足穂全集 第3巻 ヴァニラとマニラ
出版社筑摩書房
刊行年月2000.12


彼等

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/03 09:26 UTC 版)

ブラフマン (漫画)」の記事における「彼等」の解説

正式な名称ではなく佳弥の家「久那巳」とその親族縁者によって呼ばれる呼称佳弥の話によると、この世文明社会誕生する以前からいた存在だが、正体不明らしい。長い年月末に目的こそ不明なものの彼等の行動とそれによる弊害対処法確立された意思疎通出来ないため佳弥を初めとした能力持つ者出てきたら追い払うといったことを繰り返しているらしい。鳴と号の戦いに対する第三勢力的な位置づけでもあるが、組織存在しないのでこの一覧にまとめる。 鳴が彼等と遭遇した際、号の放ったリープスだと思いこみサンサーラとなって戦い挑んだが、全くもって歯が立たなかった。戦闘自体圧倒していたが、Gusset Blade等の攻撃一切通じず、割って入った佳弥によって戦闘中断された。 また、号の作ったリープス一体に憑依あるいは寄生する形で融合果たし、その存在乗っ取ったことがある

※この「彼等」の解説は、「ブラフマン (漫画)」の解説の一部です。
「彼等」を含む「ブラフマン (漫画)」の記事については、「ブラフマン (漫画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「彼等」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

彼等

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 01:01 UTC 版)

和語の漢字表記

 

  1. かれら」の漢字表記。

「彼等」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「彼等」の関連用語

彼等のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



彼等の意味のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブラフマン (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの彼等 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS