にしてはとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 連語 > 連語(繋ぎ) > にしてはの意味・解説 

にして‐は

連語《「にして【二】」+係助詞「は」》…であることを考えると。…としてみれば。…では。「冬にしては暖かい一日だった」「女性にしては背の高い人」


にして は

① …においては。…にあっては

万葉(8C後)一・三五「これやこの大和四手者(ニシては)我(あが)恋ふる紀路有りと云ふ名に負ふ背の山

② …にとってみれば。

浮世草子好色一代女(1686)一「かならず生れつきて、男のよはは、女の身にしてはかなしき物ぞかし」

③ …である割には。…であることを考えると。

浮世草子好色旅日記(1687)二「色茶屋算用にしてはかるしとかたる馬奴(まこ)もあり」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「にしては」の関連用語

1
70% |||||

2
56% |||||

3
56% |||||

4
56% |||||

5
56% |||||

6
56% |||||

7
52% |||||

8
52% |||||

9
52% |||||

10
52% |||||

にしてはのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



にしてはのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS