にしてとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 連語 > 連語(繋ぎ) > にしての意味・解説 

に‐して

連語

【一】断定の助動詞「なり」の連用形接続助詞「して」》…であって。「人にして人にあらず

言出(ことで)しは誰(た)が言(こと)なるか小山田苗代水中淀(なかよど)—」〈七七六〉

【二】格助詞「に」+サ変動詞「す」の連用形接続助詞「て」》

所を表す。…において。

「家—結ひてし紐を解き放(さ)けず思ふ心誰か知らむも」〈・三九五〇〉

時を表す。…で。「彼は一歳にしてすでに字を書いていたという」

三十(みそぢ)余り—、さらにわが心と一の庵(いほり)を結ぶ」〈方丈記


に‐して

連語〕 (「して」は、サ変動詞「する」の連用形接続助詞「て」の付いたもの

1格助詞「に」に「して」の付いたもの全体格助詞的にはたらく)

① 場所または時を表わす。…において。…にあって。…で。

万葉(8C後)四・六三四「家二四手(ニシて)見れど飽かぬを草枕旅にも妻とあるがともしさ

平家13C前)一「清和天皇九歳にして文徳天皇の御禅をうけさせ給ふ

② (近代文語的な用法) …の場合でも。…でさえも。→してから

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「君にして此(この)伎倆あらんとは」

2形容動詞連用形語尾の「に」、断定の助動詞「なり」の連用形「に」に接続助詞用法の「して」の付いたもの) …で。…であって。…であって、しかも。

古事記(712)中・歌謡「ぬなは繰り 延へけく知らに 我が心しぞ いや愚(をこ)邇斯弖(ニシテ) 今ぞ悔しき」

俳諧奥の細道(1693‐94頃)旅立月日百代(はくだい)の過客にして、行かふ年も又旅人也」

[補注]上代には「にて」に比べて「にして」の例が圧倒的に多い。平安時代には、「にして」は和歌漢文訓読系のものに限られるようになったが、後に混用された。


西手

読み方
西手にして



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「にして」に関係したコラム

  • モンテカルロ法を用いたバイナリーオプションの売買手法

    モンテカルロ法は、勝率が33%、払い戻しが3倍の勝負に用いられる手法の1つです。1回目は「1、2、3」の数列を作り、両端の1と3の和の4をかけ金とします。ここで勝ったら次回も同じように「1、2、3」の...

  • 株365のヒストリカルデータの分析

    株365で取引される銘柄は、日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄です。この4銘柄について、取引開始(2010年11月、FTSE中国25証...

  • CFDで日本国内の株式を取引するには

    CFDで日本株の株式取引をするには、日本株を取り扱っているCFD業者と取引を行います。CFDでの日本株の取引は、現物株取引と比較すると、売りから取引できることや少額で売買できるなどのメリットがあります...

  • 株365のマーケットメイク方式とは

    マーケットメイク方式とは、マーケットメイカーの提示する価格の中から投資家に有利な価格を抽出して、その価格で取引を行う方式のことです。マーケットメイク方式では、マーケットメイカーが買い呼値と売り呼値の2...

  • MT4でFXやCFDの世界の取引時間を表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でFXやCFDなどのチャートを表示する場合、時間表示は欧州時間になります。しかし、FXやCFDではほぼ24時間の取引になるため、欧州時間以外にもアジア時間やニューヨ...

  • FXの戻り売りと押し目買いとは

    FX(外国為替証拠金取引)の戻り売りとは、為替レートが下降トレンドの状態にあって、一時的に上昇した時に売りポジションすることです。一方、押し目買いとは、為替レートが上昇トレンドの状態にあって、一時的に...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「にして」の関連用語

にしてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



にしてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS