女の家とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > 行事 > 女の家の意味・解説 

女の家

作者日影丈吉

収載図書長篇小説 2
出版社国書刊行会
刊行年月2003.2
シリーズ名日影丈吉全集


女の家

読み方:オンナノイエ(onnanoie)

五月五日を指す

季節

分類 宗教


端午

(女の家 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/30 19:50 UTC 版)

人日1月7日
上巳3月3日
端午5月5日
七夕7月7日
重陽9月9日


  1. ^ 『荊楚歳時記』。南朝梁の宗懍(498年-502年)によるが、隋の杜公瞻(とこうせん)による注釈本が残る。
  2. ^ 英訳では菖蒲は"sweet flag"。
  3. ^ 『続日本紀』天平十九(747)年。聖武天皇の端午節会
  4. ^ このとき屋根を葺く菖蒲やヨモギなどの薬草はいずれも厄払いの効能があるとされていたものである。
  5. ^ 『女殺油地獄』
  6. ^ 『枕草子』に「節は五月にしく月はなし。菖蒲、蓬などのかをりあひたる」等と言及されるが、特に女性の行事とはされず、また貴賤のへだたりなく行われていた[10]
  7. ^ 「菖蒲」が「尚武(武を重んじること)」に変じた。
  8. ^ 屈原と粽が結びつけた最古史料は『世説新語』(5世紀前半)とされる[16]
  9. ^ たとえば司馬遷の『史記』にも屈原が没した日までは記していない[19]
  10. ^ あるいは屈原を溺死さまいと救助するため船を出したというが、神話/俗説("myth")である[29]
  11. ^ 他、近年までの台湾の例[36]
  12. ^ ただし『太平御覧』では「蘭香」の条にこの引用があり[38]、「蘭香」は 段菊 Caryopteris incana を指すようである。
  13. ^ より古く『楚辞』九歌・雲中君篇にも「蘭湯に浴し」とあるのだが、時節の記述がないのでここでは置く[17][2]
  14. ^ 韓国の報道によれば、実際には「端午の起源が韓国」との主張は傑作宣言にも一覧表にも存在せず、韓国が「江陵端午祭」を申請した際、「もともとは中国の行事。韓国に伝わって1500年以上が経過した」等の説明をしたとしている[47]
  1. ^ 阿辻哲次「端午節にちまき食べるのは」、「遊遊漢字学」、日本経済新聞2018年5月6日最終面 (文化面)、2018年5月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e 任 1995, p. 4.
  3. ^ a b c d Chapman, Ian, ed. (2014), “28 Festival and Ritual Calendar: Selections from Record of the Year and Seasons of Jing-Chu, Early Medieval China: A Sourcebook, Wendy Swartz; Robert Ford Campany; Yang Lu: Jessey Choo (gen. edd.), Columbia University Press, p. 479, ISBN 9780231531009, https://books.google.com/books?id=AeiIl2y6vJQC&pg=PA479 
  4. ^ 吉海直人 『「端午の節句」について』2018年4月18日https://www.dwc.doshisha.ac.jp/research/faculty_column/2018-04-18-12-32 
  5. ^ a b c 八木 2019, pp. 90–91.
  6. ^ 菖蒲切り”. デジタル大辞泉. コトバンク. 2016年4月19日閲覧。
  7. ^ a b c d 福田アジオ; 神田より子; 新谷尚紀 編「端午節」『精選日本民俗辞典』、吉川弘文館、193-196頁、2006年https://books.google.com/books?id=9wcMAAAAYAAJ&q=%22五月忌%22 
  8. ^ 中山太郎オンナノイヘ」『日本民俗学辞典』、昭和書房、193-196頁、1933年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1443868/194 
  9. ^ 倉石忠彦「女の家」『日本歴史大事典 1』小学館、2000年 ISBN 978-4-095-23001-6 566頁
  10. ^ 許 2007, p. 103.
  11. ^ 許 2004, p. 39.
  12. ^ 張 2012, p. 193.
  13. ^ 許 2004, p. 42, 注1、注7。
  14. ^ a b 古今圖書集成』 巻51、《風俗通義》の引用。
  15. ^ 許 2004, pp. 39–40.
  16. ^ 林 1990, p. 119.
  17. ^ a b c d 張 2012, p. 195.
  18. ^ 許 2004, p. 42.
  19. ^ a b c d 林芬蓉 1990, pp. 118–119.
  20. ^ a b 小林 & 冨安 2009, p. 23.
  21. ^ a b 古今圖書集成』 巻51、《續齊諧記》の引用。
  22. ^ 林芬蓉 1990, p. 119の注20(p. 130)
  23. ^ 守屋 1954, p. 107.
  24. ^ Chittick 2010, p. 111: "there is no evidence that he was widely worshiped or much regarded in popular lore prior to the sixth century CE".
  25. ^ a b 林芬蓉 1990, p. 120.
  26. ^ 吉井 2015, pp. 189–190.
  27. ^ a b 吉井 2015, pp. 189–190, 192.
  28. ^ 張 2012, p. 194.
  29. ^ a b Chittick 2011, p. 1.
  30. ^ a b c 林芬蓉 1990, p. 122.
  31. ^ 林曦中 1990, p. 23; 林芬蓉 1990, p. 122、注31。いずれとも聞一多「端午考」に拠るとするが、頁の指定を欠く。
  32. ^ 凌純声「記本校二銅鼓兼論銅鼓的起源及其分布」『文史哲学報』1 (第1期)、1950年。 林曦中, p. 23に拠る
  33. ^ 林曦中 1990, p. 23.
  34. ^ Chittick 2011, pp. 1–2.
  35. ^ 林曦中 1990, p. 36、丘恒輿『中国民族采英録』、1987年、236-246頁に拠る。
  36. ^ 林芬蓉 1990, p. 113.
  37. ^ a b 張 2012, pp. 192, 195–6.
  38. ^ a b 太平御覽 (四庫全書本)』 巻983、香部三 《大戴禮》の引用。
  39. ^ 小町谷照彦フジバカマ」『日本大百科全書(ニッポニカ)』、小学館、1994年https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9E-1585969 
  40. ^ a b 任 1995, pp. 3–4.
  41. ^ 張 2012, p. 198.
  42. ^ 守屋 1954, p. 108.
  43. ^ 『太平御覧』巻九百九十九、百草部、菖蒲の条所引の『風俗通』に「菖蒲花を放つ、人得て之を食えば長年なり」と。張 2012, p. 201注16
  44. ^ 太平御覽 (四庫全書本)』 巻999、百卉部三 《風俗通》の引用。
  45. ^ 韓国旅行「コネスト」韓国の文化と生活:端午(タノ)
  46. ^ 一部報道には「この年月に無形文化遺産に登録された」としているものもあるが、これは厳密には誤りである。当時はまだ無形文化遺産保護条約が発効しておらず、江陵端午祭が無形文化遺産の代表一覧表に掲載されたのは2008年
  47. ^ 中国躍起「端午節の元祖は韓国でなくウチ」―登録申請 - サーチナニュース 2009年5月27日付
  48. ^ 변영주 (2005年6月8日). “단오제 유네스코 등록 중국 딴지” (韓国語). 국민일보(国民日報. http://news.kukinews.com/article/view.asp?page=1&gCode=kmi&arcid=0919825690&code=11131400 2010年5月6日閲覧。 
  49. ^ ベトナム風に「端午の節句」を過ごしてみない?



「女の家」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



女の家と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女の家」の関連用語

女の家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女の家のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの端午 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS