Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > CFDで日本国内の株式を取引するには

CFDで日本国内の株式を取引するには

 

CFDで日本株の株式取引をするには、日本株を取り扱っているCFD業者と取引を行います。

CFDでの日本株の取引は、現物株取引と比較すると、売りから取引できることや少額で売買できるなどのメリットがあります。

また、CFDでの日本株の取引は、欧米株の取引きと比較すると、取引通貨が日本円のため、外国為替レートによる損益は発生しないというメリットがあります。

日本株を扱っているCFD業者は、ひまわり証券CMC Markets JapanGCIフィナンシャルIGマーケッツ証券GMOクリック証券の5業者です。

各CFD業者で取り扱っている日本株の銘柄数は次の通りです。取引可能銘柄は、基本的に日経平均株価(日経225)の採用銘柄が中心になっています。

CFD業者銘柄数
ひまわり証券241
CMC Markets Japan243
GCIフィナンシャル12
IGマーケッツ証券118
GMOクリック証券33

日本株の取引単位や呼値はCFD業者により異なります。例えば、GMOクリック証券では取引単位は10倍で呼値は0.1円です。

下の図は、GMOクリック証券での注文画面です。スプレッドは5.2円になっています。


取引単位は、いわゆる単元に似たものです。取引単位が10倍に設定されている場合、取引数量1は10株の注文と同じことになります。取引数量10ならば100株の注文になります。

必要証拠金は、次の計算式で求めることができます。

必要証拠金=価格×取引単位×取引数量÷5(レバレッジ)

上の図では、必要証拠金は5351円になります。

必要証拠金=2675.6×10×1÷5≒5351円

なお、2676.6円で決済した場合の損益は10円になります。

損益=(2676.6-2675.6)×10=10円

下の図は、GCIフィナンシャルでの注文画面です。スプレッドは5円になっています。


GCIフィナンシャルでは取引ツールにMT4(Meta Trader 4)を使用しているので、EA(Expert Advisor)を使った自動売買ができます。
(2012年07月25日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2019 Weblio RSS