Μ'sとは?

マイクロ‐セック【μsec/μs】


μ's

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/18 14:18 UTC 版)

μ's』(ミューズ)は、メディアミックス作品群『ラブライブ!』に登場する架空の9人組女性スクールアイドルグループ、およびそのキャラクターの声を演じる声優達による実在の9人組女性声優ユニットの名称である。声優ユニットの所属レーベルランティス




注釈

  1. ^ これは『電撃G's magazine』での誌上展開が開始された日を指す。CDデビューは同年8月13日となる。
  2. ^ 2016年3月31日、4月1日に、「μ's FinalLoveLive!」(東京ドーム)を開催したが、解散・活動休止の趣旨の発表は公式としては正式にはしていない。また、解散については、徳井青空(紅白歌合戦出場時の前々日会見)、内田彩(2016年9月の自身の雑誌インタビュー)がそれぞれ、明確に否定する趣旨の発言をしている。
  3. ^ PVやテレビアニメ版、劇場版のエンドクレジットにも名を連ねている。また、御児勇馬はPrintempsのユニット名考案者でもある。
  4. ^ ただし、これはコミックマーケット先行販売限定版の発売日であり、一般版は同年8月25日に発売された。
  5. ^ μ'sというグループ名が決まる前であったため、「ラブライブ!School idol project」名義でのリリース。
  6. ^ 一部のマスコミはこのライブが事実上の解散公演であると報じたが、第66回NHK紅白歌合戦リハーサル後の会見で解散を否定している[11]
  7. ^ 南條愛乃は膝の不調の状態を考慮して、一部の曲には参加しないなどの膝への負担軽減措置を取りながら、ライブには予定通り参加した[12]
  8. ^ a b c d e f g h i j k 南條は膝の不調(先天性の膝蓋骨亜脱臼および半月板損傷)により不参加。
  9. ^ a b 南條は膝の不調(先天性の膝蓋骨亜脱臼および半月板損傷)により出場を辞退[17]
  10. ^ a b ただし歌唱前の新作短編アニメーション「ラブライブ!紅白スペシャルアニメ」には、南條も絢瀬絵里役の声で出演した。
  11. ^ それ以外にも正規選出としての出場ではないが、2013年の第64回NHK紅白歌合戦水瀬いのりが、自身が出演していたNHKの連続テレビ小説あまちゃん』の特別企画コーナーでGMTスペシャルユニット feat. アメ横女学園の一員として出場したことがある。
  12. ^ テレビアニメ『ラブライブ! サンシャイン!!』では、Aqoursがメンバーの点呼の際に小原鞠莉(鈴木愛奈)が「9」と叫んだ後に、応援に来ていた浦の星女学院の生徒達が「10」と応えるシーンが存在し、Aqoursの現実のライブでも観客が「10」と叫ぶ慣習が受け継がれている。
  13. ^ 2011年1月末の改名以前は「久保由利香」名義。「愛はここに 神はあなたの中に」|久保由利香のオフィシャルブログ「ならづけ」Powered by Ameba”. 2011年2月9日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ 現実のライブでは、穂乃果(新田恵海)の「μ's(ミューズ)」の掛け声の後に観客と共に「ミュージックスタート!」と叫ぶのが恒例となっている。
  15. ^ グループ名募集の箱に1枚だけ入っていた紙に書かれていた。東條希によるもの。
  16. ^ 自発的に来た花陽、裏方で最初からいたヒデコ・フミコ・ミカ以外では、花陽を追って来た凛、講堂の外にいた希と真姫、照明や音響のブースにいた絵里、客席に隠れていたにこの5人だった。
  17. ^ 劇中では具体的な地名は出されていないが、自由の女神タイムズスクエアなどと見られる風景が登場することから、アメリカ合衆国ニューヨークであることが容易に推測できる。
  18. ^ 曲が始まるタイミングは、海外に滞在中、降雨のため外出できずメンバーがホテルの軒下でガッカリしている中、凛が雨の降る外に飛び出した瞬間。
  19. ^ 曲が始まるタイミングは、日本に帰国したμ'sが一躍有名人になった際、3年生メンバーが赤縁のサングラスにマスクの変装スタイルで秋葉原の街を脱出しようとした瞬間。
  20. ^ 曲が始まるタイミングは、秋葉原の街を封鎖して行うライブに参加してもらうため、穂乃果が他のスクールアイドルに呼びかけようと学院の外に出た瞬間。
  21. ^ μ'sが優勝した第2回「ラブライブ!」のことではない。
  22. ^ 高海千歌はこれを見たのがきっかけでμ'sの曲を全部聴き毎日動画を見て歌を覚えて、「ユメノトビラ」を聴いてスクールアイドルやりたいってμ'sみたいになりたいって本気で思い、μ'sが目指した所を自分も目指すためにスクールアイドルになることを決意している。
  23. ^ アイドル研究部の部室もこの時は空き室になっていた。
  24. ^ 神田須田町に実在する老舗和菓子店「竹むら」がモデル。
  25. ^ 早とちりして別の高校への編入試験を考えてしまうが、実際は在籍している生徒全員の卒業をもって廃校になる流れで、即刻廃校ではない。
  26. ^ 「夢なき夢は夢じゃない」でも最初に言っている。
  27. ^ μ's NEXT LoveLive Endless Paradeのパンフレットにて、「エリチカ頑張ります」とコメント。その他スクールアイドルフェスティバルのストーリーでも自分をエリチカと呼ぶシーンがある。
  28. ^ 第1期のμ's加入前こそスクールアイドルを素人と思っていたが、μ'sに加入後、テレビアニメ第2期でA-RISEのパフォーマンスを直に見た際には、その凄さに絵里自身も圧倒された。
  29. ^ ステージに出る前の点呼では「9」となっている。
  30. ^ 絵里のこの言葉は、海未やことりとのわだかまりを抱えていた穂乃果に、和解のための行動を起こすきっかけを与えている。
  31. ^ 秋葉原に実際にある「キュアメイドカフェ」がモデルとなっており、彼女の誕生日である9月12日にちなみ、2015年9月11日から27日まで「ミナリンスキーバースデーカフェ」が開催された。
  32. ^ アニメ公式HPのあらすじ及び2013年6月に開催された「ラブライブ! μ's 3rd Anniversary LoveLive!」では5人目となっており、ステージに出る前の点呼でも「5」となっている。
  33. ^ 例外として、制服のスカートは規則、ステージ衣装のスカートはメンバーが着ているからとの理由で穿いている。
  34. ^ 関連書籍では「17年」となっているものもある。『電撃G's magazine』2010年8月号。
  35. ^ アニメ公式HPのあらすじ及び2013年6月に開催された「ラブライブ! μ's 3rd Anniversary LoveLive!」では6人目となっているが、ステージに出る前の点呼では「4」となっている。
  36. ^ 「僕らのLIVE 君とのLIFE」ボイスドラマパートでは「高校2年生」と述べていた。ラブライブ! 「はじめまして-東條希-」『僕らのLIVE 君とのLIFE』、2010年
  37. ^ ステージに出る前の点呼では「8」となっている。
  38. ^ この場合、9人が紡いだ言葉で曲を作ることであり、それを知る絵里が他の7人のメンバーにラブソングを作ろうと提案するが、少々強引だったためうまく行かず、逆に真姫が不信感を持つことになる。
  39. ^ 2015年5月10日に放送された『のぞえりRadioGarden』(第71回)において明かされた京極尚彦による公式の裏設定。希役の楠田は同番組で、このために英会話学校に行ったことを明かしている。
  40. ^ 現実のライブでは、このセリフの後に観客が「ちょっと待っててー」と返すのがお約束となっている。
  41. ^ 他のメンバーは付き添い、講堂の外やブースや客席に隠れて見ていたりしていて、自発的に見に来たのは花陽だけだった。
  42. ^ ステージに出る前の点呼では「6」となっている。
  43. ^ μ'sのライブでも用いられたチビキャラアイコンによるもの。
  44. ^ μ'sとAqoursのキャラクターが一人づつ交互に声を掛け合っている。
  45. ^ ただし南條もビデオメッセージでは出演していた。
  46. ^ 同年12月29日に「紅白直前Ver.」として11月26日の紅白歌合戦司会者・出場歌手発表記者会見時の様子を追加・再編集し放送。
  47. ^ ただし南條もインタビュー映像では出演していた。
  48. ^ ナレーションは理事長役の日高のり子が担当。
  49. ^ そのため、BiBiは代役として飯田里穂または楠田亜衣奈を加えた特別編成となった。
  50. ^ 日本全国51か所の劇場で衛星生中継によるライブビューイング上映も実施。
  51. ^ 約1万7000人を収容できるエンド2モードで開催。また、日本全国53か所の劇場に加え、海外7か所(シンガポール 1会場 / 香港 2会場 / 台湾 1会場 / 韓国 3会場)でもライブビューイング上映が追加された。
  52. ^ 約3万人を収容できるスタジアムモードで開催。また、日本全国47都道府県117か所の劇場に加え、海外6か国(シンガポール、香港、台湾、韓国、タイインドネシア)でもライブビューイング上映が実施された。
  53. ^ 膝の不調により南條愛乃は一部の曲には不参加[112]
  54. ^ 日本全国215か所、韓国8か所、台湾10か所、香港3か所、シンガポール・タイ・インドネシア各1か所の劇場で衛星生中継・ディレイ中継によるライブビューイング上映を実施。
  55. ^ このライブが開催された影響と、静岡県からプロ野球の開催要望があった理由により、当初東京ドームで4月1日に開催される予定だった北海道日本ハムファイターズ福岡ソフトバンクホークスの試合会場が静岡県草薙総合運動場硬式野球場に変更された[113]
  56. ^ 日本全国100か所、韓国8か所、香港2か所の劇場で衛星生中継によるライブビューイング上映も実施。
  57. ^ 日本全国43か所の劇場で衛星生中継によるライブビューイング上映も実施。
  58. ^ 南條・内田・三森は7月20日のみ出演。
  59. ^ 当初はPileも出演予定だったが、インフルエンザのため不参加。
  60. ^ ただし、オープニングコラボレーションの際に一度だけ登壇し挨拶は行った。メインの出番の際やエンディングでは登壇なし。

出典

  1. ^ μ's(ラブライブ!)”. ランティス. 2015年5月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e μ’s「No brand girls/START:DASH!!」 実在とリンクする精力的なイベント活動で人気を伸ばす オリコン 2013年4月14日、2015年5月7日閲覧。
  3. ^ 僕らのLIVE 君とのLIFE”. ORICON STYLE. オリコン. 2015年10月13日閲覧。
  4. ^ 「ラブライブ!」μ’sがシングル10作連続TOP5入りを達成 listenmusic 2015年4月28日、同5月7日閲覧。
  5. ^ 【オリコン】『ラブライブ!』μ’s、ベスト盤が首位 アニメキャラ史上2組目 | ORICON STYLE(2015年6月2日、同日閲覧)
  6. ^ オリコン月間 CDアルバムランキング 2015年05月度 | ORICON STYLE
  7. ^ 【オリコン】『ラブライブ!』μ’s、ライブBD初1位”. ORICON STYLE. オリコン (2015年10月7日). 2015年10月14日閲覧。
  8. ^ a b c トランジスタ (2015年2月7日). “ラブライブ!「μ’s Go→Go! LoveLive! 2015~Dream Sensation!~」でTVアニメ2期の名シーンを完全再現!”. マイナビニュース. マイナビ. 2015年10月11日閲覧。
  9. ^ 若者たちを席巻!"ラブライブ!"”. ニュース シブ5時. 日本放送協会 (2015年10月9日). 2015年10月11日閲覧。
  10. ^ μ’s:来春、東京ドームで“ファイナルライブ””. まんたんウェブ. 毎日新聞デジタル (2015年12月5日). 2015年12月6日閲覧。
  11. ^ 【紅白リハ】μ’s、”解散”を否定 来春のファイナルライブは「集大成」”. ORICON STYLE. オリコン (2015年12月29日). 2016年1月6日閲覧。
  12. ^ a b μ’s:東京ドームで“ファイナルライブ” 「私たちはずっとμ’s」 今後の活動は語らず”. まんたんWEB. 毎日新聞社 (2016年4月1日). 2016年4月1日閲覧。
  13. ^ 【声優アワード】[歌唱賞]「ラブライブ!」μ'sメンバー万感コメント!アニメ界代表するヒットメーカー News Lounge 2015年3月8日、同5月7日閲覧。
  14. ^ 薬用せっけんミューズが μ's に贈ったプレゼントが斬新すぎると話題に ガジェット通信 2015年3月21日、同5月7日閲覧。
  15. ^ ミュージックステーション 出演者ラインナップ ミュージックステーション 2015年11月27日
  16. ^ [1]2016年10月22日閲覧。
  17. ^ 【紅白】「μ’s」南條愛乃、出場辞退「晴れ舞台に相応しい実演が困難」”. ORICON STYLE. オリコン (2015年12月28日). 2016年1月1日閲覧。
  18. ^ a b 【紅白】μ’s、2次元と3次元を融合させたステージで魅了”. ORICON STYLE. オリコン (2015年12月31日). 2016年1月1日閲覧。
  19. ^ 声優9人組のμ’s初出場!新田恵海「ガクガクブルブル」/紅白”. SANSPO.COM. 産経新聞社 (2015年11月27日). 2015年11月28日閲覧。
  20. ^ 【紅白】初出場『ラブライブ!』声優9人組μ’s「がくがくぶるぶる」”. ORICON STYLE. オリコン (2015年11月27日). 2015年11月28日閲覧。
  21. ^ 馳文科相「ラブライバー大臣」宣言!! デイリースポーツ 2016年4月2日、同4日閲覧。
  22. ^ 「ラブライブ!μ's Final LoveLive!」6年の活動の集大成となった「μ's」東京ドーム公演2日めをレポート”. 4Gamer.net. 2016年10月25日閲覧。
  23. ^ そしてμ’s は伝説になった……。将棋棋士九段・高橋道雄の「ラブライブ!μ's Final LoveLive! ~μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~」ライブレポート”. アニメイトタイムズ. 2016年10月25日閲覧。
  24. ^ 『声優パラダイスR』vol.14、4頁~5頁(内田彩のインタビューページ)。
  25. ^ 【オリコン】『ラブライブ!』μ’s東京ドーム公演BDが総合1位 女性歌手歴代4位”. ORICON NEWS. オリコン (2016年10月5日). 2017年2月27日閲覧。
  26. ^ アニソンベスト100!結果発表 - ニッポンアニメ100”. NHK. 2017年2月27日閲覧。
  27. ^ ほぼほぼ合ってますが、若干違ってました。... ランティスキサラ(担当音楽プロデューサー)のTwitterより。2011年6月16日、2015年5月8日閲覧。
  28. ^ アニメ公式HPのあらすじ及び2013年6月に開催された「ラブライブ! μ's 3rd Anniversary LoveLive!」より。
  29. ^ 『電撃G's magazine』2014年4月号、p.42
  30. ^ 『電撃G's magazine』2011年1月号、2010年11月30日
  31. ^ a b c d e f 「電撃アニ☆ホビ」、『電撃ホビーマガジン』2011年2月号、2010年12月25日
  32. ^ 『電撃G's magazine』2010年11月号、2010年9月30日
  33. ^ 矢澤にこ1人だけで活動していた。
  34. ^ 『cut』2015年8月号、15頁(新田恵海のμ'sとしてのインタビューページ)。
  35. ^ ラブライブ! 「はじめまして-絢瀬絵里-」『僕らのLIVE 君とのLIFE』、2010年
  36. ^ 『cut』2015年8月号、17頁(南條愛乃のμ'sとしてのインタビューページ)。
  37. ^ 『cut』2015年8月号、17頁(南條愛乃のμ'sとしてのインタビューページ)。
  38. ^ ラブライブ! 「はじめまして-南ことり-」『僕らのLIVE 君とのLIFE』、2010年
  39. ^ [2]2015年9月30日閲覧。
  40. ^ 『電撃G's magazine』2010年12月号。
  41. ^ ラブライブ! 「登場人物紹介」『「僕らのLIVE 君とのLIFE」ブックレット』、2010年
  42. ^ 『電撃G's magazine』2012年6月号。
  43. ^ 『電撃G's magazine』2012年8月号、2012年
  44. ^ インターネットストリーミング番組『とりあえず生中(三杯目)』2010年9月30日配信回。[リンク切れ]
  45. ^ Twitter / LoveLive_staff: 「協力・神田明神」以前から秋葉原×ラブライブ!でキャン ...”. 2013年1月22日閲覧。
  46. ^ ラブライブ! 「はじめまして-小泉花陽-」『僕らのLIVE 君とのLIFE』、2010年
  47. ^ 【公式】ラブライブ!スクフェス事務局 - 2017年9月22日 12:05のツイート
  48. ^ ぷちぐるラブライブ!Official Web Site
  49. ^ スクスタ新映像公開!!
  50. ^ 「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」スペシャルボイスPV(2017年9月29日公開分)
  51. ^ 「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」スペシャルボイスPV vol.2(2017年9月30日公開分)
  52. ^ ラブライブ!サンシャイン!! Official Web Site | ニュース
  53. ^ ラブライブ! Official Web Site | ニュース
  54. ^ 『電撃G's magazine』2011年8月号。
  55. ^ 『電撃G's magazine』2013年7月号。
  56. ^ a b c d 『ラブライブ! ファーストファンブック』アスキー・メディアワークス
  57. ^ 『電撃G's magazine』2012年5月号。
  58. ^ a b 『電撃G's magazine』2013年4月号。
  59. ^ 『電撃G's magazine』2013年1月号。
  60. ^ a b c ラブライブ!プライズキャンペーン”. 2013年7月22日閲覧。
  61. ^ 『電撃G's magazine』2013年8月号、p.49
  62. ^ 『電撃G's magazine』2013年10月号、p.148
  63. ^ 『電撃G's magazine』2013年11月号、p.52
  64. ^ 『電撃G's magazine』2014年1月号、p.72
  65. ^ 電撃 - 【結果発表! 美少女ゲームアプリ横断総選挙】1次選挙で“ベスト48”メンバー入りしたヒロインははたして!? - 電撃オンライン、2013年12月27日、2014年6月12日閲覧。
  66. ^ 電撃 -【美少女ゲームアプリ横断総選挙】“神ヒロイン12を決めろ!”最終結果を発表! ゲームアプリの中でもっとも人気あるキャラクターは……!! - 電撃オンライン、2014年1月31日、2014年6月12日閲覧。
  67. ^ ラブライブ! ローソンイメージガール決定戦 - ローソン、2014年4月5日閲覧。
  68. ^ 風薫る『ピクニックガール』投票結果発表” (2014年5月26日). 2014年5月26日閲覧。
  69. ^ ラブライブ! ウエハース ティータイムガール投票結果発表 - バンダイ、2014年8月29日閲覧。
  70. ^ セガスタッフイメージガール決定戦最終結果発表 - セガ、2014年9月30日閲覧。
  71. ^ 投票結果発表ページ(2015年5月18日時点のアーカイブ) - Amazon.co.jp、2015年5月18日閲覧。
  72. ^ スクフェス5thアニバーサリーキャンペーンガール27人総選挙_結果発表!!”. 2017年12月11日閲覧。
  73. ^ CDリリース情報”. 2011年9月16日閲覧。
  74. ^ ““ラブライブ!”新情報を一挙4本解禁!”. サンライズ. (2011年5月18日). http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news_e.php?id=3836 2012年12月1日閲覧。 
  75. ^ LoveLive_staffのツイート (437829277682507776)
  76. ^ “ニコニコ生放送、第2回の放送日が6月27日に決定!”. サンライズ. (2011年6月20日). http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news_e.php?id=3915 2012年12月1日閲覧。 
  77. ^ “ラブライブ!の新情報をまとめて3本お届けします!”. サンライズ. (2011年7月19日). http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news_e.php?id=4007 2012年12月1日閲覧。 
  78. ^ “「ニコニコ生放送」第4回、本日21時より放送スタート!”. サンライズ. (2011年8月29日). http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news_e.php?id=4145 2012年12月1日閲覧。 
  79. ^ “「ニコニコ生放送」第6回、本日21時より放送スタート!”. サンライズ. (2011年11月30日). http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news_e.php?id=4536 2012年12月1日閲覧。 
  80. ^ “ニコニコ生放送、次回の放送日が6月22日に決定!”. サンライズ. (2012年6月16日). http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news_e.php?id=5286 2012年12月1日閲覧。 
  81. ^ a b ニュース|ラブライブ! Official Web Site|Daily Archives: 2012年11月21日”. 2012年11月25日閲覧。
  82. ^ ニュース|ラブライブ! Official Web Site|Daily Archives: 2013年1月13日”. 2013年1月26日閲覧。
  83. ^ a b c ニュース|ラブライブ! Official Web Site|Daily Archives: 2013年2月10日”. 2013年5月12日閲覧。
  84. ^ ニュース|ラブライブ! Official Web Site|Daily Archives: 2013年3月10日”. 2013年5月12日閲覧。
  85. ^ ニュース|ラブライブ! Official Web Site|Daily Archives: 2013年3月10日”. 2013年5月19日閲覧。
  86. ^ ニュース|ラブライブ! Official Web Site|Daily Archives: 2013年11月24日”. 2013年11月30日閲覧。
  87. ^ “9月3日「公開打ち上げパーティ」の模様をニコニコ生放送で配信!”. サンライズ. (2012年8月31日). http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news_e.php?id=4153 2013年5月12日閲覧。 
  88. ^ “ニコ生課外活動 特別番組が配信決定!”. サンライズ. (2012年9月7日). http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news_e.php?id=5677 2012年12月1日閲覧。 
  89. ^ ニュース|ラブライブ! Official Web Site|Daily Archives: 2013年2月17日”. 2013年5月12日閲覧。
  90. ^ a b ニコニコ生放送にて「ラブライブ!」新レギュラー番組放送決定!|Daily Archives: 2014年4月6日”. 2014年4月6日閲覧。
  91. ^ ニュース|ラブライブ! Official Web Site|Daily Archives: 2014年5月11日”. 2014年5月17日閲覧。
  92. ^ 「ニコ生ラブライブ!アワー えみつんファイトクラブ」第3回番組ページのご案内|Daily Archives: 2014年6月8日”. 2014年6月25日閲覧。
  93. ^ 「ニコ生ラブライブ!アワー えみつんファイトクラブ」第4回番組ページのご案内|Daily Archives: 2014年7月18日”. 2014年7月20日閲覧。
  94. ^ ニコ生第5回記念壁紙配布のお知らせ|Daily Archives: 2014年8月22日”. 2014年9月2日閲覧。
  95. ^ 「ニコ生ラブライブ!アワー えみつんファイトクラブ」第6回番組ページのご案内”. 2014年9月22日閲覧。
  96. ^ ニコ生第6回記念壁紙配布のお知らせ”. 2014年9月22日閲覧。
  97. ^ ニコ生第7回記念壁紙配布のお知らせ”. 2014年10月30日閲覧。
  98. ^ ラブライブ! ニコ生新番組スタート!”. 2015年2月23日閲覧。
  99. ^ 響 -HiBiKi Radio Station-|番組紹介:ラブライブ! μ's広報部 〜にこりんぱな〜”. 2013年6月17日閲覧。
  100. ^ 『電撃G's magazine』2014年2月号、p.179
  101. ^ ニュース|ラブライブ! Official Web Site|Daily Archives: 2012年10月30日”. 2012年9月16日閲覧。
  102. ^ 週末「MJ」にカエラ、三代目、9mm、μ'sら ナタリー 2014年10月14日、2015年5月7日閲覧。
  103. ^ NHK「Rの法則」にμ'sが登場!生ライブを披露! Walkerplus 2015年2月13日、同5月7日閲覧。
  104. ^ イチオシ!モーニング イマ☆コレ!「「ラブライブ!」人気の秘密に迫る!」”. 2015年8月17日閲覧。
  105. ^ "ラブライブ!"徹底取材(10/9(金)シブ5時芸能部) ニュース シブ5時 2015年10月7日
  106. ^ 10月11日(日曜)夜23:00からのMJ SPECIALは... μ's”. MJ BLOG. 日本放送協会 (2015年10月8日). 2015年10月13日閲覧。
  107. ^ NHK「Rの法則」で「ラブライブ!」特集決定 スペシャルライブの観覧希望者を募集してるぞー!”. ねとらぼ - ITmedia (2015年9月25日). 2016年1月6日閲覧。
  108. ^ ジャスティン・ビーバー『Mステ』出演に上機嫌、AKB・関ジャニ∞とのトーク展開 クランクイン!! 2015年12月4日、2016年3月18日閲覧。
  109. ^ 今夜26日11時10分「ザッツ!紅白宣伝部」は30分の拡大スペシャル!...”. NHK紅白歌合戦. nhk_kouhaku (2015年12月26日). 2016年1月6日閲覧。
  110. ^ 明日は!μ’sのみなさんの「東京ドームファイナルライブ」の模様をインタビューなどなど交えながら独占でお届け予定だよ!...”. めざましテレビ. cx_mezamashi (2016年4月4日). 2016年4月5日閲覧。
  111. ^ 『ラブライブ!』μ’s全曲一挙振り返り放送 ファイナルライブ前に予習だ! KAI-YOU 2016年3月17日、同18日閲覧。
  112. ^ 絢瀬絵里役・南條愛乃の東京ドーム公演への出演について ラブライブ!公式サイト 2016年3月29日、同30日閲覧。
  113. ^ パ・リーグ試合日程 変更のお知らせ - 日本野球機構オフィシャルサイト、2015年11月16日、2016年8月16日閲覧。
  114. ^ 暫定ユニット名は「KARIP」
  115. ^ 新年アニソン始め!「リスアニ!LIVE」今年も大成功 ナタリー 2014年2月9日、2015年5月8日閲覧。
  116. ^ 「ラブライブ!」アニメパークステージに虹!μ’sが“メンバー交換”で盛り上げ News Lounge 2014年9月30日、同5月7日閲覧。
  117. ^ a b μ’sが日本ゴールドディスク大賞特別賞、アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーをW受賞,アニメ!アニメ!,2016年2月27日
  118. ^ 第30回日本ゴールドディスク大賞・受賞作品/アーティスト
  119. ^ ラブライブ!:日本ゴールドディスク大賞で特別賞 「本当に信じられない」,毎日新聞デジタル,2016年2月27日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Μ's」の関連用語

Μ'sのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Μ'sのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのμ's (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS