ミューズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > ミューズの意味・解説 

ミューズ【Muse】

読み方:みゅーず

ギリシャ神話で、文芸・学術・音楽舞踏などをつかさどる女神ムーサ英語名

「ミューズ」に似た言葉

ミューズ

ムーサ

ミューズ

作者イワン・アレクセーエヴィチ・ブーニン

収載図書暗い並木道イワン・ブーニン短編集
出版社国際言語文化振興財団
刊行年月1998.1


ミューズ

作者高野史緒

収載図書夏のグランドホテル異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2003.6
シリーズ名光文社文庫


ミューズ

名前 MeeusMuseMeuweseMews

ムーサ

(ミューズ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/28 05:47 UTC 版)

ムーサ古希: Μοῦσα, Mousa、: Musa)またはムサは、ギリシア神話文芸μουσικη; ムーシケー、ムシケ)を司る女神たちである。複数形はムーサイ古希: Μοῦσαι, Mousai、: Musae)。英語フランス語ミューズ (英語・フランス語単数形: Muse、フランス語複数形 Muses) やミューゼス (英語複数形: Muses) としても知られる。




「ムーサ」の続きの解説一覧

ミューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 10:20 UTC 版)

魔物語 愛しのベティ」の記事における「ミューズ」解説

魔女殺し」の異名を持つ美貌女神初登場時自らが母性の守護者ありながら処女神という矛盾葛藤し、酩酊し勢いで胆平を誘惑割って入ったベティ異名通りの力で圧倒老婆のような姿にするが、胆平が変わらずベティ愛する姿を見て真の夫婦愛」を感じ立ち去るその後ベティ家出した際に登場するが、迷い捨て強化励んだため、筋骨隆々とした体格となっており、ベティ畏怖させた。

※この「ミューズ」の解説は、「魔物語 愛しのベティ」の解説の一部です。
「ミューズ」を含む「魔物語 愛しのベティ」の記事については、「魔物語 愛しのベティ」の概要を参照ください。


ミューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/13 14:52 UTC 版)

エルミナージュII 〜双生の女神と運命の大地〜」の記事における「ミューズ」解説

波止場寝ている少女ワービーストベネエフ獲った横取りするが日課。

※この「ミューズ」の解説は、「エルミナージュII 〜双生の女神と運命の大地〜」の解説の一部です。
「ミューズ」を含む「エルミナージュII 〜双生の女神と運命の大地〜」の記事については、「エルミナージュII 〜双生の女神と運命の大地〜」の概要を参照ください。


ミューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 23:41 UTC 版)

サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」の記事における「ミューズ」解説

下級女神たち総称追加イベントとして各地に登場し一度知り合うと、戦闘勝利時に戦闘内容に応じてミューズポイントを与えてくれるほか、ミューズの園においてアイテムプレゼントをすることで同様にポイント獲得可能。獲得したポイントと同じ値だけ評価値増え一定以上に評価値高めると戦闘支援得られるうになる

※この「ミューズ」の解説は、「サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」の解説の一部です。
「ミューズ」を含む「サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」の記事については、「サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY」の概要を参照ください。


ミューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 09:15 UTC 版)

BLOOD+ ONE NIGHT KISS」の記事における「ミューズ」解説

長沼改変したデルタ67女性投与することで生み出したディーヴァ酷似し存在

※この「ミューズ」の解説は、「BLOOD+ ONE NIGHT KISS」の解説の一部です。
「ミューズ」を含む「BLOOD+ ONE NIGHT KISS」の記事については、「BLOOD+ ONE NIGHT KISS」の概要を参照ください。


ミューズ(クレリック/マジシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 04:33 UTC 版)

ローズオンライン」の記事における「ミューズ(クレリック/マジシャン)」の解説

支援魔法などを得意とするクラス

※この「ミューズ(クレリック/マジシャン)」の解説は、「ローズオンライン」の解説の一部です。
「ミューズ(クレリック/マジシャン)」を含む「ローズオンライン」の記事については、「ローズオンライン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ミューズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ミューズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ミューズと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミューズ」の関連用語

ミューズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミューズのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムーサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの魔物語 愛しのベティ (改訂履歴)、エルミナージュII 〜双生の女神と運命の大地〜 (改訂履歴)、サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY (改訂履歴)、BLOOD+ ONE NIGHT KISS (改訂履歴)、ローズオンライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS