museumとは? わかりやすく解説

ミュージアム【museum】

読み方:みゅーじあむ

博物館また、美術館

「ミュージアム」に似た言葉

博物館 美術館 Museum

博物館 (画像をクリックする拡大します)  

.museum

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 18:59 UTC 版)

.museumスポンサー付きトップレベルドメイン(sTLD)の一つで、国際博物館会議 (ICOM)が定めたように博物館や、博物館の運営団体、博物館の職員個人のために使われるドメイン名である。J. Paul Getty Trustの連携によって、ICANNに新しいTLD設立を申請し、また新設が認可された場合のドメイン運営のために、ICOMはMuseum Domain Management Association (MuseDoma)を設立し、Cary Karpをトップに置いた。.museumドメインは2001年10月20日、初のスポンサードトップレベルドメインとしてDNSルートサーバに登録された。






「.museum」の続きの解説一覧

博物館

(museum から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/12 02:03 UTC 版)

博物館(はくぶつかん)とは、特定の分野において価値のある対象、すなわち学術資料美術品等を購入や寄託寄贈などの手段で収集、保存し、それらについて専属の職員である学芸員: Curaterキュレーター)が研究すると同時に、来訪者に展示の形で開示している施設である[1]自然史歴史民族民俗美術芸術科学技術交通鉄道自動車海事航空)、軍事平和などのうち、ある分野を中心に収蔵・展示している博物館が多い。絵画彫刻などを重点を置く施設は美術館を称するなど、博物館以外の名称を冠することも多い。日本語では英語(英: museum英語発音: [mjuːˈziːəm])からの外来語ミュージアムと呼ぶこともある。


  1. ^ 佐々木亨、亀井修、竹内有理『新訂 博物館経営・情報論』放送大学教育振興会、2009年、202頁。ISBN 978-4-595-30826-0 
  2. ^ 文化財を守る―保存と修理―東京国立博物館ホームページ(2024年2月12日閲覧)
  3. ^ 山浦綾香:[海外交通事情]観光資源としてのミュージアム『運輸と経済』第68巻 第3巻(2008年3月)pp.69-77
  4. ^ 新しい博物館定義、日本語訳が決定しました”. ICOM日本委員会. 2023年2月1日閲覧。
  5. ^ 佐々木亨、亀井修、竹内有理『新訂 博物館経営・情報論』放送大学教育振興会、2009年、203頁。ISBN 978-4-595-30826-0 
  6. ^ a b c d e 家永真幸『国宝の政治史』東京大学出版会、2017年。ISBN 978-4-13-026156-2 29-33頁。
  7. ^ 鈴木眞理ほか『博物館学シリーズ1 博物館概論』樹村房、2001年、23頁。ISBN 4-88367-030-9 
  8. ^ 鈴木眞理ほか『博物館学シリーズ1 博物館概論』樹村房、2001年、25頁。ISBN 4-88367-030-9 
  9. ^ 日本経済新聞』朝刊2015年1月3日「インドの仏 仏教美術の源流展」告知記事
  10. ^ 鈴木眞理ほか『博物館学シリーズ1 博物館概論』樹村房、2001年、35頁。ISBN 4-88367-030-9 
  11. ^ 『東京国立博物館百年史』東京国立博物館、1978年、10頁。ASIN B000J9CO8I。"資料編548頁"。 
  12. ^ 上野益三『日本博物学史』(講談社学術文庫、1989年。ISBN 978-4061588592)193頁
  13. ^ 後藤純郎「博物局書籍館長、町田久成 : その宗教観を中心として」(『教育学雑誌』第10号、日本大学教育学会、1976年3月、NAID 110009901386
  14. ^ 「館の歴史 湯島聖堂博覧会」東京国立博物館ホームページ
  15. ^ 『学制百二十年史』「草創期の社会教育」文部科学省サイトホームページ
  16. ^ 科博の概要と沿革(国立科学博物館サイト)
  17. ^ 竹内誠監修『知識ゼロからの博物館入門』(幻冬舎、2010年)196ページ
  18. ^ 博物館の概要”. 文化庁. 2023年8月14日閲覧。
  19. ^ 【風紋】苦境の地方博物館 宝の資料どう守る『日本経済新聞』朝刊2019年7月15日(26面・社会)2019年7月28日閲覧
  20. ^ 博物館 満杯「収蔵庫9割超」57%施設で スペース広げる予算なく読売新聞』夕刊2024年1月11日8面(2024年2月12日閲覧)
  21. ^ 日本博物館協会ホームページ内「大規模災害への対応について」(2024年2月12日閲覧)
  22. ^ VI 博物館についての国際的規程、条約等” (PDF). 国立教育政策研究所. 2021年1月12日閲覧。
  23. ^ 武力紛争の際の文化財の保護に関する条約”. 同志社大学 www1.doshisha.ac.jp. 2022年6月16日閲覧。
  24. ^ 創, 樽 (2000). “博物館における「さわれる展示」—壊される標本たちの現状—”. 哺乳類科学 40 (2): 175–183. doi:10.11238/mammalianscience.40.175. https://www.jstage.jst.go.jp/article/mammalianscience/40/2/40_2_175/_article/-char/ja/. 
  25. ^ 【全国】変わり種・おもしろミュージアム26選!誰かに教えたくなるスポットが満載!”. じゃらんニュース (2021年4月13日). 2022年6月16日閲覧。
  26. ^ ミュージアムアプリ「ポケット学芸員」”. www.hm.pref.hokkaido.lg.jp. 2022年6月15日閲覧。
  27. ^ a b 小学生に人気の動物園と科学博物館”. 上野観光連盟(www.ueno.or.jp). 2022年6月17日閲覧。
  28. ^ 音声ガイドについて”. www.city.mikasa.hokkaido.jp. 2022年6月16日閲覧。
  29. ^ SUBARU Wonderful Journey Magazine - TOKYO FM / JFN”. www.tfm.co.jp. 2022年6月15日閲覧。
  30. ^ 利用案内・情報 ≫ アクセス・利用案内 ≫ レストラン・休憩所 :: 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo”. www.kahaku.go.jp. 2022年6月15日閲覧。
  31. ^ 体験する”. 京都鉄道博物館 www.kyotorailwaymuseum.jp. 2022年6月15日閲覧。
  32. ^ 砂金採り体験室|山梨県身延町”. www.town.minobu.lg.jp. 2022年6月15日閲覧。
  33. ^ 八ヶ岳総合博物館 機織り体験 - 茅野市ホームページ”. www.city.chino.lg.jp. 2022年6月15日閲覧。
  34. ^ 「博物館はゲーセンになれませんでした…」 何の告知?”. 朝日新聞デジタル. 2022年6月15日閲覧。
  35. ^ 上映スケジュール”. 京都府京都文化博物館. 京都文化博物館 (2014年12月1日). 2022年6月17日閲覧。
  36. ^ プラネタリウム”. 長野市立博物館(www.city.nagano.nagano.jp). 2022年6月17日閲覧。
  37. ^ GWにチェックしたい「バーチャル博物館」5選”. ITmedia NEWS. 2022年6月15日閲覧。
  38. ^ a b 臨時休館と学校休校をきっかけに始まった「おうちミュージアム」とは? - 文化庁広報誌 ぶんかる”. www.bunka.go.jp. 2022年6月17日閲覧。
  39. ^ 夜間特別開館「ナイトミュージアム」開催について”. 熱海市公式ウェブサイト. 2022年6月15日閲覧。
  40. ^ Inc, Shogakukan. “全てのマニアにおすすめしたい!中の人が描いた博物館の裏側マンガ「へんなものみっけ!」|@DIME アットダイム”. @DIME アットダイム. 2024年2月11日閲覧。
  41. ^ 話題の企画展だけじゃ勿体ない!もっと日常的に博物館へ行こう!と思える一冊。《国内6000館を訪ね歩いた著者 栗原 祐司氏が教える博物館の鑑賞法!》”. PR TIMES. 2022年6月17日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「museum」の関連用語

museumのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



museumのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.museumの記事を利用しております。
交通エコロジー・モビリティ財団交通エコロジー・モビリティ財団
Copyright(c) EcoMo Foundation
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.museum (改訂履歴)、博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS