PVとは? わかりやすく解説

ピー‐ブイ【PV】

読み方:ぴーぶい

public viewing》⇒パブリックビューイング


ピー‐ブイ【PV】

読み方:ぴーぶい

promotion video》⇒プロモーションビデオ


ピー‐ブイ【PV】

読み方:ぴーぶい

page view》⇒ページビュー


現在価値

別名:PV
【英】present value

・PV=CF1/(1+r)+CF2/(1+r)^2+CF3/(1+r)^3… CFN:N期のキャッシュフロー r:割引率

将来受取るキャッシュフロー現在の価値ではいくらに相当する割引率用いて現在の価値割戻したもの。割引率とは、将来価値から現在価値を算出するときに使う割合を指す。

例えば、1年後110万円将来価値)を割引率10%割引く現在の価値100万円になる。

IRR等の投資判断指標において時間軸異なキャッシュフロー取り扱場合上記式を用いる。

IRR導かれ割引率資本コスト資金調達コスト)より高ければ投資すべきであり、低ければ投資すべきでない判断する


PV


ページビュー


プレドニバール

分子式C26H36O6
その他の名称プレドニバール、W 4869、Prednival、プレドニゾロン17-バレラート、W-4869、Prednisolone 17-valerate、PV、11β,21-Dihydroxy-17-[(1-oxopentyl)oxy]pregna-1,4-diene-3,20-dione
体系名:11β,21-ジヒドロキシ-17-[(1-オキソペンチル)オキシ]プレグナ-1,4-ジエン-3,20-ジオン


PV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/04 13:51 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

PV

一般

映像

計測

医学

組織・ブランド

  • PacketVideo - 携帯電話向けの音楽、動画コンテンツ再生ソフトの開発などを手がける企業。
  • パチンコビレッジ - パチンコ・パチスロ情報サイト
  • ブラジル緑の党(Partido Verde

輸送機器

地域




ボルト (単位)

(PV から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:31 UTC 版)

ボルト: volt、記号:V)は、電圧電位差起電力単位であり、電気を押し出す力を意味し、電位差の高低を表す。 日本の場合、家庭の電圧は通常100Vとなっている[1][2]河川で例えるならば、電気上流下流の差ように高低差がある(電圧が高い)ほど水の勢い(電流)が強くなる性質を持っている[2]


  1. ^ ボルト・アンペア・ワット - 電気のマメ知識|中部電力” (日本語). 中部電力. 2022年6月15日閲覧。
  2. ^ a b 電気の基礎知識 - 発電機 | ヤマハ発動機”. www.yamaha-motor.co.jp. 2022年6月15日閲覧。
  3. ^ 計量単位令(平成四年政令第三百五十七号) 別表第一
  4. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) (PDF) p. 29。
  5. ^ googleで「"ヴォルト" 電圧」と検索すると、電気測定規則草案 (上・下) - 新聞記事文庫 電気工業 (12-056) 満州日日新聞 1926.9.10 - 1926.9.11 (大正15) などがヒット。
  6. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  7. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「ボルト (単位)」の続きの解説一覧

「PV」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

PVのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PVのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリページビューの記事を利用しております。
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2022 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPV (改訂履歴)、ボルト (単位) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS