マゼラン星雲とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > 星雲 > マゼラン星雲の意味・解説 

マゼラン‐せいうん【マゼラン星雲】


マゼラン星雲

南半球だけで見られる「マゼラン星雲」は、地球にいちばん近い銀河

日本などの北半球のおもな国々からは決して見られず、南半球の空にだけ見られる星雲あります。その代表的なものに大マゼラン星雲小マゼラン星雲あります。この2つの星雲の名は、史上はじめて世界1周の航海なしとげポルトガル探検家マゼラン見つけたことからこの名がつけられました。ところで、この2つの星雲は、どちらも私たち銀河系と同じりっぱな銀河なのです。しかも、宇宙たくさんある銀河のなかで、銀河系もっとも近い銀河です。地球から大マゼラン星雲の距離は約16光年小マゼラン星雲までは約20光年とされています。


「大マゼラン星雲」と「小マゼラン星雲」は、連星のように重力で結びつく銀河系の「伴銀河」

この大マゼラン星雲小マゼラン星雲、さらに銀河系連星のように重力で結びついているといわれています。この2つの銀河は、銀河系に対して「お伴(とも)」のように存在している「伴銀河なのです大マゼラン星雲の星は若く明るい星が多く、小マゼラン老人の星が多いといわれています。1987年2月には、大マゼラン星雲中に突然爆発が起こって、明るい星が出現しました。これは超新星呼ばれるもので、巨大な星が、短い間にものすごい星のエネルギー放出して死んでいく現象です。現在この星は「超新星1987A」と呼ばれています。1604年以降あらわれ超新星の中では地球にいちばん近く南半球の空にはっきりと見ることができました。

大マゼラン星雲の中にある「超新星1987A」。中心に光る明るい点は爆発した星の残がいです。時間の経過とともに、変化するようすがわかります。(ハッブル宇宙望遠鏡)
大マゼラン星雲中にある「超新星1987A」。中心に光る明るい点は爆発した星の残がいです。時間経過とともに変化するようすがわかります。(ハッブル宇宙望遠鏡)


マゼラン雲

(マゼラン星雲 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 02:10 UTC 版)

マゼラン雲(マゼランうん、Magellanic Clouds, Nubeculae Magellani)とは、銀河系の近くにある2つの銀河大マゼラン雲 (Large Magellanic Cloud = LMC) と 小マゼラン雲 (Small Magellanic Cloud = SMC) の総称である。共に局部銀河群に属する矮小銀河である。希に、マゼラン星雲 (Magellanic Nebulae)、マゼラン銀河 (Magellanic Galaxies) とも。銀河系伴銀河である(と、定説によって最近まで見なされてきた)。






「マゼラン雲」の続きの解説一覧



マゼラン星雲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マゼラン星雲」の関連用語

マゼラン星雲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マゼラン星雲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマゼラン雲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS