大気圏突入とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 大気圏突入の意味・解説 

大気圏突入

読み方:たいきけんとつにゅう
別名:大気圏再突入

宇宙空間から天体大気圏へと進入すること。単に「大気圏突入」という場合地球の大気圏への突入を指すことが多い。

地上から打ち上げ宇宙船探査機が、地球の大気圏内突入する場合学術的には「大気圏再突入」の語が用いられる。なお、宇宙彼方から飛来する隕石などに対しては「再突入」の表現は用いられない

地球に向かって大気圏突入を行う宇宙船探査機は、音速数十倍に上る速度大気衝突する。そのとき大気側面などに逃れられず、前方押しつぶされ、熱を持つようになる(断熱圧縮)。

大気圏突入時の断熱圧縮による熱は千度を超え、十分な耐熱処理が施されていなければ、大抵のものは燃え尽きる人工衛星探査機場合スペースデブリ化すことを避け目的意図的大気圏に落とされる場合がある。小惑星探査機はやぶさ」の機体などはこの目的大気圏突入を行っている。


関連サイト
地球の大気圏(たいきけん)に突入した宇宙船は高温になりますが、この熱はどうして発生するのですか - JAXA宇宙ステーションキッズ

大気圏再突入

(大気圏突入 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/18 04:45 UTC 版)

大気圏再突入(たいきけんさいとつにゅう、英語: atmospheric reentry)とは、宇宙船などが真空に近い宇宙空間から地球などの大気圏に進入すること。単に再突入(さいとつにゅう、reentry)ともいう。宇宙飛行においては最も危険が大きいフェイズのひとつである。大気圏再突入という用語は地上から打ち上げた宇宙機や物体の帰還に限って言う。


注釈

  1. ^ 上空120 kmはNASAによる大気圏の定義に該当する。
  2. ^ 上空80 kmは、アメリカ空軍の定義における宇宙に該当する。
  3. ^ 軌道上で逆噴射をし、定められた地点に落下させること。この軌道制御には大気圏再突入と同様の技術がいる。
  4. ^ なお、対象に月面を含めればひてんかぐやも制御落下させている。

出典





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大気圏突入」の関連用語

大気圏突入のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大気圏突入のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大気圏再突入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS