鈴木六林男とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 鈴木六林男の意味・解説 

鈴木六林男

鈴木六林男の俳句

「冬の貨車は重い」機關士夜を徹す
「吹操銀座」晝荒涼重量過ぎ
善意も惡」のたそがれ防雪林黄ばみ
あとからあとから月の出寒い波頭
いつまで在る機械の中のかがやく椅子
うつむく顔ばかり濡れ田に鋤ひかり
かなしきかな性病院の煙出
わが死後の乗換駅の潦
ビヤホール明るし拳銃を磨く
ボスに對う意志の黒靴足裏濡れ
マラソン通過痰ぬらぬらと操短地區
不眠の朝牡丹の赤芽法華の鼓
二人して何もつくらず昼寝覚
五月の夜未来ある身の髪匂う
冬來る北國汽車に尻向け何を獲る
冷氣の谷間遠き日射しへ愛語つゞく
凶作の夜ふたりになればひとり匂う
千の手の一つを真似る月明かり
友の妻子を衞る冬旅濡れ田つゞき
叡智の刻濡れ田夜となる北の國
右の眼に左翼左の眼に右翼
墓標かなし青鉛筆をなめて書く
天上も淋しからんに燕子花
失語して石階にあり鳥渡る
奇術師や野分の夜は家にいて
女吹かれ黒煙突から飢えはじまる
寒い日の保線の怒聲靜臥守る
寒光の万のレールを渡り勤む
寒鯉や見られてしまい発狂す
山拓く少しの晴間を農婦かゞみ
岩壁に聲さだかなる夜の蟬
思惟の船腹突堤汚れだぶつく午後
我等に未來假眠より起き歩き居る
戦争が通つたあとの牡丹雪
把り凍て飛び降りるにも翼なし
操車場の西資本の巨塔ビール釀す
放射能雨むしろ明るし雜草と雀
旅の疲れの夕ぐれ貫く嬰兒の聲
昨日につゞく死の雨の夜工場暮し
暗い平野仕事の聲で僚確かめ
暗い汽罐車防塵眼鏡の顔つき出し
暗闇の眼玉濡らさず泳ぐなり
暮しの中の波音烏賊の白乾され
月の出や死んだ者らと死者を待つ
未見の海へ急ぐ眼つむり悴みて
栃木にいたうれしい酒焼日焼顔
梅雨の雀走り貯炭の泥廣場
梅雨ビルの何處かで拍手僕等ひそか
樹や岩や女ら眠り夜の瀧
水あれば飲み敵あれば射ち戦死せり
 

鈴木六林男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/17 13:07 UTC 版)

鈴木 六林男(すずき むりお、1919年9月28日 - 2004年12月12日)は、俳人。本名・次郎。






「鈴木六林男」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鈴木六林男」の関連用語

鈴木六林男のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鈴木六林男のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木六林男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS