平畑静塔とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 平畑静塔の意味・解説 

平畑静塔

平畑静塔の俳句

スケートや青くかなしき空の魚
一本の道を微笑の金魚売り
座る余地まだ涅槃図の中にあり
形骸の旧三高を茂らしめ
徐々に徐々に月下の俘虜として進む
我を遂に癩の踊の輪に投ず
故郷の電車今も西日に頭振る
星月夜われらは富士の蚤しらみ
狂ひても母乳は白し蜂光る
狂女なりしを召使はれて夜長し
絶巓へケーブル賭博者を乗せたり
藁塚に一つの強き棒挿さる
身半分かまくらに入れ今晩は
鳩踏む地かたくすこやか聖五月
 

平畑静塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/09 13:45 UTC 版)

平畑 静塔(ひらはた せいとう、1905年(明治38年)7月5日 - 1997年(平成9年)9月11日)は、和歌山県出身の俳人精神科医


  1. ^ 第三高等学校一覧 大正15年4月起大正16年3月止』 第三高等学校、1926年、165(名簿)頁。 
  2. ^ 京都帝国大学一覧 昭和6年』 京都帝国大学、1932年、452頁。 
  3. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2018年3月16日閲覧。


「平畑静塔」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「平畑静塔」の関連用語

平畑静塔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



平畑静塔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平畑静塔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS