石橋辰之助とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 石橋辰之助の意味・解説 

石橋辰之助

石橋辰之助の俳句

朝焼の雲海尾根を溢れ落つ
繭干すや農鳥岳にとはの雪
霧深き積石に触るるさびしさよ
 

石橋辰之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 19:00 UTC 版)

石橋 辰之助(いしばし たつのすけ、1909年(明治42年)5月2日 - 1948年(昭和23年)8月21日)は、俳人栗林一石路橋本夢道とともにプロレタリア俳句運動に尽力した。別号に竹秋子。


  1. ^ 『俳句人』1948年14号1頁「石橋辰之助追悼號」略歴より。


「石橋辰之助」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石橋辰之助」の関連用語

石橋辰之助のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



石橋辰之助のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石橋辰之助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS