DRUGとは?

薬物

【仮名】やくぶつ
原文】drug

疾患症状異常な状態を予防診断治療、または軽減する目的で用いられる食物以外のあらゆる物質のこと。気分身体機能変化させる物質や、特に麻薬などの、習慣性依存性のある物質含まれる

DRUG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/28 17:33 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

DRUG』(ドラッグ)は、青少年育成国民会議配給の映画。2001年製作。ドラッグの恐ろしさを描いた映画であることから、全国の中学校、高等学校で鑑賞されている。

あらすじ

都内の名門女子高校に通う沙耶香は、いじめ過食症に悩んでいた。しかし両親は仕事の忙しさから沙耶香に構ってはくれない。

そんなとき、学校をサボって渋谷を歩いているとVJを夢見る少年・健治と出会う。交流を深めていく2人だが、彼は優秀な兄と比べられるストレスなどから、クラスメイトに勧められるまま覚醒剤に手を出していた。彼の周りの人間でモデルを目指す美樹や、暴走族のリーダー成一、仲間の元気も覚醒剤に蝕まれていく。健治が覚醒剤をしていることを知った沙耶香は覚醒剤をやめるよう健治を説得するが、健治は暴動を起こして入院する。

キャスト

スタッフ


薬物

(DRUG から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/06 21:16 UTC 版)

薬物(やくぶつ、drug)とは、

  1. 薬草などの自然界の物質及び化学物質に由来して、化学的に精製された物質。薬品のこと。(田中・山原アウト)
  2. 1.のうち、特にヒトや動物に投与したときに、何らかの生理的な作用を及ぼすもの。疾病の治療、予防、診断といった医療の用途に使用されるものは、医薬品といい、薬物というときはそれ以外の用途に使用するものを指すことが多い。酒やタバコは入門薬物(ゲートウェイ・ドラッグ)である。
  3. 2.のうち、特にそれを用いることで危険な依存性をもたらすアヘンマリファナヘロインなどの依存性薬物の略称。麻薬覚醒剤など、薬物依存の対象となるようなもの。
国際条約と日本法の照合
国際条約 規制物質 日本法
麻薬に関する単一条約 あへん あへん あへん法
大麻 大麻 大麻取締法
麻薬 麻薬 麻薬取締法
向精神薬に関する条約 向精神薬 付表I (日本法の)麻薬
向精神薬 付表II 第1種向精神薬
付表II一部の覚醒剤 (日本法の)覚せい剤 覚せい剤取締法
向精神薬 付表III 第2種向精神薬 麻薬取締法
向精神薬 付表IV 第3種向精神薬
対象外 タバコアルコールカフェイン

日本では、タバコ未成年者喫煙禁止法アルコール飲料は未成年者飲酒禁止法による規制がそれぞれ存在する。

たばこやアルコール飲料は、薬理学的には中毒性物質であり、またニコチン依存症やアルコール使用障害急性アルコール中毒という習慣性・常用・乱用に発展するという点で、保健衛生上はドラッグの一種に含まれる。

関連項目




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DRUG」の関連用語

DRUGのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



DRUGのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDRUG (改訂履歴)、薬物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS