プラチナバンドとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > プラチナバンドの意味・解説 

プラチナバンド

別名:プラチナ周波数帯
【英】Platinum frequency bands

プラチナバンドとは、700MHz~900MHzの周波数帯域中心とする極超短波帯域を指す通称である。特に、携帯電話事業者キャリア)への再割り当て進められている700MHz、900MHzの空き帯域を指す場合が多い。

極超短波は、一度伝送できる情報量多く比較小型の送受信設備通信することが可能で障害物ある程度まで迂回して伝わるといった性質持ち電気通信用途において特に良質な周波数帯域として知られるこのため、特に価値の高い帯域バンド)いう意味で、プラチナバンドと呼ばれている。

総務省は「周波数再編アクションプランの一環として、「地デジ化」によって空いた700MHz、900MHzの帯域の再割り当て進めている。2011年9月時点でNTTドコモKDDIソフトバンクモバイルイー・モバイルの4キャリア割り当て希望名乗りを上げ争奪戦の様相を呈した

2012年3月1日に、ソフトバンクモバイルがプラチナバンドの割り当てについて認定された。これを受けてソフトバンクモバイル2012年7月からプラチナバンドを使用した通信サービス提供する表明した


参照リンク
周波数再編アクションプラン(平成22年2月改定版)における700/900MHz帯関連部分の記述 - (PDF形式総務省
モバイルのほかの用語一覧
携帯電話:  CDEコード  DSDS  ホットモック  プラチナバンド  海外モバイル  ガラパゴス化  カメラレスケータイ

プラチナバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 18:25 UTC 版)

プラチナバンドPlatinum frequency bands, プラチナ周波数帯)とは、日本における800MHz前後の周波数帯の俗称。ゴールデンバンドとも言う。




  1. ^ 電波利用料制度に関する専門調査会(第6回)議事要旨”. www.soumu.go.jp. 2013年3月4日閲覧。
  2. ^ a b c Nikkei Business Publications (2012年4月4日). “Networkキーワード - プラチナバンド とは:ITpro”. itpro.nikkeibp.co.jp. 2013年3月4日閲覧。
  3. ^ プラチナバンドは万能か - 無線にゃん”. 2016年6月8日閲覧。
  4. ^ 斎藤健二 (2005年05月17日 18時34分). “800MHz帯使った「FOMAプラスエリア」は山間部中心”. ITmedia Inc. www.itmedia.co.jp. 2013年3月5日閲覧。
  5. ^ NTT DOCOMO, INC.. “ドコモ通信 vol.54”. www.nttdocomo.co.jp. 2013年3月5日閲覧。
  6. ^ 平賀洋一 (2012年08月07日 14時37分). “プラチナバンドが“ベース”なのはauだけ KDDIがつながりやすさの秘密を各地で説明 (1/2)”. ITmedia Inc. www.itmedia.co.jp. 2013年3月5日閲覧。
  7. ^ 大和 哲 (2001年3月6日00:00). “ケータイWatch ケータイ用語”. ケータイWatch編集部, Impress Corporation, k-tai.impress.co.jp. 2013年3月5日閲覧。
  8. ^ 石野純也 (2012年11月23日 13時00分). “800MHz帯を使って75Mbps! “LTE品質No.1”を目指すauのLTE戦略とは? 《LTEインタビュー:au編》 【連載:スルッとわかる! 高速通信規格「LTE」-第3回-】”. ASCII MEDIA WORKS. mobileascii.jp. 2013年3月5日閲覧。
  9. ^ ITmedia Inc. (2012年03月01日 21時10分). “ソフトバンクモバイル、7月25日から“プラチナ電波”対応へ - ITmedia プロフェッショナル モバイル”. www.itmedia.co.jp. 2013年3月5日閲覧。
  10. ^ ソフトバンク、今夏より全国の900MHz帯でLTEを提供 - ケータイ Watch


「プラチナバンド」の続きの解説一覧

プラチナバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/01 15:22 UTC 版)

2012年2月29日に、900MHz帯ソフトバンクモバイル割り当てられる事が決定した7月25日にプラチナバンドと言う呼称開通した

※この「プラチナバンド」の解説は、「基地局」の解説の一部です。» 「基地局」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プラチナバンドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プラチナバンドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリプラチナバンドの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプラチナバンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの基地局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS