キャリアメールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > キャリアメールの意味・解説 

キャリアメール

キャリアメールとは、移動体通信キャリア通信事業者)が自社ドメイン提供する電子メールサービスのことである。「携帯メール」と呼ばれることもある。

キャリアメールは、一般的にはNTTドコモの「docomo.ne.jp」、KDDIau)の「ezweb.ne.jp」、ソフトバンクモバイルの「softbank.ne.jp」の3種類を指す場合が多い。また、イー・モバイルの「emnet.ne.jp」やウィルコムの「willcom.com」も、キャリアメールに該当する

キャリアメールは、通常携帯電話利用契約を行うことで利用可能になる。各キャリア端末サービス料金プランなどと密接に関連しており、携帯電話利用において利便性が高い。キャリア独自の絵文字デコメなども特徴一つと言える

スマートフォンの場合、端末の発売当初にはキャリアメールに対応しておらず、後に対応され使用可能となる場合がある例えば、2011年8月auから発売され国内初のWindows Phone 7 Mango端末IS12T」は、当初「ezweb.ne.jp」ドメインのキャリアメールが利用できなかったが、10月27日利用可能とし、専用アプリケーション配信開始している。


参照リンク
携帯電話・PHS各社のドメイン一覧 - (NTTドコモ
モバイルのほかの用語一覧
携帯電話:  格安SIM  携帯電話  ケータイライク  キャリアメール  携帯メール  骨伝導レシーバ  グリップ操作

キャリアメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/30 15:03 UTC 版)

キャリアメール和製英語)とは、移動体通信事業者(通信キャリア)が携帯電話端末向けに提供する電子メールサービスの総称である[1]携帯メールとも呼ばれる。日本独自の携帯電話向けサービスである。


  1. ^ キャリアメール”. IT用語辞典バイナリ. 2012年10月6日閲覧。
  2. ^ 7bit文字の場合。8bit文字の場合、140文字まで。
  3. ^ KDDIのSMSは実装上の問題により、3GPP2仕様に完全準拠するまで海外とのやりとりができなかった。
  4. ^ 携帯各社、SMSの相互接続サービスを7月13日スタート”. ケータイ Watch (2011年6月11日). 2021年2月16日閲覧。
  5. ^ 世界的には、GSM(W-CDMA) vs CDMA(cdma2000)の2極構造で、日本以外のほとんどの国は、2極のどちらかひとつあるいは両方しかなかった。日本だけ、2極のどれでもないネットワークがあった
  6. ^ 高橋暁子「高橋暁子の意外と知らない!? 業界ランキング 第41回 日本人の40%がLINEを常用しているが世界はWhatsAppとFacebook二強」『ASCII.jp』 KADOKAWA、2015年6月15日
  7. ^ 高橋暁子「深読みチャンネル なぜ? LINEからも逃げ出し始めた若者たち」『読売新聞(YOMIURI ONLINE)』 読売新聞社、2018年1月18日
  8. ^ 「キャリアメール持ち運び」サービスを必要としている人はいる?いない?|@DIME アットダイム
  9. ^ 「最安価格」うのみは禁物 携帯プラン、どう選ぶ? 新割安ブランド3月登場”. 47NEWS (2021年2月4日). 2021年3月22日閲覧。
  10. ^ "携帯電話料金の低廉化についての総務省の取り組みについて"”. 総務省総合通信基盤局 (2020年12月9日). 2021年2月16日閲覧。
  11. ^ キャリアメール、回線解約後も引き継ぎ可能に。ドコモとauが月330円 - Impress Watch
  12. ^ a b c d e f g メールアドレス持ち運び」『ソフトバンク』 ソフトバンク、2022年1月9日
  13. ^ Rメール(@rakuten.jp)」『楽天モバイル』 楽天モバイル
  14. ^ 楽天モバイルのキャリアメール、7月1日から提供 名前は「楽メール」」『ITmedia Mobile』 ITmedia、2022年7月1日
  15. ^ a b c d e f Japan Email Anti-Abuse Group Wirelessサブワーキンググループ「JEAG Recommendation ~携帯電話宛の迷惑メールに対する提言書~」『インターネット協会 迷惑メール対策委員会』インターネット協会、2006年2月
  16. ^ a b c NTTドコモ 三石多門「NTTドコモにおけるお客様保護対策」『ユビキタスネット社会の実現に向けた政策懇談会 利用環境ワークグループ 第2回』総務省、2004年4月9日
  17. ^ 辛島睦「第17回 迷惑メール防止2法 広告宣伝用メールに対する規制を知る」『日経xTECH』 日経BP、2008年4月10日
  18. ^ 三柳英樹「警視庁、迷惑メール送信の男性を逮捕」『INTERNET Watch』ITmedia、2008年2月15日
  19. ^ いちばゆみ「iモードの迷惑メール対策を斬る」『ITmedia mobile』 ITmedia、2001年7月2日
  20. ^ KDDI株式会社 本間輝彰「ケータイメールにおける迷惑メールについて 講演資料」『IAjapan 迷惑メール対策カンファレンス』 インターネット協会、2005年5月10日
  21. ^ KDDI株式会社 本間輝彰「運用情報 経験談 携帯電話における迷惑メールとの戦い」『有害情報対策ポータルサイト 迷惑メール対策編』 インターネット協会 迷惑メール対策委員会、2006年1月
  22. ^ 「迷惑メール対策に関するアンケート調査結果 [参考]〈ボーダフォンの主な迷惑メール対策〉」『ソフトバンク』 ボーダフォン、2006年2月14日
  23. ^ 「迷惑メール対策 ケータイ会社別 迷惑メールフィルター 3社一覧表(ケータイ) 」『迷惑メール相談センター』 日本データ通信協会
  24. ^ サービス・機能 同報メールを大量に送信されるお客様へ」『NTTドコモ』 NTTドコモ
  25. ^ 「サービス・機能 auメール(@au.com/@ezweb.ne.jp)へメール送信する際の注意事項」『au』 KDDI
  26. ^ 「モバイル メール送受信の際の注意事項」『ソフトバンク』 ソフトバンク
  27. ^ 電気通信事業者協会「迷惑メール等送信行為に係る携帯電話・PHS加入者情報の交換について」『一般社団法人電気通信事業者協会』 電気通信事業者協会、2005年10月26日
  28. ^ 電気通信事業者協会・NTTドコモ・KDDI・沖縄セルラー電話・ソフトバンク・ウォルト ディズニー ジャパン「プレスリリース 迷惑Eメールに関する申告情報の取扱いについて」『一般社団法人電気通信事業者協会』電気通信事業者協会 、2016年9月7日
  29. ^ 配信中のメールの暗号化 – Google 透明性レポート
  30. ^ メールのセキュリティ - Twitter透明性センター
  31. ^ メールの暗号化に関するよくある質問 - Transparency Report ヘルプ


「キャリアメール」の続きの解説一覧

キャリアメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 21:53 UTC 版)

WX10K」の記事における「キャリアメール」の解説

メールアドレス wcm.ne.jp、ymobile.ne.jpのアドレス(MMS)の利用となる。 willcom.comまたはpdx.ne.jpのアドレス使用不可である。ただし、機種変更した場合でもメールアドレス自体保存されているので、利用可能機種機種変更すれば復活できる。 SMS(ショートメッセージサービス)等 3GによるSMSおよびMMS(電話番号あて)、PHSによるライトメール対応する(SMS対応のPHSから送られてきたメールライトメールとして受信可能だが、ライトメールの文字数の制限以内部分までとなる)。

※この「キャリアメール」の解説は、「WX10K」の解説の一部です。
「キャリアメール」を含む「WX10K」の記事については、「WX10K」の概要を参照ください。


キャリアメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 21:48 UTC 版)

WX04SH」の記事における「キャリアメール」の解説

メールアドレス wcm.ne.jp、ymobile.ne.jpのアドレスMMS)の利用となる。 y-mobile.ne.jp、willcom.comまたはpdx.ne.jpのメールアドレスについては以下の通り機種変更の場事前にオンラインサインアップ実施してメール設定控えてある場合は、設定適切に行えばPHS通信がONの状態に限り、y-mobile.ne.jp、willcom.comまたはpdx.ne.jpのアドレス送受信可能となる。 ただしメール受信PUSH通知には非対応(※メールサーバアップデートで対応済み)。また、現状PCメール相当として扱われるため、送信先迷惑メール設定次第で受信拒否される場合がある(※現在、携帯メールとして配信可能)。 事前オンラインサインアップ未実施の場合は、y-mobile.ne.jp、willcom.comまたはpdx.ne.jpのアドレス利用できない(※現在は利用可能。ymobile.ne.jpも利用可能)が、メールアドレス自体保存されているので、利用可能機種機種変更すれば以前の状態から利用再開できる新規の場合 WX04K同様、y-mobile.ne.jp、willcom.comまたはpdx.ne.jpのアドレス提供され使用不可となる(※My Y!mobileから戻すことが可能になっている)。 SMSショートメッセージサービス)等 3GによるSMSおよびMMS電話番号あて)に対応するライトメールには対応していない。

※この「キャリアメール」の解説は、「WX04SH」の解説の一部です。
「キャリアメール」を含む「WX04SH」の記事については、「WX04SH」の概要を参照ください。


キャリアメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 11:39 UTC 版)

ワイモバイル」の記事における「キャリアメール」の解説

いわゆる、「キャリアメール」は、2014年8月以降に新規発行あるいは変更した場合は、以下のドメイン割り当てられる。 ymobile.ne.jp…「電話サービスタイプ1・3)」の契約者。または、EMOBILE 4G-SないしはWILLCOM CORE 3G契約者従来のemobile-s.ne.jpおよびwcm.ne.jpに相当 ymobile1.ne.jp…「電話サービスタイプ2)」の契約者。 y-mobile.ne.jp…「PHSサービス」の契約者。または、旧ウィルコムPHS契約者。→従来のwillcom.comおよび(xx.)pdx.ne.jpに相当 EMOBILE 4G-Sを除く旧イー・モバイルブランドの契約者は、従来変わらず下のドメイン割り当てられる。 emnet.ne.jp…EMnetメール対応機種利用者。 emobile.ne.jp…EMOBILE 4G-Sを除く全ての旧イー・モバイルブランドの契約者データ契約も含む)。Y!mobile発足後(2014年8月以降)のデータ契約には、キャリアメールの割り当てはない。' Y!mobile発足以前データ契約については、2018年7月31日でキャリアメールのサービス終了する旨の告知が、2017年6月15日付けなされたPHSのキャリアメールについては、次のような取り扱いもあった。 y-mobile.ne.jp(Y!mobile PHSサービス) willcom.com(旧ウィルコム) (xx.)pdx.ne.jp(旧DDIポケット電話) 上記の各キャリアメールアドレスについては、 タイプ1契約同番移行した場合My Y!mobile手続きを行うことにより、継続して利用可能場合がある(2014年10月以降)。 softbankブランド(当時はソフトバンクモバイル)契約継承させることが可能 となっている(2015年2月24日以降)。 新旧メールアドレス対応関係については「[アドレス引き継ぎ転送対応表]」を参照

※この「キャリアメール」の解説は、「ワイモバイル」の解説の一部です。
「キャリアメール」を含む「ワイモバイル」の記事については、「ワイモバイル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キャリアメール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャリアメール」の関連用語

キャリアメールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キャリアメールのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリキャリアメールの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャリアメール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのWX10K (改訂履歴)、WX04SH (改訂履歴)、ワイモバイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS