キャリアアグリゲーションとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > キャリアアグリゲーションの意味・解説 

キャリアアグリゲーション

【英】Carrier Aggregation, CA

キャリアアグリゲーションとは、データ通信に用いられる複数周波数帯域同時に使用することで、通信高速化や安定性の向上を実現する技術である。LTEアドバンストの主要技術として導入されている。

キャリアアグリゲーションが実現されることによって、複数周波数帯域あたかもひとつの広帯域あるかのように扱うことができるようになる。この周波数帯域同時使用は「電波束ねる」と表現されることも多い。複数帯域幅複数搬送波同時に使用することで、データ伝送高速化(大容量化)が実現される。それと共に複数帯域相補う形でデータ伝送を行う構成によって、電波状況左右されにくい安定した通信が可能となる。

NTTドコモ2015年3月に、「プレミアム4G」の名称で、キャリアアグリゲーションを含むLTEアドバンスト通信サービス開始している。

携帯電話のほかの用語一覧
通信方式:  符号分割多重接続  隠れ端末問題  基地局  キャリアアグリゲーション  LTE  面積カバー率  ナノセル

キャリアアグリゲーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/07 18:00 UTC 版)

キャリア アグリゲーション (Carrier aggregation)は、複数の搬送波を束ねて通信を行う無線通信の技術。複数の周波数帯を同時に使って1つの伝送路と見なし送受信することにより、各データの伝送時間が短縮され、結果として高速化を図る。




「キャリアアグリゲーション」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャリアアグリゲーション」の関連用語

キャリアアグリゲーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キャリアアグリゲーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリキャリアアグリゲーションの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャリアアグリゲーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS