思考停止とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 思考停止の意味・解説 

思考停止

読み方:しこうていし

自分自身で物事について考え判断することをやめてしまうことを意味する語。多く批判的に用いられる語である。思考停止が起こ理由としては、何らかの要因により、権威規範などに盲目的に従ってしまうことなどが挙げられる

マインドコントロール

(思考停止 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/25 10:56 UTC 版)

マインドコントロール: Mind control)とは、操作者からの影響や強制を気づかれないうちに、他者の精神過程や行動、精神状態を操作して、操作者の都合に合わせた特定の意思決定・行動へと誘導すること・技術・概念である[1][2]マインドコントロール論とも。不法行為に当たるほどの暴力や強い精神的圧力といった強制的手法を用いない、またはほとんど用いない点で、洗脳とは異なるとされる[3]


  1. ^ 西田公昭 科学研究費助成事業 研究成果報告書「マインド・コントロール防衛スキルの構造とその心理特性の測定法の開発」 科研費による研究 平成27年6月19日
  2. ^ a b c d 山根寛 2001.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 大田俊寛 (2018年9月28日). “社会心理学の「精神操作」幻想 ~グループ・ダイナミックスからマインド・コントロールへ~”. 科研基盤研究A「身心変容技法の比較宗教学-心と体とモノをつなぐワザの総合的研究」(2011年度-2014年度)身心変容技法研究会. 2020年5月18日閲覧。
  4. ^ D・E・コーワン、D・G・ブロムリー 著、村瀬義史 訳 『カルトと新宗教』キリスト新聞社、5月25日、124頁。ISBN 978-4873955674 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 櫻井義秀 1996.
  6. ^ a b c d e f g h i 櫻井義秀 2003.
  7. ^ 三省堂『大辞林』
  8. ^ 西田公昭 講演『マインドコントロールとは何か』 1995年、カルト被害を考える会
  9. ^ a b 郷路征記『統一協会マインドコントロールのすべて 人はどのようにして文鮮明の奴隷になるのか』p7~19
  10. ^ a b 西田公昭 「マインド・コントロールとは?」 第5回「若者の消費者被害の心理的要因からの分析に係る検討会」平成30年5月25日開催、消費者庁
  11. ^ ロバート・ジェイ・リフトン思想改造と全体主義の心理学英語版』、1981年ISBN 9780807842539ISBN 9780393002218ISBN 9781614276753
  12. ^ a b c d e f g h i j 櫻井義秀 1997, p. 115.
  13. ^ 紀藤正樹(著)『21世紀の宗教法人法』(朝日新聞社 1995年11月 ISBN 978-4-02-273068-8
  14. ^ 宗教社会学の会(編) 『新世紀の宗教―「聖なるもの」の現代的諸相』(創元社 2002年11月)ISBN 978-4-422-14022-3
  15. ^ a b スティーヴン・ハッサン浅見定雄 (訳) 『マインド・コントロールの恐怖』(恒友出版 1993年6月) ISBN 978-4-7652-3071-1
  16. ^ 西田公昭・黒田文月 2003.
  17. ^ 櫻井義秀 2012, p. 8.
  18. ^ 櫻井義秀 1997, p. 117.
  19. ^ 青春を返せ訴訟判決文
  20. ^ “オウム事件、井上被告の死刑確定 9人目”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2010年1月13日). オリジナルの2013年5月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130514222921/http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010011301000753.html 2010年1月14日閲覧。 
  21. ^ 小林惠智『マインド・コントロールのすすめ―そのメカニズムと積極的活用法』(1995年11月)ISBN 978-4-7698-0737-7
  22. ^ マデリン・ランドー トバイアス (著), ジャンジャ ラリック (著), Madeleine Landau Tobias (原著), Janja Lalich (原著), 南 暁子 (訳), 上牧 弥生 (訳) 『自由への脱出―カルトのすべてとマインドコントロールからの解放と回復』(中央アート出版社 1998年9月) ISBN 978-4-88639-870-3
  23. ^ 榛 2010, pp. 20–21.
  24. ^ 『統一教会の検証』
  25. ^ 『週刊金曜日』1994年5月13日号 p20~25
  26. ^ 『週刊金曜日』1994年5月20日号 p36~40
  27. ^ 『「マインド・コントロール理論」その虚構の正体ー知られざる宗教破壊運動の構図』
  28. ^ 赤旗社会部pp.30-35「ライフトレーニング」
  29. ^ a b c d e f g 赤旗社会部pp.25-30「合宿セミナー」
  30. ^ a b 赤旗社会部pp.78-86「献身生活」
  31. ^ a b c d コーワン・ブロムリー 2010, pp. 123–125.
  32. ^ コーワン・ブロムリー 2010, pp. 116–119.
  33. ^ a b c d e f g h i コーワン・ブロムリー 2010, pp. 120–125.
  34. ^ a b c 櫻井 2005.
  35. ^ a b c d e f 米本 2010, pp. 62–69.


「マインドコントロール」の続きの解説一覧

「思考停止」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「思考停止」の関連用語

思考停止のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



思考停止のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマインドコントロール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS