比嘉愛未とは?

比嘉 愛未

比嘉愛未の画像 比嘉愛未の画像
芸名比嘉 愛未
芸名フリガナひが まなみ
性別女性
生年月日1986/6/14
星座ふたご座
干支寅年
血液型B
出身沖縄県
身長169 cm
URLhttp://www.higamanami.com/
ブログURLhttp://ameblo.jp/higa-manami/
プロフィール2003年モデルデビュー。スチールCFモデルとしてテレビ雑誌中心に活動2005年から女優としても活動開始し、映画『ニライカナイからの手紙』に出演2007年NHK朝の連続テレビ小説どんど晴れ』ではヒロイン・浅倉夏美役に抜擢され、明る前向き主人公をさわやかに演じた。その他の主な出演作品に、EXDOCTORS2 最強の名医』、NHK BS酔いどれ小籐次』、フジテレビコード・ブルー』、映画『カノン』など。
代表作品1フジテレビコード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(冴島はるか役)
代表作品2年2013
代表作品2映画『飛べ!ダコタ主演(森本千代子役)
代表作品3年2007
代表作品3NHK連続テレビ小説どんど晴れ」』ヒロイン
職種タレント俳優女優

» タレントデータバンクはこちら

比嘉愛未

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/10 15:36 UTC 版)

比嘉 愛未(ひが まなみ、1986年6月14日 - )は、日本女優ファッションモデル沖縄県具志川市(現:うるま市)出身[2]ライジングプロダクション所属。




注釈

  1. ^ なお、「琉球王朝の末裔だ」とする話はこの公表段階では比嘉当人と曾祖母との家族間の伝聞によるもので、具体的な出自や客観的な史料となる系譜、男系(父系)、女系(母系)の別や、直系傍系の別、第一尚氏第二尚氏などいずれの王統に連なるかについては報道時点では必ずしも明らかではない。

出典

  1. ^ a b c d 比嘉愛未 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2018年7月26日閲覧。
  2. ^ “互いの友情と発展誓う 盛岡市うるま市友好都市に調印 比嘉愛未さん大使”. 盛岡タイムス Web News. (2012年8月1日). http://www.morioka-times.com/news/2012/1208/01/12080101.htm 2015年3月5日閲覧。 
  3. ^ 比嘉愛未、“いい子”でいた20代 30歳迎え「自分の可能性を広げたい」”. クランクイン!. ハリウッド・チャンネル (2016年10月10日). 2018年6月15日閲覧。
  4. ^ a b c d “比嘉愛未「私、上京して女優になる」両親の許し出ず、土下座して説得した過去”. Sponichi Annex. (2018年6月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/27/kiji/20180627s00041000173000c.html 2018年7月26日閲覧。 
  5. ^ a b c 比嘉愛未 (2018年5月25日). 女優・比嘉愛未さんが明かした12年前の誓い. (インタビュー). 琉球新報Style.. https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-724382.html 2018年7月26日閲覧。 
  6. ^ manami's Dialy05_122005/12/15の日記(2006年4月30日時点のアーカイブ
  7. ^ 比嘉愛未、沖縄を語る (PDF)”. 沖縄ベンチャースタジオ (2006年5月16日). 2012年6月18日閲覧。
  8. ^ a b c “NHK朝ドラ新ヒロインに比嘉愛未”. デイリースポーツonline. (2006年7月6日). オリジナルの2006年12月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20061202110335/http:/www.daily.co.jp/gossip/2006/07/06/0000065822.shtml 2016年6月7日閲覧。 
  9. ^ 比嘉愛未、民放連ドラ初主演!満島真之介と元夫婦役で恋愛ドラマ初主演に挑む - シネマトゥデイ(2015年2月4日)2015年4月17日閲覧
  10. ^ 比嘉愛未、長髪30cmカットに「涙出た」 イメチェン理由は「自分変えるため」 - オリコン(2014年6月30日)
  11. ^ 比嘉愛未、琉球王朝の末えいだった 101歳の曾祖母から知らされ「ビックリした」”. ORICON STYLE (2016年10月2日). 2016年10月10日閲覧。
  12. ^ 戸田恵梨香のぶっちゃけトークに共演者驚愕 新垣結衣・比嘉愛未との女子会エピソードも”. モデルプレス. 2018年6月19日閲覧。
  13. ^ 盛岡が舞台の朝ドラ『どんど晴れ』4年ぶり特番 主演の比嘉愛未らに使命感”. ORICON STYLE. oricon ME (2011年4月13日). 2015年3月5日閲覧。
  14. ^ 『コード・ブルー』第5話、比嘉愛未、浅利陽介のストーリーにファン“涙止まらず””. クランクイン!!. ハリウッドチャンネル (2017年8月15日). 2017年12月14日閲覧。
  15. ^ a b “比嘉愛未「夢かなった」大河で初時代劇”. Sponichi Annex. (2008年6月4日). オリジナルの2008年6月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080604203008/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/06/04/02.html 2018年3月8日閲覧。 
  16. ^ 斎藤工「最上の命医」SPに大塚寧々&志田未来ら参戦!比嘉愛未もカムバック”. cinemacafe.net (2017年8月2日). 2017年12月14日閲覧。
  17. ^ 比嘉愛未、ナース役に反響 浅利陽介との共演にも注目集まる〈DOCTORS〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2017年12月11日). 2017年12月14日閲覧。
  18. ^ 比嘉愛未 (2015年10月23日). 比嘉愛未、錦戸亮の侍姿を絶賛「安定の髷です(笑)」. (インタビュー). テレビドガッチ.. http://dogatch.jp/news/ex/35728 2016年6月7日閲覧。 
  19. ^ 比嘉愛未、初のドラマ1話ゲストで福士蒼汰とデート?「幸せな時間過ごせた」”. マイナビニュース (2016年4月23日). 2016年4月27日閲覧。
  20. ^ 比嘉愛未、市川海老蔵と“禁断の恋”「感銘を受けています」”. モデルプレス (2016年6月5日). 2016年6月7日閲覧。
  21. ^ 比嘉愛未“人生初”の母親役 夫は荒川良々〈コメント到着〉”. モデルプレス (2016年10月31日). 2017年1月7日閲覧。
  22. ^ “比嘉愛未、スピーチライター役「奥深く難しい」 長谷川京子と“師弟コンビ””. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年10月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2079937/full/ 2016年11月14日閲覧。 
  23. ^ 比嘉愛未、下町のシングルマザー役「口が悪いけど思いっきり楽しみたい!」”. マイナビニュース (2016年10月25日). 2017年1月7日閲覧。
  24. ^ 比嘉愛未、新作ミステリーの主役に抜てき 全編新潟・長岡ロケ”. ORICON STYLE (2018年1月26日). 2018年1月30日閲覧。
  25. ^ 比嘉愛未『99.9』出演、事件の鍵を握る!ヒャダインらも出演”. マイナビニュース (2018年2月25日). 2018年3月8日閲覧。
  26. ^ “比嘉愛未:3年ぶりの「剣客商売」で初の女剣士に “手裏剣の達人”で筋肉痛に”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2018年11月22日). https://mantan-web.jp/article/20181121dog00m200074000c.html 2018年11月22日閲覧。 
  27. ^ “玉木宏、将棋ドラマに主演 近藤正臣のコンビも復活”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年10月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2121239/full/ 2019年1月18日閲覧。 
  28. ^ 比嘉愛未、MC初挑戦 思わず涙した理由とは〈コメント到着〉”. モデルプレス (2017年1月6日). 2017年1月7日閲覧。
  29. ^ 映画「飛べ!ダコタ」製作支援実行委員会 公式ホームページ
  30. ^ back number、比嘉愛未&葉山奨之出演のショートフィルム完成”. ナタリー (2015年11月30日). 2016年4月27日閲覧。
  31. ^ 主演映画「カノン」2016年10月公開!”. 比嘉愛未 公式サイト (2016年3月18日). 2016年3月25日閲覧。
  32. ^ 比嘉愛未&広瀬すず、『先生!』現場2ショット披露 「広瀬姉妹とご縁があるなぁ~」”. クランクイン!! (2016年12月15日). 2017年1月7日閲覧。
  33. ^ 劇場版「コード・ブルー」公開日決定 山下智久「FNS歌謡祭」で生発表”. モデルプレス (2017年12月6日). 2017年12月14日閲覧。
  34. ^ 比嘉愛未 (2018年7月25日). 「コード・ブルー」比嘉愛未『痛み乗り越えて、“鉄の女”から人間らしくなった』. (インタビュー). ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/155710/ 2019年4月11日閲覧。 
  35. ^ 比嘉愛未、初舞台『真田十勇士』のために「1日100回腹筋して鍛えます!」”. マイナビニュース (2013年8月28日). 2015年3月5日閲覧。
  36. ^ “比嘉愛未 ユーミン舞台第2弾主演に 帝劇異例の抜てき”. Sponichi Annex. (2014年5月11日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/11/kiji/K20140511008138860.html 2015年3月5日閲覧。 
  37. ^ “藤原竜也がチェーホフ版“肉食男子”に、森新太郎演出「プラトーノフ」本日開幕”. ステージナタリー. https://natalie.mu/stage/news/318291 2019年2月12日閲覧。 
  38. ^ ほっこり!富山きときと手帖(BS-TBS)、2017年10月6日閲覧
  39. ^ 比嘉愛未、美しすぎる着物姿に猛反響”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2019年3月28日). 2019年4月11日閲覧。
  40. ^ 男性に甘えられない比嘉愛未、甘え方を学んで「勇気を出して実践したい!」”. マイナビニュース (2012年10月2日). 2017年12月14日閲覧。
  41. ^ “4代目「さらりとした梅酒」新キャラクターに、比嘉愛未さんを起用” (プレスリリース), チョーヤ梅酒, (2013年1月23日), http://www.choya.co.jp/news/130123.html 2014年1月18日閲覧。 
  42. ^ 比嘉愛未、初めてのOL役に「新鮮」 レッツノート新製品発表会”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年10月3日). 2015年3月5日閲覧。
  43. ^ 比嘉愛未、パンツスーツでデキる先輩に 「新人のころより今が楽しい」”. エンタメOVO. 共同通信社 (2015年10月7日). 2016年4月27日閲覧。
  44. ^ 比嘉愛未、『コード・ブルー』コラボCMでドS発揮 共演・浅利陽介に詰め寄る”. girlswalker (2018年6月7日). 2018年7月26日閲覧。
  45. ^ 比嘉愛未&浅利陽介“夫婦” リラックス部屋着姿で2ショット「お似合いの二人」”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2019年4月9日). 2019年4月11日閲覧。
  46. ^ 比嘉愛未、美肌輝く眩しいランウェイ 地元・沖縄で圧倒的存在感示す〈琉球アジアコレクション2015〉”. モデルプレス (2015年10月25日). 2016年4月27日閲覧。
  47. ^ 入倉功一 (2012年4月20日). “比嘉愛未、スカートからのぞくナマ脚にドキ!初写真集で大人のセクシーさ全開!”. シネマトゥデイ. 2015年3月5日閲覧。
  48. ^ “女優比嘉愛未が写真集発売 結婚は「35歳までに」”. 日刊スポーツ. (2016年6月26日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1668800.html 2016年6月27日閲覧。 


「比嘉愛未」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「比嘉愛未」の関連用語

比嘉愛未のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



比嘉愛未のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの比嘉愛未 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS