朝ズバとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 朝ズバの意味・解説 

朝ズバ


朝ズバッ!

(朝ズバ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/01 22:20 UTC 版)

朝ズバッ!』(あさズバッ!)は、TBSJNN)系列で2005年3月28日から2014年3月28日まで平日月曜日から金曜日)に生放送されていた朝の情報番組報道番組。開始当初から2013年11月1日までの番組名は『みのもんたの朝ズバッ!』(みのもんたのあさズバッ!)[1]




注釈

  1. ^ みのは降板後、『週刊文春』(2013年11月7日号)の取材に「(本番組は)報道バラエティだと思っている」と語った。
  2. ^ 2010年6月から9月までにおいては、テレビ東京おはスタ』を除いて最下位であったテレビ朝日やじうまプラス』に敗れる回も現れていたが、『やじうまプラス』は2010年10月2日で終了し、翌週の10月4日からは後継番組である『やじうまテレビ!』が開始。しかし、2010年12月1日放送分では本番組が4.7%に対し『やじうまテレビ!』が5.5%となり、再び5位に転落した。
  3. ^ 水曜日に第2部がTBSで1日に放送された全番組の平均視聴率で最高を記録する日があった。
  4. ^ ちなみに、夏目は日本テレビアナウンサー時代の2007年10月から2009年3月に『おもいッきりイイ!!テレビ』でみのと共演していた。
  5. ^ その他、民放キー局の朝の情報番組でも8時を跨ぐ番組が一時廃止となった。
  6. ^ 出演自粛の直前週は2013年の2度目の夏休みを取得していたため、実際の最終出演日は同年9月6日である。
  7. ^ 公式サイト内ではニュース・取材担当となっているが、ニュース・新聞コーナーが主体である。
  8. ^ 2013年11月22日放送分までは「ニュース・取材キャスター」名義で出演していた。
  9. ^ 取材キャスター時代も蓮見不在時(みの不在で蓮見がメインキャスターに廻った場合も)はニュースコーナーを代行した。
  10. ^ 前番組『ウォッチ!』から継続して出演。2013年4月以降は中継リポート限定で不定期出演した。
  11. ^ 気管支喘息治療のため休職、そのまま降板扱いとなった。
  12. ^ 入れ替わりに江藤が加わったが岡村とは役割が異なり、明確な後任は事実上置かれなかった。
  13. ^ 肩書上は取材キャスターも兼務していたが、2010年1月以降の取材・中継リポート出演は非常に限定的である。2013年11月以降は総合司会としてスタジオ進行も担当していた。
  14. ^ スポーツキャスターと兼務。
  15. ^ アシスタント不在時は他のTBSの女子アナウンサーが代行。2010年8月9日から12日は番組OGである岡村仁美が久保田の代理として出演した。
  16. ^ a b 2007年4月2日からフルネット。
  17. ^ 第2部の一部(7:20頃 - 8:29)を差し替え、自社制作番組『ウォッチン!みやぎ』を放送していた。ただし、重大な事件・災害などが発生した場合は差し替え時間を短縮または休止することがあった。
  18. ^ 現・CBCテレビ。
  19. ^ 2011年以降、毎年1月17日は、阪神・淡路大震災の報道特別番組を放送のため、5:55飛び乗りとなっていた。
  20. ^ 2007年3月31日までは5:55飛び乗り。
  21. ^ a b 2009年3月27日までは『スーパーモーニング』を8:30から放送するため8:27で飛び降り(編成上は8:30までの放送となっていた)。
  22. ^ 2009年3月30日から完全フルネット。
  23. ^ 現・RSK山陽放送。
  24. ^ 毎年8月6日は、広島平和記念式典中継のため、7:30頃に飛び降りていた。
  25. ^ 2005年10月からフルネット。
  26. ^ 2005年10月から2009年4月3日まではフルネット。
  27. ^ 毎年7月15日、RKB毎日放送では、『勇壮!博多祇園山笠!』放送のため、5:55飛び乗りとなっていた。
  28. ^ 毎年10月7日、長崎放送では、長崎くんち中継のため、第2部を臨時非ネットとしていた(7:00頃に飛び降りていた)。
  29. ^ 2006年9月4日からフルネット。
  30. ^ 2007年3月31日までは5:55飛び乗り。
  31. ^ 2009年3月30日から完全フルネット。
  32. ^ 2006年11月6日から2007年3月30日まではフルネット。

出典

  1. ^ ラテ欄では文字数の都合から「みのもんた朝ズバッ!」と表記されることが多かった。
  2. ^ <担当放送作家として語る>『みのもんたの朝ズバッ!』はこうして誕生し、こうして解体した②[全6回],BLOGS,2014年9月8日
  3. ^ “『みのもんたの朝ズバッ!』が2月6日(水)で放送2000回!” (プレスリリース), TBSテレビ, (2013年1月31日), オリジナルの2013年2月4日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130204085756/http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201301311741.html 2013年2月6日閲覧。 
  4. ^ “『みのもんたの朝ズバッ!』が放送2000回 スタートから8年”. オリコン. (2013年2月6日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2021403/ 2013年2月6日閲覧。 
  5. ^ サンケイスポーツ』2006年10月31日付
  6. ^ 独走「とくダネ!」 合い言葉は「打倒!小倉」,ENAK,2006年7月11日
  7. ^ 田丸美寿々の降板が決定して次に首筋が寒い高給キャスター2人 - MSN エンタメ2010年7月20日公開
  8. ^ Livedoor ニュース』2011年5月の報道
  9. ^ ZIP!:初の視聴率2けたを記録 ライバル「めざましテレビ」に初勝利 毎日新聞
  10. ^ 早河洋社長 社長会見(10月29日)要旨 - テレビ朝日(2013年10月30日)
  11. ^ みのもんたが今年2度目の「夏休み」 「セクハラ謹慎では」といった憶測広がるJ-CASTニュース(2013年9月9日)
  12. ^ みの自粛の朝ズバッ出演者沈痛に決意(2)/芸能速報/デイリースポーツ online
  13. ^ 新生『朝ズバッ!』スタート 井上貴博アナ中心に「一丸となって新しい番組を」 - 芸能ニュース一覧 - オリコンスタイル - エンタメ - 47NEWS(よんななニュース)[リンク切れ]
  14. ^ 夏目三久 TBS朝の顔に!4月スタート新情報番組メーン スポーツニッポン
  15. ^ 朝の情報番組が変わる! 司会に夏目三久と齋藤孝! Archived 2014年1月27日, at the Wayback Machine. TBSホット情報 2014年1月22日閲覧。
  16. ^ 「朝ズバッ!」女性キャスター&男性アナ交代 Archived 2009年12月19日, at the Wayback Machine. スポーツニッポン 2009年12月17日
  17. ^ 2005年6月23日 日刊スポーツ芸能面での報道より。
  18. ^ 香川3人行方不明事件で、みのもんたがズバッと問題発言!?
  19. ^ 『週刊朝日』2007年12月7日号
  20. ^ みのもんた謝罪なし「朝ズバッ」でアノ人に疑惑の目 ZAKZAK 2007年11月28日
  21. ^ みの、坂出事件被害姉妹の父に謝罪 日刊スポーツ 2008年1月24日
  22. ^ BPO TBS『朝ズバ』に勧告 割りばし事故 訴訟報道東京新聞2009年11月1日
  23. ^ 読売新聞 (2013年9月2日). “みのもんたさん、セクハラ?女性アナ手振り払う”. 2013年9月2日閲覧。[リンク切れ]
  24. ^ BPO・2013年8月に視聴者から寄せられた意見(【番組全般・その他】の34項目目)
  25. ^ みのもんた、女子アナへのセクハラ疑惑は完全否定! シネマトゥデイ 2013年10月26日




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「朝ズバ」の関連用語

朝ズバのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



朝ズバのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの朝ズバッ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS