下女とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 下女の意味・解説 

げ‐じょ〔‐ヂヨ〕【下女】

雑事召し使う女。女中下婢(かひ)。⇔下男

身分の低い女。

「内より怪しげなる—一人出で合ひ」〈太平記・五〉


しも‐おなご〔‐をなご〕【下女】

しもおんな1」に同じ。


しも‐おんな〔‐をんな〕【下女】

召使いの女。げじょ。しもおなご

身分の低い女官。下﨟(げろう)。

「—のきはは、さばかりうらやましものはなし」〈・四七〉


げ‐じょ ‥ヂョ 【下女】

〔名〕

身分の低い女。下賤の女。しもおんな

袋草紙(1157‐59頃)上「上洛之時山崎辺において、下女の臼歌に唱之」

太平記14C後)五「内より怪しげなる下女(ゲジョ)一人出合ひ」

雑用に使われる召使いの女。下働きの女。はしため下婢しもおんな。〔文明本節用集室町中)〕

天草本伊曾保(1593)と下女の事「アル イエノ アルジ ニニンノ guegiouo(ゲヂョヲ) ツカワレタガ」

武士仕え家事手伝い主人身の回り世話をした女。女中。下女衆。

浄瑠璃堀川波鼓(1706頃か)上「ここかしこ這隠(はいかく)れ下女がふしたる夜着(よぎ)の内」

淫売女。女郎

御仕置例類集‐古類集・一・寛政一三年(1801)御渡「彼地え被差遣御家人等、下女無之候ては、格別差支之訳も有之候はば」


しも‐おんな ‥をんな 【下女】

〔名〕

① 位の低い女官下臈(げろう)。

(10C終)四七「しも女の際(きは)は、さばかりうらやましものはなし」

② (貴族から見て身分の低い、庶民の女。下賤の女。

雑用に使われる召使の女。女の召使。下女(げじょ)。女中。婢(ひ)。

国町の沙汰(1674)「年久しくめしつかひし、いちやとなんいふしも女をよび」


しも‐め【下女】

〔名〕

① =しもおんな(下女)

能因本(10C終)一〇〇受領などの家に、しもめなどの来て、なめげに物いひ」

下京に住む女。

天正本狂言女楽阿彌室町末‐近世初)「宿と中なをり、もろともにたづねんとて、下めの本へ行」


下女

読み方:ゲジョ(gejo)

江戸時代奉公人


下女

読み方:けじょ,げじょ

  1. 住家裏戸口-切戸、柴折戸ナド。〔第五類 一般建物
  2. 住宅裏口切戸柴折戸を云ふ。
  3. 住宅裏口切戸柴折戸

下女

読み方:げめ

  1. 召使のこと、宮中で使う言葉

分類 宮中

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

下人

(下女 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/26 08:19 UTC 版)

下人(げにん)とは近世以前の家内隷属民に対する呼称。


  1. ^ 網野善彦『蒙古襲来(上)』小学館、1992年、P.104。
  2. ^ 下男』 - コトバンク
  3. ^ a b 下男・下女』 - コトバンク
  4. ^ 下女』 - コトバンク
  5. ^ 下女奉公』 - コトバンク
  6. ^ 江戸の歳事風俗誌(小野武雄著、講談社学術文庫)
  7. ^ 網野善彦 『海と列島の中世』 講談社学術文庫 2003年 pp.236 - 237.


「下人」の続きの解説一覧



下女と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「下女」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||


9
100% |||||

10
96% |||||

下女のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



下女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS