だとは?

「た」の濁音歯茎有声破裂子音[d]と母音[a]とからなる音節。[da


[助動][だろ|だっ・で|だ|(な)|なら|○]《連語「である」の音変化形「であ」がさらに音変化したもの名詞準体助詞「の」などに付く。

断定する意を表す。「今日子供の誕生」「学生怠けるべきはない」「熱が高いのなら会社休みなさい」

「それも遅ければきかないぞ」〈雑兵物語・上〉

終止形「だ」を間投助詞的に用いて語調強める意を表す。「それは、お前が悪いんだよ」→だろう →のだ

[補説] 現代語「だ」は室町時代以来の語で、関西の「じゃ(ぢゃ)」に対し、主として関東で使われた。「だ」が用いられる文体は「である」とともに常体とよばれ、敬体の「です」「であります」と対比される。「だ」の未然形仮定形は、動詞形容詞助動詞「れる・られる・せる・させる・た・たい・ない・ぬ・らしい」などの終止形にも付く。連体形の「な」は、形式名詞「はず」「もの」などや、「の」「ので」「のに」に連なる場合限って使われる。


[助動]助動詞「た」が動詞連用形撥音便、およびイ音便に付く場合音変化。「読ん」「呼ん」「泳い」→た[助動]


だ【×兌】

易の八卦(はっけ)の一。算木の形に表す。沢や少女かたどり方位では西に配する

兌の画像

だ【唾】

常用漢字] [音](慣) [訓]つば

つば。「唾液唾壺(だこ)/咳唾(がいだ)」

つばを吐くようにして嫌う。「唾棄

難読固唾(かたず)


だ【堕〔墮〕】

常用漢字] [音](呉) [訓]おちる おとす

おちる。おとす。「堕胎

悪い状態に陥る。「堕罪堕落


だ【妥】

常用漢字] [音](慣)

おだやかに落ち着く。事がおさまる。「妥協妥結・妥当」

名のり]やす


だ【惰】

常用漢字] [音](呉)

だれてしまりがないだらける。「惰気惰弱惰眠勤惰怠惰遊惰懶惰(らんだ)」

これまでの状態を変えない。「惰性惰力


だ【×懦】

[音]ダ(漢)

気が弱い意気地がない。「懦弱怯懦(きょうだ)」


だ【打】

[音](慣) チョウチャウ)(呉) [訓]うつ

学習漢字3年

うつ。たたく。「打撃打倒打撲殴打強打痛打乱打連打

その動作をする意を表す語。「打開打算

野球などで、ボールを打つこと。「打者打数打率安打犠打好打代打投打凡打

[補説] 個数単位ダース」にあてることがある

難読毬打(ぎっちょう)・金打(きんちょう)・只管打坐(しかんたざ)・打擲(ちょうちゃく)・打打発止(ちょうちょうはっし)・博打(ばくち)


だ【打】

野球ゴルフなどで、ボールを打つこと。打撃。「打のチーム


だ【×拿】

[音]ダ(漢) ナ(呉)

とらえる。つかまえる。「拿獲拿捕

難読]拿破崙(ナポレオン)


だ【×攤】

平安時代からの、さいころを使った遊戯の一。さいの目大小勝敗決める。

「宮にも、殿上人集まりて—打ち遊びするに」〈宇津保・あて宮〉


だ【×朶】

[音]ダ(慣)

などが垂れ下がるまた、。「朶雲(だうん)/耳朶(じだ)・粗朶万朶


だ【×朶】

接尾助数詞

ついている花ぶさを数えるのに用いる。「万朶

や山など、かたまりになっているものを数えるのに用いる。

四五—の山のに粧へる色、両三行の雁の点ずる秋」〈和漢朗詠・上〉


だ【×楕】

人名用漢字] [音]ダ(慣)

長円形。「楕円


だ【×舵】

人名用漢字] [音]ダ(呉) [訓]かじ

船のかじ。「舵機舵手操舵方向舵


だ【蛇】

⇒じゃ


だ【×陀】

人名用漢字] [音]ダ(呉) タ(漢)

梵語音訳字。「陀羅尼(だらに)/阿弥陀(あみだ)・仏陀曼陀羅(まんだら)」


だ【駄】

常用漢字] [音](呉) タ(漢) [訓]においうま

[一]〈ダ〉

馬に荷を積む。また、その積み荷。「駄賃荷駄

荷負い馬。「駄馬

価値の低いもの。「駄犬駄作駄文駄弁駄本/無駄」

[二]〈タ〉はきもの。「下駄雪駄(せった)」


だ【駄】

【一】[名]荷役に使う馬。駄馬

「—一疋を給はせよ」〈大鏡道長下〉

【二】[接頭]名詞に付いて、値うちのないもの、つまらないもの、粗悪なものなどの意を表す。「駄菓子」「駄じゃれ」

【三】接尾助数詞。馬1頭に負わせる荷物の量を1駄として、その数量数えるのに用いる。江戸時代には36貫(約135キロ)を定量とした。

旦那はお駕(かご)かおむまか。お荷物はいく—ほどござります」〈滑・膝栗毛・三〉


だ【だ・ダ】

(「た」の濁音) ⇒た(た・タ)


〔助動〕

[一] (活用は「だろ(だら)・だっ、で、に・だ・な・なら・〇」。名詞副詞およびある種助詞ならびに体言準ずる語句に付く) 断定の助動詞事物について、時・所内容などを断定する意を表わす

人天眼目抄(1473)中「雑血の乳味とも成らぬ時だぞ」

雑兵物語(1683頃)下「七八挺立関船だっけが、其船へ小舸(ばや)がくっ付てせせるを防ぐを見れば」

[二] (活用は「だろ(だら)・で・だ・〇・なら・〇」。用言および助動詞終止連体形に付く) 断定の助動詞用言陳述をたすける。→だろう。

史記抄(1477)四「此様な心が本性にあるならばなにか諸侯盟主とはならうぞ」

浄瑠璃心中天の網島(1720)下「町人は爰が心やすい、侍なれば其まま切腹するであろの」

[語誌](一)について) (1)「にてあり」から出た「である」が、「であ」を経て「だ」と変化したもの古例抄物などの東国資料多く見られ室町期関東成立したと考えられる。これに対し、上方では「であ」から「じゃ(ぢゃ)」が生じた。
(2)活用は、「だ」系統(「だろ(だら)」「だっ」「で」「だ」)と、「なり」系統(「に」「な」「なら」)とからなるこのうち、「だ」系統は、古く終止形連体形「だ」、連用形「で」しかなかった。未然形「だろ(だら)」(「だろう(だらう)」の形で用いられる)、連用形「だっ」(「だった」「だっけ」の形で用いられる)は成立が遅れ、初め遊侠などの特殊な世界用いられていたが、安永期に一般に広まったと考えられる
(3)室町期以来方言として、仮定形「だら」、連用形「なっ」と目される例がみられる。たとえば「滑・七偏人‐三」の「そんだら祭文(せへもん)を唄たがよかんべい」など。
(4)連体形「な」は、江戸時代以降助詞「の」「ので」「のに」に連なる用法が主となり、「こと」「もの」以外の体言には連ならなくなる。たとえば、「滑・七偏人‐三」の「此処貴君お家なので御座いますか」など。連体形「だ」も、体言連なる例が近世通じて散見するが、やはり、助詞「から」「のに」や、助詞的な「こと」「もの」「ところ」などに連なる用法に限られていく。
(5)仮定形「なら」は接続助詞「ば」をつけて用いられるが、これは文語文法未然形用法受け継いだものである。「ば」を伴わない仮定表わすのは、室町時代にはまれであるが、江戸時代になって多くなった。「四河入海‐七」の「徐州前任守傅欽之とのの時なら坐客いらしむ舒堯文との幸に此にわたるか」など。
(6)終止形には、文節の末に間投的につく用法がある。その際、「ね」「よ」などを伴うこともある。たとえば、「不必要矢野龍渓三一」の「其時にダ、分らず屋少年共が、胯を潜れと言ったって、喧嘩をする馬鹿はありアしないヨ」など。(7)「だ」を使用して早くから慣用化した表現に、敬語お…だ」がある。これは、上方語の「お…じゃ(ぢゃ)」を江戸語風に言い換えたものとされている。たとえば、「雑兵物語‐上」の「刀を一筋御ゆるしだ」など。
(8)「ことだ」の形が「こった」となることがある

[語誌](二)について) (1)もと、次の例のように、連体形体言用法を受けるものであったのが、のちに陳述助けるものとなったと思われる。「害は殺すではない。其意見言さまたげてそこなうそ」〔寛永刊本蒙求抄‐二〕など。
(2)仮定形「なら」については、近世以後(一)場合と同様、「ば」を伴わない用例が多い。「狂歌後撰夷曲集‐一」の「さほひめのもし傾城をめさるなら与太郎月や知音ならまし」など。
(3)終止形普通に用いられないが、近世以来終助詞的なものとして、関東方言現われる。たとえば、「滑・浮世風呂‐二」の「なけ無の一ッてうらを着殺(きごろし)に着切て仕まふだ」など。


だ【儺】

〔名〕 悪鬼追い払う儀式おにやらい。→儺(な)。〔論語郷党


だ【兌】

〔名〕 (「だ」は「兌(たい)」の慣用音) 易の八卦(はっけ)の一つ算木かたどるまた、六十四卦一つ。沢を表わし、喜悦の徳を示す。方角では酉(とり)、すなわち西方に当たる。

浄瑠璃新版歌祭文お染久松)(1780)座摩社「兌(ダ)中断ととってだだぼたの兌(ダ)の卦に当る」〔易経‐兌卦〕

[補注]兌換」「発兌」などの取引に関する「兌」は、唐宋以後俗用


だ【懦】

〔名〕 気の弱いこと。いくじがないこと。怯懦(きょうだ)なこと。臆病。

江戸繁昌記(1832‐36)三「嗟、夫れ懦に流れ易き者は、治世の弊」〔春秋左伝昭公二三年〕


だ【打】

〔名〕 野球ゴルフで、ボールを打つこと。「投打にわたり大活躍」「第一打でグリーン乗せる


だ【攤】

〔名〕 (「攤」は物をまきちらす意) 平安時代以降に行なわれた遊戯遊び方の詳細不明だが、筒(どう)に入れた二個の采(さい)を振り出して、出た目の優劣競う双六盤(すぐろくばん)を使わない点で、双六とは異なる。

宇津保(970‐999頃)蔵開下「今宵は、祐純は、はしるなき目をこそ見給へれ。だに負けせまりて」

[補注]挙例七月産養(うぶやしない)の例。なお、従来攤銭」の略とされているが、信ずべき用例を見ない。


だ【朶】

接尾

ついている花ぶさ、または花の枝数えるのに用いる。

菅家文草900頃)四・霜菊詩「粛気凝、烈朶帯

小学読本(1884)〈若林三郎〉四「数朶の卯の花籬に開き恰も一堆の似たり」〔杜甫江畔独歩尋花七絶句・其六〕

や山などかたまりになっているものを数えるのに用いる。

和漢朗詠(1018頃)上「四五朶の山のに粧(よそほ)へる色、両三行の雁の点ずる秋〈杜荀鶴〉」〔羣玉‐丞相悰筵中贈美人詩〕


だ【蛇】

〔名〕 ヘビ。じゃ。

虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一七「繊(ほそ)き蛇(ダ)の」


だ【駄】

1 〔名〕

① 馬が荷を負うこと。また、荷を負った馬。

三代格‐八・弘仁一三年(822)三月二八日「駄賃一万五千斛〈駄五万疋疋別三斗〉」〔李夢陽‐豆行〕

運送用の馬。荷馬駄馬また、牝馬のこと。

大鏡(12C前)六「もしまことにきこしめしはてまほしくば、駄一疋たまはせよ」

③ 馬で荷物を運ぶこと。また、牛馬に負わせた荷物

延喜式(927)五〇「凡公私運米五斗俵、仍用三俵駄。自余雑物亦准此。其遠路国者斟量減之」〔陸游‐示諸稚詩〕

④ 馬一頭に負わせる荷物の量。概略の量をさして助数詞的に用いるが、江戸時代一駄は、本馬(ほんま)が三六貫(約一三キログラム)、軽尻(からじり)が一六貫(約六〇キログラム)と定められていた。

延喜式(927)二六「凡一駄荷率絹七十疋。絁五十疋。糸三百絇。綿三百屯。調布卅端。庸布段。商布五十段。一百斤。卅廷。鍬七十口」

(5)三斗五升(六三リットル入り二つの称。東海道下りで、二一駄としたところからいう。その一樽片馬(かたま)という。また、醤油は、八升入八一駄とし、四片馬という。

2語素名詞の上に付いて、ねうちのないつまらないもの、粗悪なもの、の意を表わす。「駄菓子」「駄作」「駄句」「駄弁」など。

浄瑠璃雪女五枚羽子板(1708)中「だ酒でも打食らって」


だ【駝】

〔名〕

① =らくだ(駱駝

*妙一本仮名書き法華経鎌倉中)二「駝(タ)・驢・、これその行処ならん」

② 「きりん(麒麟)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕


方言 意味
だれ、誰


方言 意味
メンコ円形長方形厚紙で作った玩具


~だ、だね

方言共通語使用例または説明
~だ、だね~するのですか「そんげ化粧してどごいぐんだね」(そんなに化粧をしてどこへ行くのですか?)

~だ

但馬方言共通語用例備考
~だ ~だ(断定の助動詞 今日はええ天気だ。 使用地域島根県出雲地方から鳥取県伯耆地方因幡地方、そして兵庫県但馬地方北部京都府丹後地方北部へと広がる。共通語と同型であるが、西日本断定の助動詞として「だ」が用いられていることは、方言として大きな意味をもつ。西日本では「じゃ」、「や」が一般的である。
詳しくは「但馬方言概説」の「断定の助動詞」参照されたい

た・だ

大阪弁 訳語 解説
た・だ てやれ・てあげろ、
でやれ・であげろ
「てやる」「たる」の命令形「たれ」の転。“ちょっと待った”、“さあ買うた買うた”などの使い方をする。


だす、だ(っ)

大阪弁 訳語 解説
だす、だ(っ) です
be
大阪本来の丁寧語。「であります」の最終形態で、「でやす」の転。終止形では「だっ」と縮む場合も。名詞形容動詞には使うが、東京の「です」のように形容詞には用いない。「赤いです」のようにどうしても使いたい場合は、「赤うございます」「赤うなっとります」「赤う見えます」または形式名詞加えて「赤いもんだす」「赤いことだす」「赤い思とります」などの形を用いる。上流社会である船場では使われず、江戸東京影響を受けた「です」を用いるか、「ござります」「ございまする」「ごわす」を用いた。東京では「です」「ないです」を多用するが、大阪は「ます」「まへん」を使い単純に「です」を「だす」に置き換えるだけでは通用しない。摂津播磨河内北和泉、大和国中、南伊予、羽後で使われるが、東京発信の「です」の進出により、今ではほとんど聞かなくなった。三島淀川沿岸地域では京都山城と同じ、「でおはす」の転じた「どす」を使う。播磨高砂などでは、「だー」と伸ばし三島淀川沿岸北河内では「だう」、南和泉では「じゃす」と言う。「であります」はもともと長門言い方軍隊用語。関東奥羽北海道などで「っす」という。


・・だ

品詞助動詞間投詞風に用いる。
標準語》・・だ、・・である
用例》「何しとんなるだ」(何をしてるの?)
用例》「そっだ」(そのとおりだ)。
用例》「そがなこと、言いなっただか?」(そんなことを、おっしゃったんですか)。
用例》「そがなことは、ないだ」(そんなことは、ない)。
用例》(単独相槌として。間投詞?)「だ」(そうだ、そのとおりだ)。

 座?[意]畳や板の間など、上がり框(かまち)から奥の床[例]だに上がる前に、足ぅ洗うちょいで(から上に上がる前に、足を洗っておいで)古語「座」には「集会の場所」「人の集まる場所」の意有り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/01 06:04 UTC 版)

は、日本語音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。に濁点をつけた文字である。




「だ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/04/23 23:13 UTC 版)

発音

IPA: /da̠/

助動詞: 断定

  1. 断定の意を表わす体言副詞及び一部助詞助動詞接続形は)に接続する。なお、形容動詞独立品詞として認めない立場においては語幹とされる名詞等に本助動詞接続したもの説く
  2. 述部動詞形容詞または動詞接尾辞する省略した文において、代わりに名詞述語文を成立させるために用い助動詞。この構造はうなぎ文と呼ばれる
  3. 会話などにおける疑問詞疑問文文末について、疑問語気を表す。のまたはんに後置するが、方言ではそのまま用いることもある。
  4. 主語を置かない修辞的構文として)強調詠嘆を表す。

活用

未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用
だろ だっ
(な) なら 特殊型

語源

である」の「る」の抜けた「でぁ」がつづまって生じた語。

類義語

助動詞: 過去

  1. 過去および完了の助動詞「た」が、イ音便一部撥音便に付く場合の形。

活用

未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用
だろ だら 特殊型

接尾辞

  1. 形容動詞活用語尾
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用
(語幹) だろ だっ

なら 口語

終助詞

  1. (おもに幼児語悪態をつくときに用いる。

漢字

Wiktionary:漢字索引 音訓 た#だ参照




だと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「だ」に関係したコラム

  • FXのオシレーター系とトレンド系とは

    FX(外国為替証拠金取引)で用いられるテクニカル指標は、オシレーター系とトレンド系の2つに分類することができます。オシレーター系は、為替レートの売られすぎや買われすぎを調べる時に用いるテクニカル指標の...

  • FXやCFDの相場のトレンドを知るには

    FXやCFDの相場のトレンドは、さまざまなテクニカル指標により知ることができます。その中でよく用いられる線形回帰トレンドを例に、相場のトレンドを見てみることにします。上の図は、大豆先物の1時間足に線形...

  • バイナリーオプションで逆張りをするには

    逆張りは、上昇トレンドであれば売り、下降トレンドであれば買いといったように、相場のトレンドに逆らう取引を行うことです。バイナリーオプションでは、上昇トレンドであれば円高(ドル高)へ推移する商品の購入、...

  • FXやCFDの価格オシレータとは

    価格オシレータとは、2本の移動平均のうち、短期移動平均の長期移動平均に対する割合をパーセンテージで表したものです。価格オシレータは、パーセンテージ・プライス・オシレータ(PPO)ともいいます。価格オシ...

  • FXでフィボナッチを使うには

    FX(外国為替証拠金取引)のフィボナッチ(Fibonacci)とは、イタリアの数学者のレオナルド・フィボナッチが発見した法則をFXに応用したテクニカル指標の1つです。フィボナッチは、チャート画面に複数...

  • FXやCFDで相場のトレンドが継続するかどうかを調べるには

    FXやCFDで相場のトレンドが継続するかどうかを調べるにはいくつかの方法があります。ここでは、テクニカル指標のボリンジャーバンドとボラティリティを使って相場のトレンドが継続するかどうかを調べてみます。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「だ」の関連用語

1
54% |||||

2
54% |||||

3
54% |||||


5
50% |||||

6
50% |||||

7
50% |||||

8
50% |||||

9
50% |||||

10
50% |||||

だのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



だのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
津軽語辞典津軽語辞典
Copyright (C) 2021. All rights reserved.
新潟県田上町の方言新潟県田上町の方言
Copyright (C) 2021 Akira Hasegawa All rights reserved.
但馬方言のページ但馬方言のページ
Copyright (C) 2000-2021 TANIGUCHI Yutaka
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2021 gonbe007
豊語林豊語林
Copyright (C) 2021 豊語林 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのだ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS