ですとは? わかりやすく解説

です

「です」は日本語助動詞で、「何であるか」「どのような様子か」を叙述する文法的断定」の意を示す丁寧な表現。「だ / である」の丁寧表現であり、「ます」と併用される。省略されて「ッス」という語形用いられる場合がある

「です」は、基本的に名詞体言)、形容動詞一部副詞助動詞などに付く。「なのです」のように助詞助動詞に付く言い方もある。

「です」の活用形

「です」の用例

判断断定を示す一般的な使い方

「です」の語源

「です」という表現そのもの江戸時代より前からあるが、当時は特殊な場面でのみ用いられる表現であり、現在のように一般的な丁寧表現として扱われるようになったのは江戸末期から明治以降であるとされている

「です」という言い方の由来は諸説あり、特定されているわけではないが、「でござります」「であります」あるいは「でそう(で候)」といった言い回し省略されたものと考えられている。

でございます」から「です」と省略されただとしたら、さらに「っす」と略されるのは必然的な流れなのではないかとも思える

「多いです」(「形容詞+です」の用法)

形容詞の終止形に「です」を付けて叙述する言い方は、比較新しい語法であるが、一概に誤り・不自然と言い切れないとはいえ自然な表現とも言い切れない

形容詞+です」型の表現は、具体的な表現によって使われ方や浸透の度合い異なる。すでに違和感なく受け入れられている例もあれば、いまだに強い違和感感じさせやすい表現もある。

嬉しいです」「楽しいです」などの例は比較多く使われており、ほぼ受け入れられている表現といえる

面白いです」「興味深いです」などは、多く使われているが、ぎこちなさも残る。

多いです」「少ないです」は、人によってはかなり不自然と感じられる。しかし昨今では用いる人も多い。今後だんだんと受け入れられてゆくものと予想される

暑いですね」や「いかがですかの場合、これは形容詞ではなく形容動詞に「です」がついた語形であり、通常の「です」の用法該当する

「です」と「ます」の使い分け方

「です」と「ます」は主たる機能異なる。「です」は主に体言に付き、「ます」は主に用言に付く。「ます」には「断定のような文意左右する意味合いは特になく、単に丁寧の意味加え表現である。

「です」と「ます」は互いに適用箇所異なり、かつ丁寧表現としての扱い方同等であるため、「ですます調」と総称され、同じ文章の中で併用される。
敬語表現としての「です」の扱い
「です」および「ます」は「丁寧語」と区分されることもある。

丁寧語いわゆる敬語」の一種で、主に「尊敬語」および「謙譲語」と対比される言語表現区分である。

尊敬語は、相手高み位置づけることで上下関係示し相手への敬意を示す表現方法である。

謙譲語は、自分低み位置づけることで上下関係示し相手への敬意を示す表現方法である。

丁寧語は、社会的身分の上とは別に丁寧なぞんざいでない)表現文章構成することにより、相手敬意を払って発現していることを示す表現方法である。

です

助動[でしょ|でし|です|です|○|○]体言副詞形容詞一部助動詞連体形助詞「の」に付く。「である」「だ」の丁寧表現で、相手に対して改まった気持ちを表す

断定の意を表す。「バター栄養価の高い食品です

「その少女(むすめ)はなかなかの美人でした」〈独歩牛肉と馬鈴薯

(「なのです」「のです(んです)」の形で説明する意または強く決意表明する意を表す。「かれが犯人なのです」「正しいと考えたからしたです

間投助詞風に用いて語調強める意を表す。「そのことですね、さっきから説明しているじゃないですか」

やや卑俗みを帯びた丁寧の意や尊大な気持ちを表す

爰元(ここもと)にかくれもな大名です」〈虎明狂・秀句傘

[補説] 未然形活用語終止形にも直接付く。3終止形だけにみられる用法で、各種のに付く。「です」の語源については、「で候」「でおはす」「でございます」「であります」など諸説ある。「です」は室町時代以降の語で、能・狂言では、大名奏者鬼・山伏などの名のり言葉で近世では、男伊達(おとこだて)・遊女など限られた人物特殊な場面多く用いられる言葉であった。一般に丁寧語として使われ、諸活用形用いようになったのは江戸末期明治期になってからである


デス【death】

読み方:です

死。また、死んだ状態。「—マスク」「サドン—」


デス【DES】


です

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 03:49 UTC 版)

発音(?)

例外的に文末おいても母音無声化生じる。文末外で基本的な規則準じる。この語で言い切るもので、疑問文方言語尾上げて発音する場合母音はっきりと発音される

助動詞

です

  1. 「だ」の丁寧語名詞用言および用言準ずるもの一部助詞接続する。「だ」と同様用言連体形に「の」または「ん」を伴う形で接続することができるが、形容詞形容詞的助動詞連体形形容動詞形容動詞助動詞語幹には「の」「ん」を伴わずにもつく。
    1. 断定の意を表す。
    2. 述部動詞形容詞または動詞接尾辞する省略した文において、代わりに名詞述語文成立させるために用い丁寧な助動詞。この構造はうなぎ文と呼ばれる
    3. 会話などにおける疑問文文末について、疑問語気を表す丁寧語
  2. (口語, 文頭) そうですよねなどと共に用いるか、「でしょ(う)」などの形で用いる。
    • ですよね。
    • でしたかね。

活用

未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用
でしょ でし です (です) 特殊型

派生語

参照

  • ます

助詞

  1. (文節後で) 文中ポーズを示すと共に用いる。
    • それがですね、[…]

「です」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「です」に関係したコラム

  • 株式相場のアノマリー

    株式相場のアノマリーとは、日本の経済や景気、企業の業績などとは関係なく起きる、理屈の上では説明のつかない株価の変動のことです。次は株式相場のアノマリーの一例です。▼1月の株高正月休みを終えて再び機関投...

  • FXやCFDの標準偏差チャネルとは

    FXやCFDの標準偏差チャネルとは、線形回帰線から一定の標準偏差分を乖離した直線のことです。標準偏差チャネルは、線形回帰線からプラスに乖離した直線と、マイナスに乖離した直線の2本の線を描画します。下の...

  • 株式のインターネット取引ができる証券会社の一覧

    株式のインターネット取引ができる証券会社の一覧です。次の表は、2012年6月現在の日本国内のネット証券の一覧です。ネット証券は、インターネットを通じて株式の売買が行える証券会社のことです。一般的には、...

  • 株式相場で用いられる高値、安値とは

    株式相場で用いられる高値とは、ある期間での一番高かった株価のことです。また、安値は、一番安かった株価のことです。また、高値、安値を付けた日は大商いの取引になったり、相場の転換点であったりすることがあり...

  • ETFや株式の取引の際に必要な費用は

    ETFや株式の取引をするために証券会社に口座を開設した際や取引の際にはさまざまな費用がかかります。ここでは、どのような費用があるのかをまとめてみました。▼取引手数料ETFや株式を売買した時に発生する費...

  • FXやCFDの平均足スムースドとは

    FXやCFDの平均足スムースドとは、平均足を平滑化したローソク足のことです。平均足は通常のローソク足よりも平滑化されたように見えますが、平均足スムースドではさらに平滑化されたローソク足の並びになります...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ですのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ですのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのです (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS