ですかとは? わかりやすく解説

ですか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 04:08 UTC 版)

ですかは、高知県内の路面電車バス等で使用できる乗車カードの名称、および同カードの運営を行う会社(株式会社ですか)。


  1. ^ a b c 株式会社ですか 第14期決算公告
  2. ^ 高知県交通サイト内「お知らせ」より
  3. ^ 土佐電気鉄道・高知県交通・土佐電ドリームサービスの3社が2014年10月1日に事業統合して発足した会社
  4. ^ 高知新聞『来年1月稼動 土電、県交の共通カード「ですか」』[リンク切れ]
  5. ^ 高知大丸・ひろめ広場の2カ所にて(「ICカードですか」オープニング記念カード発売!! Archived 2009年2月28日, at the Wayback Machine. - ですか社サイトより)
  6. ^ 高知の交通ICカード「ですか」10万枚超 全国共通化は困難”. 高知新聞社 (2016年9月17日). 2016年9月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月19日閲覧。
  7. ^ 初回と2回目乗車時は190円(均一区間料金)、3回目120円となり4回目以降0円となる。乗り放題の500円に達した時と乗り放題となった状態の降車リーダーの音は通常と異なる。
  8. ^ 共通カード導入へ JR四国など3社”. 四国新聞社 (2002年2月26日). 2009年8月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月4日閲覧。
  9. ^ JR四国. “各種お問い合わせ(駅の設備について)”. 2011年10月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年12月20日閲覧。
  10. ^ JR四国社長に泉氏、ICカードや列車高速化、時速200キロめざす。日本経済新聞2010年5月26日(リンクは日経Shopbizへの転載)
  11. ^ JR四国香川県内13駅でのICカード乗車券「ICOCA」導入について Archived 2013年12月21日, at the Wayback Machine. 四国旅客鉄道プレスリリース 2012年7月30日
  12. ^ JR四国、「ICOCA」利用駅を13駅に拡大 ‐ 日本経済新聞、2012年7月30日
  13. ^ 高橋恵一・土井健司・豊嶋以長「地域ICカードの利用実態と市場動向-ガラパゴス化する四国のICカード (PDF, 440 KiB) 」 - 第39回土木計画学研究発表会資料(2009年6月)
  14. ^ 交通系ICカードの普及・利便性拡大に向けた検討会 とりまとめの公表について”. 国土交通省 (2015年7月15日). 2016年1月31日閲覧。
  15. ^ IruCaエリアにおける交通系ICカードのご利用開始日について - 高松琴平電気鉄道・西日本旅客鉄道プレスリリース(2018年1月22日)
  16. ^ 交通系ICカード乗車券の全国相互利用サービスエリア拡大について - ことでんグループ


「ですか」の続きの解説一覧

「ですか」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ですか」の関連用語

ですかのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ですかのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのですか (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS