イ音便とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 音便 > イ音便の意味・解説 

い‐おんびん【イ音便】

読み方:いおんびん

音便の一。語中語尾キ・ギ・シ、まれにはリ・テが、イになる現象。「書きて」が「書いて」、「漕(こ)ぎて」が「漕いで」、「渡して」が「渡いて」、「ござります」が「ございます」、「たてまつる」が「たいまつる」になる類。平安初期に発生以後多くなった。


イ音便

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 06:04 UTC 版)

音便」の記事における「イ音便」の解説

「イ」音に変化する音便をイ音便(イおんびん)という。 標準語では、カ行ガ行(すなわち「キ」「ギ」)において生じる。 ガ行の場合には後続音の濁音化をともなっている。 「月-立ちツキタチツイタチ朔日」 「埼玉サキタマサイタマ 「次手」 ツギテツイデ 「ついで」 五段動詞四段動詞)のテ・タ形に現れるほか、形容詞の連体形古語連体形現代語終止形成った)にも現れる。 「咲き-て」 サキテ → サイテ 「咲いて」 「急ぎ-て」 イソギテ → イソイデ 「急いで」 「高きタカキタカイ久しき」 ヒサシキ → ヒサシイ 方言として、中部地方以西各地で、「‡ホカシテ → ホカイテ」(捨てて)のように、サ行五段動詞のイ音便化を行う場合がある土佐弁では「‡ドウシテ → ドウイテ」「‡アシタアイタのごとく活用しない語幹中にもサ行イ音便が多発する。 また西日本各地で、「‡セズテ → センデ → セイデ」(しないで)のように、否定助動詞「ず」の連用形撥音便経てさらにイ音便化する場合がある

※この「イ音便」の解説は、「音便」の解説の一部です。
「イ音便」を含む「音便」の記事については、「音便」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イ音便」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「イ音便」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



イ音便と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イ音便のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イ音便のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの音便 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS