撥音便とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 音便 > 撥音便の意味・解説 

はつ‐おんびん【×撥音便】

読み方:はつおんびん

音便の一。主に活用語連用形語尾の「に」「み」「び」が「て」「た」「たり」などの語に連なるとき、撥音「ん」となること。「死んで(←死にて)」「読んだ(←読みた)」「学んだり(←学びたり)」の類。広義には名詞語中見られる現象についてもいう。「簪(かみさしかんざし)」「残んの(のこりのゆき→のこんのゆき)」の類。→イ音便ウ音便促音便


撥音便

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 06:04 UTC 版)

音便」の記事における「撥音便」の解説

詳細は「ん」を参照 「ン」音に変化する音便を撥音便(はつおんびん)という。撥音便は語末には立たず、必ず後続音を必要とする。 なお、「ん」の字発明され普及したのは近世以降であり、したがって、それ以前文献に撥音便が現れる場合は、「む」と表記されるか、あるいは撥音無視して書かれていることに注意が必要である。 「ひむかしヒンガシ)」 「ふむた(フンダ)」 「はへなり(ハベンナリ)」 「さへきなめり(サンベキナンメリ)」など。

※この「撥音便」の解説は、「音便」の解説の一部です。
「撥音便」を含む「音便」の記事については、「音便」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「撥音便」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



撥音便と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「撥音便」の関連用語

撥音便のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



撥音便のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの音便 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS