メンコとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > メンコの意味・解説 

面子

読み方:メンコ(menko

子どもの玩具の一


面子

読み方:メンコ(menko

江戸時代中頃から流行した児童遊戯具。


メンコ

馬の覆面のこと。一般に耳おおいがついたもの使い、音に驚いたり、砂をかぶるのを嫌がる馬に使う。
メンコ


メンコ

名前 Manco

めんこ

(メンコ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/15 22:52 UTC 版)

めんこ(面子)とは、日本子供の遊びで使われる玩具の一つ。めんこの語源は「小さな面」、つまり面子の意味である。めんこは、日本の昭和30年代においては、めんち、ぱんす、ぱっちんとも呼ばれていた[1]


  1. ^ 進藤 進 「メンコの歴史、思い出」『多摩のあゆみ』101号、たましん地域文化財団、2001年2月、55-63頁、ISBN なし
  2. ^ 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、65頁。
  3. ^ a b 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、14頁。
  4. ^ a b 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、38頁。
  5. ^ 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、15頁。
  6. ^ a b 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、35頁。
  7. ^ 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、67頁。
  8. ^ 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、71頁。
  9. ^ a b 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、55頁。
  10. ^ 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、56頁。
  11. ^ 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、57頁。
  12. ^ 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、71頁。
  13. ^ 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、72頁。
  14. ^ a b c 加藤理『めんこの文化史』久山社、1996年、75頁。
  15. ^ 妖怪ウォッチ マルメンコレクション』(エンスカイ)のように別の作品から類似のシステムを流用する場合が多い。
  16. ^ 爆転シュート ベイブレードとのタイアップ商品。
  17. ^ 同じ販売元タカラトミー爆転シュート ベイブレード同様に、パーツを組み合わせて強化改造を可能としたもの。そのために本体はプラスチック製となっている。
  18. ^ TBS系列の番組『筋肉番付』とのタイアップ商品。イメージキャラクターにケイン・コスギを採用している。
  19. ^ 専用のプロテクタなどを装備するなど、番組の仕様に合わせてルール改変がなされている。
  20. ^ 煽(あふ)るという表現がある。
  21. ^ もしくは下に潜り込んで突き刺さる場合も同じく数えられる。
  22. ^ 宮城県「パッツ」 Archived 2011年3月20日, at the Wayback Machine.(東北7県ブロックネット週刊ことばマガジン』2005年12月24日)


「めんこ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メンコ」の関連用語

メンコのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



メンコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JRAJRA
Copyright 2019 Japan Racing Association.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのめんこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS