ダニとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 害虫 > ダニ > ダニの意味・解説 

だ‐に

連語断定の助動詞「だ」+接続助詞「に」》

終助詞的に用いて)軽い感動の意を添える。…だからなあ。…なのになあ。

「恰(ちょう)ど仕立物に掛ったとこ—」〈逍遥内地雑居未来之夢〉

逆接的な接続を表す。…なのに。

「あれは夏あるくもん—霜枯には珍らしいの」〈滑・浮世床・初〉

順接的な接続を表す。…だから。

久しぶり—、ちょっと参らうかと思ひやす」〈洒・辰巳之園


だに

[副助]名詞活用語連体形連用形副詞助詞に付く。

仮定意志願望命令などの表現を下に伴って取り上げ事柄最小限であることを強く示す。せめて…だけでも。

「ここに心にもあらでかくまかるに、昇らむを—見送り給へ」〈竹取〉

軽い事柄をあげて他のより重い事柄のあることを類推させる意を表す。…さえも。…でさえ。…だって。

消息(せうそこ)を—言ふべくもあらぬ女のあたり(=身辺)を思ひける」〈伊勢七三

[補説] 上代では1が主で、2は「すら」の領域であったが、平安時代には多く打消し表現呼応する形で「すら」の領域をも兼ねようになったまた、平安時代の末ごろからは添加の意の「さへ」に近い用法も現れ室町時代には2の用法は「さへ」が代用するようになった


だに【壁蝨/×蜱/×蟎】

古くは「たに」とも》

ダニ目節足動物総称。体は頭・胸・腹の区別がない楕円形で、ふつう歩脚は四対。種類多く人畜について血を吸うイエダニ・ツツガムシなどのほか、食料品につくコナダニ・ホコリダニ、農作物加害するハダニなど有害なものが知られるが、無害な種類のほうがはるかに多い。

自分では働かず、ゆすり・たかりで暮らす嫌われ者。「街の—」

[補説] 「蟎」は国字


だ‐に【駄荷】

馬に負わせた荷物

「—のつづらを幸と」〈浄・伊賀越


壁蝨

読み方:ダニ(dani

丸い、ごく小型


ダニ

英訳・(英)同義/類義語:mite

生物の分類で、節足動物門ダニ目属す動物総称土壌中や動植物への寄生種など極めて種類多く疾患媒介したりアレルギー原因になるなど、人間の生活にもさまざまな関わりを持つ。

壁蝨

読み方:ダニ(dani

蛛形類ダニ目属す節足動物総称


駄荷

読み方:ダニ(dani

駄馬の運ぶ荷物


ダニ

小児ぜん息8090%はダニ(チリダニ)が原因といわれている。小児ぜん息が増えてきた背景には、家屋構造気密化、生活様式洋風化によるダニの増殖関与するともいわれている。→チリダニ参照

ダニ

室内塵は、通年アレルギー疾患原因アレルゲンとしてはもっとも多いが、その中で主役ヒョウヒダニヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニ)である。体長は0.3~0.8ミリ寝具、畳、カーペットソファーなどにしている。ダニは25湿度75%で最も良く生育するので6~8月ごろに繁殖し、秋になり死ダニが増加する。ダニのアレルゲンは、排泄物と体成分にあり、室内環境から除去することが症状軽減につながる。室内塵グラム中のダニ数を500以下に維持すれば発作予防でき、100以下なら感作もされない。

読み方:ダニ(dani

ダニ目属す陸生動物総称


壁蝨

読み方:ダニ(dani

ダニ目属す陸生動物総称


ダニ

名前 DaniDhani

読み方:ダニ(dani

ダニ目節足動物。人や動物についてその血を吸ったりする

季節

分類 動物


壁蝨

読み方:ダニ(dani

ダニ目節足動物。人や動物についてその血を吸ったりする

季節

分類 動物


読み方:ダニ(dani

ダニ目節足動物。人や動物についてその血を吸ったりする

季節

分類 動物


ダニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 14:40 UTC 版)

ダニ(ダニ類、壁蝨、蜱、蟎、螕)は、鋏角亜門クモガタ綱ダニ亜綱(またはダニ目、学名:Acari)に属する節足動物の総称。小型の動物で、体長1mm以下のものも多い。


  1. ^ William Elford Leach (1790-1836) zoologist or Edwin S. Leach (1878-1971)
  2. ^ Zhang (2013)
  3. ^ 島野・高久 (2016)
  4. ^ a b Sharma, Prashant P.; Kaluziak, Stefan T.; Pérez-Porro, Alicia R.; González, Vanessa L.; Hormiga, Gustavo; Wheeler, Ward C.; Giribet, Gonzalo (2014-11-01). “Phylogenomic Interrogation of Arachnida Reveals Systemic Conflicts in Phylogenetic Signal” (英語). Molecular Biology and Evolution 31 (11): 2963–2984. doi:10.1093/molbev/msu235. ISSN 0737-4038. https://academic.oup.com/mbe/article/31/11/2963/2925668. 
  5. ^ a b Lozano-Fernandez, Jesus; Tanner, Alastair R.; Giacomelli, Mattia; Carton, Robert; Vinther, Jakob; Edgecombe, Gregory D.; Pisani, Davide (2019-05-24). “Increasing species sampling in chelicerate genomic-scale datasets provides support for monophyly of Acari and Arachnida” (英語). Nature Communications 10 (1): 1–8. doi:10.1038/s41467-019-10244-7. ISSN 2041-1723. https://www.nature.com/articles/s41467-019-10244-7. 
  6. ^ 青木(1968)p.14
  7. ^ 尚学図書編、『日本方言大辞典』、小学館、1989年
  8. ^ 『広辞苑』五版
  9. ^ 以下、主として内田監修 (1966), p142-149、および石川編 (2008), p.140-142
  10. ^ スティーヴン・ジェイ・グールド『パンダの親指 上―進化論再考』(早川書房、1996年)pp.105-107. ISBN 978-4-150-50206-5
  11. ^ 島野 (2015)
  12. ^ Drew, WL (1994), “Rickettsia, Coxiella, Erlichia, and Rochalimaea”, in Ryan, KJ et al, Sherris Medical Microbiology, Stamford: Appleton & Lange, pp. 431-438, ISBN 0838585418 
  13. ^ Plorde, JJ (1994), “Spirochetes”, in Ryan, KJ et al, Sherris Medical Microbiology, Stamford: Appleton & Lange, pp. 385-400, ISBN 0838585418 
  14. ^ 日本にもいる! 中国「殺人ダニ」衝撃度…33人死亡 ZAKZAK 2010.10.02
  15. ^ 智之, 島野「ダニ類の高次分類体系の改訂について-高次分類群の一部の和名改称を含む-」『日本ダニ学会誌』第27巻第2号、2018年、 51–68、 doi:10.2300/acari.27.51


「ダニ」の続きの解説一覧

ダニ

出典:『Wiktionary』 (2020/03/21 07:57 UTC 版)

名詞

ダニ, ,

  1. ダニ目蜘蛛形類総称

翻訳




ダニと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダニ」の関連用語

ダニのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ダニのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
環境再生保全機構環境再生保全機構
Copyright, 2021 Environmental Restoration and Conservation Agency. All rights Reserved.
リウマチ・アレルギー情報センターリウマチ・アレルギー情報センター
Copyright (c) 2021 The Rheumatism & Allergy Information Center All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのダニ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS