グロブリンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > タンパク質 > グロブリンの意味・解説 

ガンマグロブリン [0] 【 γ-globulin】

血清含まれるグロブリンの一種伝染性疾患などで増量する。免疫の際に生ず抗体大部分この成分中に含まれる重症感染症治療に用いられる。 → グロブリン

グロブリン [0] 【globulin】

には溶けないが,希酸・希アルカリまたは中性塩類には溶ける一群単純タンパク質総称動植物広く分布する。血清中のグロブリンには免疫グロブリンとして抗体構造をもつものがある

グロブリン

英訳・(英)同義/類義語:globulin

古典的タンパク質総称で、元々は硫酸アンモニウムによる塩析対す挙動分けられていた。免疫グロブリンなど。

グロブリン ( globulin )

血漿中に含まれているタンパク成分のこと。とくに免疫機能と深い関わり持っているγ‐グロブリンのことを免疫グロブリンIG)といい、体外から侵入した異物に対し、抗体をつくる主役となっています。免疫グロブリンにはG・M・AD・Eの5つの型があり、それぞれ細菌などの撲滅アレルギー反応などと密接な関係を持っています。

グロブリン [Globulin]

 血漿(血液血球以外の部分)やその他の体液中に含まれているタンパク質の1群で、血漿ではタンパク質の約60%を占めている。残りアルブミン(albumin)が約40%で、そのほかフィブリノーゲン(fibrinogen)などである。グロブリンは電気泳動的にα-(α1,α2)、β-、γ-グロブリン分けられ、いずれも糖タンパク質であるが単一成分ではない。
生体防御仕組みの内、液性免疫に関係する抗体γ-グロブリン画分である。抗体とそれに構造機能上関連があるタンパク質免疫グロブリン(immunoglobulin)という。免疫グロブリンには正常のγ-グロブリンをはじめ、骨髄腫タンパク質β2-ミクログロブリン(microglobulin)などもある。免疫グロブリン円口類(ヤツメウナギなど)や魚類から哺乳類まで全ての脊椎動物体液中に存在し、リンパ系細胞によってつくられる。これらは物理・化学的あるいは免疫学的には一般にIgG,IgM,IgA,IgD,IgEの5種類があるが、下等脊椎動物では未分化IgM主体である。それらの基本構造分子量大きH鎖(5-7)と分子量がより小さL鎖(2.3)から成っている。

グロブリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/18 07:23 UTC 版)

グロブリン (英語: Globulin) は、古くは 水に不溶で,希アルカリ性または中性の塩類溶液に溶ける単純タンパク質の一群の総称であった(標準化学用語辞典(丸善)第2版 https://www.chem-reference.com/searchmain.php 2017年7月1日閲覧)。動植物に広く存在するタンパク質を、グロブリンが硫酸アンモニウム半飽和水溶液で沈殿するのに対し、アルブミンは沈殿しないもの、と二大別していたことによる。血清グロブリン(血漿由来),オボグロブリン(卵白由来)、ラクトグロブリン(哺乳類の乳汁由来)などのほかに、植物性グロブリンがある。 現在では、血清アルブミンフィブリノゲンと並ぶ血漿タンパクのグロブリンをさすことが多い。アルブミンと比べて水に溶けにくく、血清電気泳動においても、等電点がアルブミンよりも高いため移動しにくい。




「グロブリン」の続きの解説一覧



グロブリンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グロブリン」の関連用語

グロブリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



グロブリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
e-血液.come-血液.com
Copyright 2019(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2019 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグロブリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS