原核生物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 生物 > 原核生物の意味・解説 

げんかく‐せいぶつ【原核生物】


原核生物

英訳・(英)同義/類義語:prokaryote, procaryote

細菌のように、細胞内持たない生物を持つ生物真核生物という。, 細菌のように、細胞内持たない細胞を持つ細胞真核細胞という。

原核細胞

同義/類義語:原核生物
英訳・(英)同義/類義語:procaryotic cell, prokaryotic cell

細菌のように、細胞内持たない細胞を持つ細胞真核細胞という。

原核生物 [Procaryote(s)]


原核生物(げんかくせいぶつ)

DNA核膜包まれていない下等微生物をいう。細菌は原核生物である。

原核生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 03:38 UTC 版)

原核生物(げんかくせいぶつ、ラテン語: Prokaryota プローカリオータ英語: Prokaryote プロカリオート)とは、細胞内にDNAを包む核(細胞核)を持たない生物のこと。すべて単細胞生物




「原核生物」の続きの解説一覧

原核生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 14:05 UTC 版)

Judicial Opinion 15によって、以下の例外認められている。

※この「原核生物」の解説は、「科 (分類学)」の解説の一部です。» 「科 (分類学)」の概要を見る


原核生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/04 05:17 UTC 版)

細菌ポリソームではリボソーム二列並んだ構造形成されることが知られている。この配置では、リボソーム小サブユニットを介して互いに接触するこうした二列構造一般的に正弦波型(sinusoidal、もしくはジグザグ型)またはらせん型(3-D helical)の経路をとる。正弦波構造では、小サブユニット間には"top-to-top"型と"top-to-bottom"型の2つのタイプ接触みられる。らせん型構造では、"top-to-top"型の接触のみが観察されるポリソーム古細菌にも存在するが、その構造については多く未解明である。

※この「原核生物」の解説は、「ポリソーム」の解説の一部です。» 「ポリソーム」の概要を見る


原核生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 05:17 UTC 版)

真核生物比較して、原核生物のタンパク質UBLとの系統学関係性限られたものである放線菌一部にはPup英語版)(prokaryotic ubiquitin-like protein)と呼ばれるタンパク質存在しており、プロテアソームによる分解のためにタンパク質標識する点でユビキチン機能的に類似しているしかしながら、これらは天然変性タンパク質であり、UBLとの進化的関係性は不明である近年では一部グラム陰性菌系統でもUBact(英語版)と呼ばれる同様のタンパク質記載されている対照的にテルムス属Thermus細菌にはTtuBと呼ばれる真核生物UBL共通したβ-graspフォールドを持つタンパク質存在する。TtuBは硫黄のキャリアタンパク質と、タンパク質共有結合修飾という二重の機能を持つことが報告されている。古細菌では、SAMPsmall archaeal modifier protein)と呼ばれるβ-graspフォールドタンパク質が存在しタンパク質分解においてユビキチン似た役割果たしていることが示されている。2011年同定された未培養古細菌では真核生物ユビキチン経路対応すると思われる完全な遺伝子セット同定されており、ユーリアーキオータ、クレンアーキオータ、アイグアーキオータ(英語版)の少なくとも3つの系統には同様のシステム存在する考えられている。さらに、一部病原性細菌真核生物UBL経路模倣するタンパク質進化させており、宿主細胞UBL相互作用してシグナル伝達機能干渉する

※この「原核生物」の解説は、「ユビキチン様タンパク質」の解説の一部です。» 「ユビキチン様タンパク質」の概要を見る


原核生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/19 05:08 UTC 版)

バクテリア(およびおそらく他の原核生物)は、バクテリオファージ等の病原体から身を守る為に制限修飾系呼ばれる独自の防御機構利用している。このシステムでは、バクテリア制限酵素呼ばれる酵素産生し侵入してきたバクテリオファージウイルスDNA特定領域攻撃して破壊する宿主自身のDNAメチル化する事で、「自己」である事を示しエンドヌクレアーゼによる攻撃を防ぐ事が出来る。制限酵素制限修飾系は、原核生物にのみ存在する

※この「原核生物」の解説は、「自然免疫系」の解説の一部です。» 「自然免疫系」の概要を見る


原核生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 15:57 UTC 版)

原核生物における非相同組換えによる遺伝子配列変異真核生物とは異なる形行われるが、その1つが欠失である。欠失変異では、非相同組換えによって遺伝子配列連続した断片除去されるこうした変異ファージ誘発後に高頻度生じる。原核生物における非相同組換え他の形態は、ゲノム重複変異である。この場合、親ゲノム一部ゲノム複数回挿入される。この重複変異相同性基づかず行われるため、元の断片と同じ向き挿入される場合反対向きに挿入される場合もある。

※この「原核生物」の解説は、「非相同組換え」の解説の一部です。» 「非相同組換え」の概要を見る


原核生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 16:40 UTC 版)

原核生物では、コリプレッサーという語はリプレッサータンパク質活性化するリガンドに対して用いられる例えば、大腸菌Escherichia coliのトリプトファンリプレッサー(英語版)(TrpR)は、コリプレッサーであるトリプトファン結合した時にのみDNA結合しtrpオペロン英語版)の転写抑制することができる。トリプトファン結合していないTrpRはアポリプレッサーと呼ばれ遺伝子転写抑制する活性はない。trpオペロントリプトファン合成を担う酵素コードしている。そのため、TrpRはトリプトファン生合成調節するネガティブフィードバック機構構成する。すなわち、トリプトファン自身の生合成コリプレッサーとして作用する

※この「原核生物」の解説は、「コリプレッサー」の解説の一部です。» 「コリプレッサー」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

原核生物

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 09:21 UTC 版)

名詞

原核生物 げんかくせいぶつ

  1. もたない生物真正細菌古細菌を含む。

関連語

翻訳


「原核生物」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



原核生物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

原核生物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



原核生物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2022 Fumiaki Taguchi
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2022 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原核生物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの科 (分類学) (改訂履歴)、ポリソーム (改訂履歴)、ユビキチン様タンパク質 (改訂履歴)、自然免疫系 (改訂履歴)、非相同組換え (改訂履歴)、コリプレッサー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの原核生物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS