リボソームとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 細胞 > リボソーム > リボソームの意味・解説 

リボソーム

細胞活動大部分占めるのがタンパク質合成である。リボソームはタンパク質合成を担う巨大複合体である。

タンパク質合成は、たくさんの分子を必要とする複雑なプロセスで、DNADNAポリメラーゼRNAポリメラーゼ、リプレッサーホスト、DNA修復酵素・トポイソメラーゼ・ヒストン、tRNAアシルtRNAシンテターゼ分子シャペロンなどの分子がかかわる。

大サブユニット

大サブユニットはリボソームの活性部位を持つサブユニットで、ペプチド結合形成を行う。本体は2本のRNA鎖で、その表面複数タンパク質結合しているリボザイムである。小サブユニットによってtRNA配置されると、tRNA上のアミノ酸ペプチド鎖に転移してペプチド鎖を延長していく。

リボソーム
1S1I - Ribosome
Structure Of The Ribosomal 80s-Eef2-Sordarin Complex From Yeast Obtained By Docking Atomic Models For Rna And Protein Components Into A 11.7 A Cryo-Em Map. This File, 1s1i, Contains 60s Subunit. The 40s Ribosomal Subunit Is In File 1s1h

小サブユニット

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


リボソーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/24 13:37 UTC 版)

リボソームまたはリボゾーム: ribosome; ライボソーム)は、あらゆる生物細胞内に存在する構造であり、粗面小胞体 (rER) に付着している膜結合リボソームと細胞質中に存在する遊離リボソームがある。mRNA遺伝情報を読み取ってタンパク質へと変換する機構である翻訳が行われる場である。大小2つのサブユニットから成り、これらはタンパク質(リボソームタンパク、ribosomal protein)とRNAリボソームRNA、rRNA; ribosomal RNA)の複合体である。細胞小器官に分類される場合もある。2000年X線構造解析により立体構造が決定された。




  1. ^ Schluenzen F, Tocilj A, Zarivach R, Harms J, Gluehmann M, Janell D, Bashan A, Bartels H, Agmon I, Franceschi F, Yonath A (2000). “Structure of functionally activated small ribosomal subunit at 3.3 angstroms resolution”. Cell 102 (5): 615-23. doi:10.1016/S0092-8674(00)00084-2. PMID 11007480. 
  2. ^ Ban N, Nissen P, Hansen J, Moore P, Steitz T (2000). “The complete atomic structure of the large ribosomal subunit at 2.4 A resolution”. Science 289 (5481): 905–20. doi:10.1126/science.289.5481.905. PMID 10937989. 
  3. ^ a b c James D. Watson, T. A. Baker, S. P. Bell他 『ワトソン 遺伝子の分子生物学【第5版】』 中村桂子 監訳、東京電機大学出版局、2006年3月、p.423-430
  4. ^ Bruce Alberts, Dennis Bray, Karen Hopkin他 『Essential 細胞生物学(原書第2版)』 中村桂子・松原謙一 監訳、南江堂、2005年9月、p.251-252


「リボソーム」の続きの解説一覧



リボソームと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リボソーム」の関連用語

リボソームのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リボソームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリボソーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS