先体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > 器官 > 先体の意味・解説 

せん たい [0] 【先体】

動物精子頭部先端にある小器官。卵表面特定の物質によって著し形態変化起こし精子を卵表へ接着させて精核を卵内へ導く。硬骨魚類には見られない。

先体

同義/類義語:ライシン
英訳・(英)同義/類義語:acrosome, lysin

動物精子先端見られる部分で、加水分解酵素分泌する先体胞を含む。

先体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/13 01:24 UTC 版)

先体(せんたい、: acrosome)は、精子核の周囲を帽子状に取り囲むものであり、精子細胞(en:Spermatid)が精子に変形する過程において、ゴルジ装置から作られた袋状の構造物。尖体とも呼ばれる。先体内には脂質糖タンパク質複合体の先体物質(ヒアルロニダーゼ(en:Hyaluronidase)、アクロシン(en:Acrosin))が含まれている。先体反応を起こし、卵子内に侵入する。






「先体」の続きの解説一覧



先体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「先体」の関連用語

先体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



先体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの先体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS