藍藻とは?

ラン藻

同義/類義語:藍藻, シアノバクテリア, ラン色細菌
英訳・(英)同義/類義語:blue-green algae, cyanobacteria

光合成細菌一種で、ゲノムの全構造決定されている。
「生物学用語辞典」の他の用語
生物の名前総称など:  モルモット  ヤゴ  ラット  ラン藻  λファージ  亜綱  亜種

藍藻 [Blue-green algae,Cyanobacteria,Cyanophyceae]

 光合成を営む原核生物で、藍藻門、藍藻綱構成する。世界で約7,500種が知られ、原核細胞であることから広い意味で細菌類似し、藍色細菌(藍菌: Cyanobacteria)とよばれるようになった葉緑素クロロフィル aをもち、酸素発生型の光合成を行うので、一般植物の原形考えられるが、細胞内には真核生物細胞みられる葉緑体ミトコンドリア存在せず、細胞中央部繊維状のDNA存在し、その周りにはクロロフィル aを含む一つチラコイド膜散在する。チラコイド膜にはフィコビリゾーム(フィコビリンを含む)が並んでいる。ある種の藍藻では細胞質ガス胞が充満する。細胞壁多重構造で、外層ペクチンムコ多糖で、内層グラム陰性菌細胞壁同様にリポタンパク質構成され、ムラミン酸(一般細菌と同様)などが含まれている。さらに、細胞壁外側は鞘で覆われている。鞭毛をもたないが、多糖質を分泌して運動するものもある。
広く淡水汽水海水生息し、中には陸上では土壌樹皮状、温泉などに生息する種もある。細胞無性生殖増殖し、単独で生活しているものや連結して群体糸状体になるものもある。藍藻はほかの動植物細胞入りこみ、宿主光合成産物を提供して共生関係にある場合もある。したがって、高等植物葉緑体起源が藍藻の祖先共生にあるという説もある。わが国ではスイゼンジノリやハッサイ(髪菜)と称して食用にしている地方もある。一方アナベナなど麻痺貝毒原因となる数種の藍藻、"緑潮"や"青粉"のように水質の異常現象原因になる有害な藍藻もある。

藍藻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/21 15:45 UTC 版)

藍藻(らんそう、blue-green algae)または、藍色細菌(らんしょくさいきん、cyanobacteria)は、光合成によって酸素を生み出す酸素発生型光合成細菌である。 単細胞で浮遊するもの、少数細胞の集団を作るもの、糸状に細胞が並んだ構造を持つものなどがある。ネンジュモなどの一部のものは寒天質に包まれて肉眼的な集団を形成する。


  1. ^ Life History and Ecology of Cyanobacteria”. University of California Museum of Paleontology. 2018年10月2日閲覧。
  2. ^ Taxonomy Browser - Cyanobacteria”. National Center for Biotechnology Information. 2018年10月2日閲覧。
  3. ^ http://www.pasteur.fr/ip/easysite/go/03b-000012-00g/research/collections/crbip/general-informations-concerning-the-collections/iv-the-open-collections/iv-iii-pasteur-culture-collection-of-cyanobacteria
  4. ^ B.A. Whitton and M. Potts, eds (1999), The Ecology of Cyanobacteria, Kluwer Acaemic, ISBN 0-09-941464-3 
  5. ^ R.A. Lewin (1976). “Prochlorophyta as a proposed new division of algae”. Nature 261: 697-8. 
  6. ^ Cavalier-Smith T (2006). “Rooting the tree of life by transition analyses”. Biol. Direct 1: 19. doi:10.1186/1745-6150-1-19. PMC 1586193. PMID 16834776. http://www.biology-direct.com/content/1//19. 
  7. ^ Gupta, R. S. (2006年). “Phylogeny of Bacteria- Is it a Tangled Web or Can this be Reliably Resolved?” (英語). 2008年12月20日閲覧。
  8. ^ Battistuzzi FU, Hedges SB (2009). "A major clade of prokaryotes with ancient adaptations to life on land". Mol. Biol. Evol. 26 (2): 335–43. doi:10.1093/molbev/msn247. PMID 18988685. http://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/full/26/2/335.
  9. ^ Shih, P.M., et al. (2017). “Crown group Oxyphotobacteria postdate the rise of oxygen”. Geobiology. 15 (1). doi:10.1111/gbi.12200. PMID 27392323. 
  10. ^ a b Soo, R.M., et al. (2017). “On the origins of oxygenic photosynthesis and aerobic respiration in Cyanobacteria”. Science 355 (6332): 1436-1440. doi:10.1126/science.aal3794. 
  11. ^ http://genome.kazusa.or.jp/cyanobase/
  12. ^ 渡辺真利代; 原田健一; 藤木博太編 『アオコ ― その出現と毒素』 東京大学出版会、1994年、257頁。ISBN 4-13-066152-3 
  13. ^ Jensen, Gitte S.; Ginsberg, Donald I.; Drapeau, Christian (Winter 2001). “Blue-Green Algae as an Immuno-Enhancer and Biomodulator”. JANA 3 (4): 24–30. 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「藍藻」の関連用語

藍藻のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



藍藻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2019 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの藍藻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS