ルビスコとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > ルビスコの意味・解説 

リブロース1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼ/オキシゲナーゼ

(ルビスコ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/19 23:35 UTC 版)

リブロース-1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼ/オキシゲナーゼ (ribulose-1,5-bisphosphate carboxylase/oxygenase) はカルビン - ベンソン回路において炭酸固定反応に関与する唯一の酵素である(EC番号は 4.1.1.39)。リブロース1,5-ビスリン酸に二酸化炭素を固定し2分子の3-ホスホグリセリン酸を生成する反応を触媒する。植物に大量に含まれ、地球上で最も多いタンパク質ともいわれる。具体的にはホウレンソウの葉の可溶性タンパク質の5-10%は本酵素に占められる。




  1. ^ Andrews, T. J.; Whitney, S. M. (2003). "Manipulating ribulose bisphosphate carboxylase/oxygenase in the chloroplasts of higher plants." Arch. Biochem. Biophys. 414: 159–169. PMID 12781767.
  2. ^ Parikh, M. R.; Greene, D. N.; Woods, K. K.; Matsumura, I. (2006). "Directed evolution of RuBisCO hypermorphs through genetic selection in engineered E.coli." Protein Eng. Des. Sel. 19: 113-119. PMID 16423843.


「リブロース1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼ/オキシゲナーゼ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルビスコ」の関連用語

ルビスコのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ルビスコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリブロース1,5-ビスリン酸カルボキシラーゼ/オキシゲナーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS