トランスケトラーゼとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > トランス > トランスケトラーゼの意味・解説 

トランスケトラーゼ

英訳・(英)同義/類義語:transketolase

フルクトース6リン酸合成する糖代謝経路で、ケトース基(CH2OH-CO)を他のアルドース結合させる酵素

トランスケトラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/14 02:30 UTC 版)

トランスケトラーゼ(Transketolase)は、全ての生物が持つペントースリン酸経路と、光合成カルビン回路に関与する酵素である。この酵素は、これら2つの経路で反対方向に進む2つの重要な反応を触媒する。非酸化的なペントースリン酸経路の最初の反応では、補因子チアミンピロリン酸が5炭素ケトース(D-キシルロース-5-リン酸)から2つの炭素を受け取り、これを5炭素のアルドース(D-リボース-5-リン酸)に転移させ、7炭素のケトース(セドヘプツロース-7-リン酸)を形成する。2つの炭素を取られたD-キシルロース-5-リン酸は、3炭素のアルドースであるグリセルアルデヒド-3-リン酸になる。カルビン回路では、トランスケトラーゼは逆の反応を触媒し、セドヘプツロース-7-リン酸とグリセルアルデヒド-3-リン酸をアルドースのD-グリセルアルデヒド-3-リン酸及びケトースのD-キシルロース-5-リン酸に変換する。




  1. ^ Sax CM, Kays WT, Salamon C, Chervenak MM, Xu YS, Piatigorsky J (November 2000). “Transketolase gene expression in the cornea is influenced by environmental factors and developmentally controlled events”. Cornea 19 (6): 833–41. doi:10.1097/00003226-200011000-00014. PMID 11095059. 


「トランスケトラーゼ」の続きの解説一覧



トランスケトラーゼと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トランスケトラーゼ」の関連用語

トランスケトラーゼのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トランスケトラーゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトランスケトラーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS