浮沈とは? わかりやすく解説

ふ‐ちん【浮沈】

読み方:ふちん

[名](スル)

浮いたり沈んだりすること。うきしずみ

愛欲海にしながら」〈倉田出家とその弟子

栄えることと衰えること。うきしずみ。「会社の―にかかわる重大事


浮沈

作者永井荷風

収載図書荷風小説 7
出版社岩波書店
刊行年月1986.11


浮沈

作者池波正太郎

収載図書剣客商売全集
出版社新潮社
刊行年月1992.5

収載図書完本 池波正太郎大成 14 剣客商売
出版社講談社
刊行年月1999.1


浮沈

読み方:ウキシズミ(ukishizumi)

作者 永井荷風

初出 昭和21年

ジャンル 小説


浮沈

読み方:フチン(fuchin)

作者 宇野浩二

初出 昭和21年

ジャンル 小説


浮沈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 00:06 UTC 版)

ルイ=ニコラ・ダヴー」の記事における「浮沈」の解説

その後各地転戦する中で次第頭角現し、若いながら優秀な指揮官として知られるようになる同時に節を曲げない頑固者としても知られ裏切りを図る上官砲撃したり、逮捕しようと自ら司令部乗り込んだりといった逸話残っている共和制に対する忠誠揺るぎないのだったが、貴族出身という出自災いすることも多く1793年少将になった直後貴族士官追放令掛かって罷免され、軍から追放されるその後、約一年間郷里軍事研究没頭していたが、友人知人助けもあって復職成功ドゼー将軍指揮下に入り、公正無私にして有能さ知られた彼と親交を結ぶ。このことが大きな転機となった

※この「浮沈」の解説は、「ルイ=ニコラ・ダヴー」の解説の一部です。
「浮沈」を含む「ルイ=ニコラ・ダヴー」の記事については、「ルイ=ニコラ・ダヴー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「浮沈」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「浮沈」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浮沈」の関連用語

浮沈のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



浮沈のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルイ=ニコラ・ダヴー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS