盛衰とは? わかりやすく解説

せい‐すい【盛衰】


盛衰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/05 07:35 UTC 版)

ルククルン」の記事における「盛衰」の解説

どちらかというとインテリ趣味サロン音楽類いで、聴衆を選ぶきらいがあったため、国民遍く知られる爆発的な大ヒットという楽曲乏しい。 そんなルククルンにも競合があったのは1970-72の頃で、競争相手は、まるで対照的なルクトゥンだった。どちらも映画主題歌挿入歌として人気を博し、この時期にも、たくさんの名曲作られた幾人も歌手映画出演し、さらに主演もし、あまつさえ人気を博する者までいて、その競合熾烈極めたが、優等生的なルククルンよりも、庶民的なルクトゥンのほうがタイ庶民支持を受け、この競争のあとルククルン人気下火になってしまう。時折思い出したようにルククルンCDリリースされて、根強いファン層そこそこ売れるものの、ルクトゥン級の大ヒットには至らないルククルン歴史の中で特筆すべきは、1987年から1990年間に全部で13のルククルン・アルバムを発表したユアマイというアコースティック・アンサンブルで、このバンドの女性専属歌手オラウィー・サッチャノーンだ。その美し歌声は「ガラスの鈴歌声(นักร้องเสียงระฆังเเก้ว)」の異名取り下火だったルククルン人気を再燃復活させ、カセット・テープ併せて累計100万以上を売り上げたルククルンとしては空前にして絶後売上となり、業界話題となった。この売上大きく貢献した要因が、オラウィーの歌声である。 1996年かつての人気アイドル・ガールズ・グループ「サオ・サオ・サオ(สาว สาว สาว)」のメンバーであったオラワン・イェンプンスク(อรวรรณ เย็นพูนสุข)」が美しアレンジメントのアコースティック・アンサンブルをバックルククルン名曲吹き込みアルバムCDDVDをリリースした。しかし評判上々だったものの、売上今ひとつ伸びなかった。 また、2019年5月16日7月4日タイ民放31チャンネル(ทางช่องวัน31)で放映されテレビドラマルククルン(ลูกกรุงー全29回)」では劇中歌としてかつてのルククルン名曲ふんだんに紹介され、このドラマヒットにより、ルククルンへの関心高まった

※この「盛衰」の解説は、「ルククルン」の解説の一部です。
「盛衰」を含む「ルククルン」の記事については、「ルククルン」の概要を参照ください。


盛衰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 02:39 UTC 版)

行灯皿」の記事における「盛衰」の解説

江戸時代寛永年間真鍮製が出現したが、この頃行灯油が高価で一部限られていた。文化文政年間以降富裕層拡大とともに陶製広範囲にわたって急速に広がった江戸時代後期から明治時代初期頃には、壊れず軽く安価で量産可能になった真鍮製に再び代わり照明電化とともに完全に消滅した

※この「盛衰」の解説は、「行灯皿」の解説の一部です。
「盛衰」を含む「行灯皿」の記事については、「行灯皿」の概要を参照ください。


盛衰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 23:23 UTC 版)

セイタカアワダチソウ」の記事における「盛衰」の解説

昭和40年代繁殖状況は、アレロパシー後述効果ススキその土地繁殖していた植物駆逐しモグラネズミ長年生息している領域肥料となる成分主として糞尿死体由来成分)が多量蓄積していた地下50センチメートル深さまで根を伸ばす生態であったので、そこにある養分多量に取り込んだ結果背が高くなり、平屋民家押しつぶされそうに見えるほどの勢いがあった。 しかし、平成に入る頃には、その領域生息していたモグラネズミ駆除されてきたことによって希少化し土壌肥料成分蓄えられなくなり、また蓄積されていた肥料成分大方使ってしまったこと、自らのアレロパシー効果により種子発芽率が抑えられる等の理由により、派手な繁殖少なくなりつつあり、それほど背の高くないものが多くなっている。また、天敵グンバイムシやガ、ウドンコ病時を同じくして北米から日本侵入し、それらへの抵抗性低下していた日本個体群大打撃を受けてしまった(現在は抵抗性が再び上昇傾向)。 セイタカアワダチソウ勢い衰えてきた土地にはススキなどの植物が再び勢力取り戻しつつある。 日本各地刈取り抜き取りなどの駆除活動展開されている。 ちなみに北アメリカでは逆にススキ侵略的外来種として猛威振るっており、セイタカアワダチソウなどのゴールデンロッド類の生息地脅かされている。

※この「盛衰」の解説は、「セイタカアワダチソウ」の解説の一部です。
「盛衰」を含む「セイタカアワダチソウ」の記事については、「セイタカアワダチソウ」の概要を参照ください。


盛衰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 16:36 UTC 版)

広東十三行」の記事における「盛衰」の解説

1740年乾隆40年)、取引に付加税を課して行用銀とし、これを積み立てることで、行商負債返還基金為の或いは関税納入為の基金とした。これは多くの行商関税納入遅滞資本不足のために倒産していたことに因由するが、このことで19世紀初頭にかけて公行全盛期迎えた陶磁器輸出し銀貨雑貨輸入することで広東十三行巨万の富手にしたが、アヘン貿易始まり、さらに清朝政府によってアヘン禁止されると、此等正規の貿易として扱うことが出来なかったので、その後次第衰退していくこととなったアヘン戦争後の1842年道光22年)の南京条約によって、公行による外国貿易独占廃止された。

※この「盛衰」の解説は、「広東十三行」の解説の一部です。
「盛衰」を含む「広東十三行」の記事については、「広東十三行」の概要を参照ください。


盛衰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 06:10 UTC 版)

スプリングカメラ」の記事における「盛衰」の解説

最初の製品として知られるのはヒュッティヒ1908年発売したアトムである。ロールフィルムカメラとしてはコダック1922年以降一連のポケット・コダック採用したのが最初と言われている。その後ツァイス・イコン1929年発売したイコンタそれまで製品比較してコンパクトでスマートだったためベストセラーとなり、またドイツコダック1934年発売したレチナヒットしたことで一般的な形式一つとなった距離計連動のスーパーイコンタとスーパーセミイコンタが1934年発売セレン露出計組み込んだスーパーシックス1936年発売世界最初のAE露出カメラスーパーコダック6201938年頃に発売されるなどある程度自動化進んだ構造簡単なためカメラ自体価格安く6×4.5 cm判上であればコンタクトプリントでも辛うじて鑑賞耐えるということもあり、それまでに主流であった写真乾板使用するハンドカメラに取って代わり1930年代から1950年代にかけて二眼レフカメラ並んで一般向けカメラとしてもっとも人気の高いカメラとなった。 しかし早い時期から開発者頭を悩ませたのは、折りたたみ時にシャッター付きレンズ大きく移動するため、ボディーとの連動が難しいことである。最初に問題になったのはボディーシャッターボタン設置することであった。またレンズ位置誤差大きいため距離計連動難しく多くのスプリングカメラ距離計なしもしくは連動距離計内蔵するだけで終わった。この点ツァイス・イコンのスーパーイコンタは旋回するプリズムによって前玉回転式とは言え機械的連動なしで距離計連動実現しマミヤ光機(現マミヤ・オーピー)のマミヤシックスではフィルム面を移動することで距離計連動実現している。しかし電気露出計普及するなど自動化の波が押し寄せる中で連動難があるのは致命的であり、また「前を開く際の減圧によりフィルム面が不安定となりピント良くない」「レンズ交換対応できない」「光学技術発達レンズ明るく大きく重いものになる中、折畳式精度強度に安が残り、またレンズボディー収納するスペースがない」などの理由から1950年以降ライカ判レンジファインダーカメラさらには一眼レフカメラにその地位奪われていった近代スプリングカメラ元祖イコンタシリーズはスーパーイコンタV型最後に1960年製造中止され、日本製スプリングカメラ元祖パールシリーズ1958年発売されパールIV型最後となった。 なおスプリングカメラ二眼レフカメラ全盛期にはレンズシャッターカメラボディなどの部品を買い揃えて組み立てるだけの家内制手工業的なメーカー成り立っていたが、カメラ内部で高度な連動求められるレンジファインダーカメラ全体寸法小さく相対的に高精度な加工要求されるライカ判カメラ製造困難であり、多くのメーカー市場から消えた。 しかし畳めば非常に小型軽量になり、収納態では相当圧力衝撃に強いことから1986年時点で川口邦雄パールIVを、白簱史朗がスーパーイコンタIを現役機材として使用しているなど一部山岳写真家から支持を受け、また1983年フジカGS645プロフェッショナル2009年フジGF670フォールディング断続的に新製品発売されている、

※この「盛衰」の解説は、「スプリングカメラ」の解説の一部です。
「盛衰」を含む「スプリングカメラ」の記事については、「スプリングカメラ」の概要を参照ください。


盛衰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 08:25 UTC 版)

甲府中央商店街」の記事における「盛衰」の解説

上述の通り高度経済成長までは賑わい見せていた中央商店街であったが、1970年代より衰退兆し表れ始めた高度経済成長時代より山梨県内でもモータリゼーション進行した。 しかし、甲府空襲後に策定された『甲府市戦災復興都市計画』の大幅縮小で、中心部道路状況戦前変わらず、また小型店舗が密集していることから自動車駐車場設置ままならないことから近代化対応できない中央商店街問題が、この頃から浮き彫りになっている。 また、甲府市中心部渋滞慢性化したことから1971年昭和46年)に南側迂回する形で甲府バイパス開通し1977年昭和52年)には中央自動車道勝沼インターチェンジまで延伸、さらに勝沼甲府バイパスを繋ぐ勝沼バイパス開通した。これに合わせるように、これまで中心部にあった青果市場甲府バイパスに近い国母移転。さらに1977年中巨摩郡田富町現在の中央市)に山梨県流通センター完成しこれまで八日町連雀通りにあった問屋相次いで移転した甲府中央商店街も、1974年昭和49年)に甲府銀座ビル竣工しダイエー誘致したり、これまで商工会反対していた岡島百貨店増床認めるなどしたが渋滞駐車場不足を理由中心街避け傾向強まり中央一丁目歩行量1974年時点で6.2万人あったのが、1982年昭和57年)には2.3万人まで減少している。 1984年昭和59年)に『甲府地域商業近代化実施計画』が策定され、また1986年昭和61年)に開催されるかいじ国体に向けて商業施設増床などが行なわれた結果1986年には上述歩行量は3万人まで回復している。また、この時バブル景気により甲府市中心部地価上昇し衰退した中央商店街は再び活性化する機運見せかけていた。 しかし、かいじ国体終了した1987年昭和62年)に田富町山梨県流通センター隣接する甲府リバーサイドタウンショッピングセンター開業すると、歩行量は再び減少転じた1989年平成元年)に中央商店街にあったオギノ本社が、甲府昭和インターチェンジに近い貢川地区移転本社跡地2007年までパセオとして営業継続し、現在はココリになっている)。ダイエートポス業態変更し春日通りかすがもーるリニューアル行なったが、駐車場不足は依然解消されいままでいた。 1990年代入りバブル崩壊すると上がり続けていた地価下がり、郊外型ショッピングセンター開業ラッシュ東京方面への交通手段競争激化しストロー効果相まって商店街衰退一気加速した商店街北西側にあった甲府西武1998年平成10年)に閉店すると、客足がさらに遠のき2000年平成12年)には、中央一丁目歩行量1万人を割り込むようになった山梨県甲府市は、活性化の手段としてテナントの撤退により、閉鎖されていた貸ビル競艇場外発売場大手チェーンストア誘致する案を提案したが、環境悪化懸念する地元住民や、売上減少懸念する商工会商店街反発により、いずれも白紙化している商店街は、トポス撤退した甲府銀座ビル甲府市役所出向機関オギノ誘致し甲府ワシントンホテルプラザ開発無料送迎バス運行さらにはやまなし映画祭などのイベント実施し客を取り戻そうとするが、空洞化歯止めかからず2008年中央一丁目歩行量5千人とさらに減少2009年平成21年)には、甲府市役所オギノ甲府銀座ビルから撤退し2010年代より指定暴力団稲川会系列山梨一家による分家騒動絡んだ抗争事件激化しており、これらの影響受けている2014年平成26年)頃より、中央商店街リニューアル実施されており、まず甲府銀座ビル建替え決定し2017年平成29年)の完成目処に複合型マンション建設が行われている。また、歓楽街にあり、多くのキャバレー入居していた「芳野ビル」も改装され2015年平成27年5月より「甲府ぐるめ横丁」としてリニューアルオープンオリオン通り東側にある「オリオンイースト」についても改装が行なわれている。

※この「盛衰」の解説は、「甲府中央商店街」の解説の一部です。
「盛衰」を含む「甲府中央商店街」の記事については、「甲府中央商店街」の概要を参照ください。


盛衰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 07:35 UTC 版)

カロリック説」の記事における「盛衰」の解説

カロリック説それ以前からの熱物質説の流れをくむものであり、それに対する説としては熱の運動説があった。そして現在では熱は運動であるとされており、カロリック説否定されている。にもかかわらずカロリック説18世紀広く受け入れられ理由には、それが実験的なデータをもとに理論的に構築されていたことにある。また、カロリック説当時さまざまな現象説明できていた。そのため、ランフォードらの実験カロリック説不利な結論出ても、今までの説を即座に捨て去ることは出来なかった一方その当時の熱の運動説は、定量的理論作り上げることが出来ていなかった。また熱の運動説は、摩擦による発熱良く説明できたが、それ以外の熱現象については、カロリック説比べると説明に難があった。現在のように熱の運動説が広まるためには、熱の運動説による定量的理論、すなわちエネルギー保存則誕生待たなければならなかったのである。

※この「盛衰」の解説は、「カロリック説」の解説の一部です。
「盛衰」を含む「カロリック説」の記事については、「カロリック説」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「盛衰」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「盛衰」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「盛衰」の関連用語

盛衰のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



盛衰のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルククルン (改訂履歴)、行灯皿 (改訂履歴)、セイタカアワダチソウ (改訂履歴)、広東十三行 (改訂履歴)、スプリングカメラ (改訂履歴)、甲府中央商店街 (改訂履歴)、カロリック説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS