セレウス菌とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > その他の生物 > 真正細菌 > セレウス菌の意味・解説 

セレウス‐きん【セレウス菌】

Bacillus cereusバチルス属細菌の一。グラム陽性桿菌(かんきん)で、土壌中など自然環境広く分布するが、食中毒原因となることもある。


セレウス菌

酸素のないところでも増殖し、ヒト腸管にもみられる常在菌で、食中毒を引き起こします。
特徴土壌などの自然界広く生息する。毒素生成する。芽胞100 30 分の加熱でも死滅せず、家庭消毒薬無効
食中毒症状嘔吐型と下痢型がある。嘔吐型:食品中で産生された毒素原因発症する毒素型であり、潜伏期30 分~3 時間。主症状吐き気嘔吐下痢型:食品内で増えた喫食され、腸管内での増殖とともに産生された毒素によって起こる感染型であり、潜伏期は 8~16 時間。主症状下痢腹痛
過去食中毒原因食品嘔吐型:ピラフスパゲティなど。下痢型:食肉野菜スー プ弁当など。
対策>清潔な調理心がけ調理速やかにべる。米飯めん類作り置きしない。 穀類食品室内放置せずに、加熱調理食品冷却速やかに行い10 以下で保存する。

セレウス菌[Bacillus cereus]

 グラム陽性桿菌芽胞形成する。炭疽菌枯草菌と同じバチラス属に分類される細菌で、好気的にも嫌気的にも増殖できる。自然界分布する大型桿菌運動性があり、1048と広い温度増殖できる細菌である。普通寒天培地などでも容易に増殖し、比較偏平大きなラフ型の灰白色から暗灰白色集落作る
この食中毒原因菌として指定されており、下痢原性腸管毒素嘔吐原性腸管毒素2種類の外毒素産生する。下痢腹痛主な症状潜伏期間が約12時間の下痢食中毒と、嘔吐吐き気を主症状とする潜伏期間が1~5時間嘔吐食中毒起こす

セレウス菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/20 19:52 UTC 版)

セレウス菌(セレウスきん、Bacillus cereus)はBacillusに属するグラム陽性大桿菌芽胞を有する好気性菌である。土壌や汚水など自然界に多く存在し、酸性域では発育は悪い。食中毒の原因となる。


  1. ^ a b セレウス菌による食中毒について 横浜市衛生研究所横浜市感染症情報センター(感染症・疫学情報課)
  2. ^ Journal of Clinical Microbiology, July 1999, p. 2280-2284, Vol. 37, No. 7
  3. ^ 小川みどり,高田真一朗,高橋正雄 ほか、「速乾性擦式消毒剤による手指消毒後のセレウス菌などのグラム陽性有芽胞桿菌の残存」 Journal of UOEH. 2006年 28巻 4号 p.401-410, doi:10.7888/juoeh.28.401
  4. ^ a b c 『スタンダード栄養・食物シリーズ8 食品衛生学(第3版)』 一色賢司編、2010年、東京化学同人、p.70-71、ISBN 978-4-8079-1603-0
  5. ^ 食品衛生基礎講座 セレウス菌とその食中毒アサマ化成
  6. ^ [1] (PDF) , 2006/9/15 記者発表資料 (PDF) 自治医科大学
  7. ^ 余明順,松山純子,志馬景子 ほか、「【原著】クリーニングによるセレウス菌除菌効果の検討」 感染症学雑誌 2010年 84巻 5号 p.583-587, doi:10.11150/kansenshogakuzasshi.84.583


「セレウス菌」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セレウス菌」の関連用語

セレウス菌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



セレウス菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2021 Food Safety Commission. All Right Reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2021 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセレウス菌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS