WWWとは?

ダブリュー‐ダブリュー‐ダブリュー【WWW】


ダブリュー‐ダブリュー‐ダブリュー【WWW】


WWW

【英】World Wide Web
別名:ワールド・ワイド・ウェブ

分散データベース・システムの一種HTML言語記述された、文字音声画像動画などの情報を扱うことが可能。世界中ウェブサーバ提供する情報直接ハイパーリンクし、情報検索情報発信することができる。この機能利用するには、クライアント側にブラウザ組み込まれている必要がある

WWW

読みだぶりゅだぶりゅだぶりゅ
英語:world wide web ,WWW

HTML(Hyper Text Mark-up Langage)を用いて文書画像映像等を統合した文書を登録,参照配布できるシステムで,異なサーバ文書等にもリンクをはることが可能である.通常ブラウザー呼ばれる閲覧ソフト用いて利用するが,リンクが世界ネット全体わたって張れることからこの様呼ばれる

WWW

フルスペル:World Wide Web
別名:ワールドワイドウェブウェブ
【英】Web

WWWとは、World Wide Web頭文字をとったもので、インターネットイントラネットなどで用いられているHTML文書に代表されるシステムのことである。

もともとは、グループ内のさまざまな種類コンピュータ上で文書共有できる論文閲覧のためのシステムであったが、1991年一般公開されてから普及した。WWWでは、文書Webページ)の記述には主にHTMLというハイパーテキスト言語使用される。ハイパーテキストとは、ある文書別の文書を参照できる情報埋め込むことで(これをハイパーリンクと呼ぶ)文書同士相互に参照可能にする仕組みである。また、この文書中には画像音声など、テキスト以外のデータ埋め込むこともできる。

WWWを参照するには、Webブラウザ使用する。Webブラウザは、Webサーバーから受け取ったHTMLファイルCSSファイルなどを解析し、テキスト画像ハイパーリンクなどを文書通り配置するという作業行い画面表示する役割を持つ。

インターネットのほかの用語一覧
WWW:  URI  Webサイト  Webページ  WWW  Webアプリケーション  Webメール  WebRTC

World Wide Web

(WWW から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 02:49 UTC 版)

World Wide Webワールド・ワイド・ウェブ、略名:WWW)とは、インターネット上で提供されているハイパーテキストシステムである。WebウェブW3(ダブリュー スリー)[1]とも呼ばれる。俗には「インターネット」という表現がワールド・ワイド・ウェブを指す場合もある。情報提供を担う者はウェブサーバを公開し、一般利用者はウェブブラウザを介してウェブサーバにある情報を閲覧するようなシステムが基本である。1990年代マルチメディアブームで登場したシステムの内で最も普及したシステムの1つで、技術の進歩に合わせて現在も仕様が更新され続けている。今ではハイパーテキストの枠組みを超えた仕様も追加され、アプリケーションの基盤としても活用されている。また、1980年代に各国で独自に商業展開されていたビデオテックス[2]を置き換えるに至った。


注釈

  1. ^ Enquire Within Upon Everything
  2. ^ このウェブページは復刻版である(英語版wikipediaを参照)。
  3. ^ しばしばこの日がWWW公開の日と誤認識されている。
  4. ^ Wilson Library Bulletin
  5. ^ Jean Armour Polly

出典

  1. ^ http://www.w3.org/ The World Wide Web Consortium (W3C)
  2. ^ 2 発展する画像通信 : 昭和60年版 通信白書”. www.soumu.go.jp. 2021年1月7日閲覧。
  3. ^ 「メディアリテラシ」(Computer Science Library 15)p122 植田祐子・増永良文著 サイエンス社 2013年8月10日初版発行
  4. ^ 「インターネット」p70-71 村井純 岩波書店 1995年11月30日第1刷発行
  5. ^ The original proposal of the WWW, HTMLized
  6. ^ “WWW誕生から30周年 Googleもロゴで祝福”. ITmedia NEWS. (2019年3月12日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/12/news062.html 2019年3月12日閲覧。 
  7. ^ Tim Berners-Lee, a British scientist, invented the World Wide Web (WWW) in 1989 CERN. The birth of the Web. [1] 2019-09-04閲覧
  8. ^ http://www.w3.org/Proposal
  9. ^ Tim Berners-Lee: WorldWideWeb, the first Web client
  10. ^ 20 12, 1990 By Christmas 1990, Sir Berners-Lee had defined the Web’s basic concepts, the html, http and URL, and he had written the first browser/editor and server software. info.cern.ch was the address of the world's first web server, running on a NeXT computer at CERN. CERN. The birth of the World Wide Web. [2] 2019-09-04閲覧.
  11. ^ http://groups.google.com/groups?selm=6487%40cernvax.cern.ch
  12. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2385689?cx_part=search 「www一般開放15周年、発明者が語るウェブの理想」AFPBB 2008年5月1日 2021年3月5日閲覧
  13. ^ BrightPlanet - The 'Deep' Web: Surfacing Hidden Value
  14. ^ Distribution of languages on the Internet
  15. ^ The Indexable Web is more than 11.5 billion pages
  16. ^ Fact of The Web
  17. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3026121?cx_part=search 「世界のウェブサイト数、10億件を突破」AFPBB 2014年9月17日 2021年3月5日閲覧


「World Wide Web」の続きの解説一覧



WWWと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「WWW」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「WWW」の関連用語

WWWのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



WWWのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2021by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2021 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2021 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWWWの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWorld Wide Web (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS