藤原史織とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 藤原史織の意味・解説 

藤原史織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 03:09 UTC 版)

藤原しおり(ふじわら しおり、1990年(平成2年)8月3日 - )は、日本のタレント、元お笑い芸人岡山県岡山市出身[4]。旧芸名はブルゾンちえみ


注釈

  1. ^ ちえみはSNS上では日本語ローマ字表記で "Buruzon" とつづっているが、オースティン・マホーンとのCD "Dirty Work Blouson Chiemi Remix" では、原語通りの "Blouson" が採用されている。
  2. ^ これは同番組における新たな試みで、ブルゾン本人にも当日まで知らされていなかった。
  3. ^ 例えば東京ガールズコレクションで披露された「with成田凌&町田啓太[61]日本テレビの特別番組で披露された中島裕翔小山慶一郎を従えた「with J」[62]など。
  4. ^ 例えば、映画「ひるなかの流星」の山本舞香三浦翔平白濱亜嵐の3人は「ブルゾンまいかwith S&A」という動画を映画の公式Twitterに投稿[63]連続ドラマ東京タラレバ娘」の吉高由里子は役名にちなみ「ブルゾンりんこ」として共演の鈴木亮平坂口健太郎を携えた写真を披露している[64]

出典

  1. ^ a b c ブルゾンちえみ”. excite news. 2020年10月27日閲覧。
  2. ^ 2017年7月19日放送 ヒルナンデス!”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2017年7月19日). 2017年8月29日閲覧。
  3. ^ 吉岡里帆、ブルゾンちえみなど、VOGUE JAPAN Women of the Year 2017決定!”. VOGUE JAPAN. コンデナスト・パブリケーションズ (2017年11月24日). 2017年11月24日閲覧。
  4. ^ “【岡山県】おかやま晴れの国大使にブルゾンちえみさんが就任! 新ユニット・ブルゾンちえみwith備(前焼)で岡山県をPR” (プレスリリース), 岡山県, (2018年3月24日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000162.000023972.html 2020年4月9日閲覧。 
  5. ^ a b “ブルゾンちえみ、本名“藤原史織”で活動開始 SNSも再始動「心が軽くてスッキリ」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年4月1日). https://mdpr.jp/news/detail/2020162 2020年4月9日閲覧。 
  6. ^ a b c “岡山出身・ブルゾンちえみさんから藤原史織さんに ユーチューブなどで今後も発信”. 岡山経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2020年4月8日). https://okayama.keizai.biz/headline/966/ 2020年4月9日閲覧。 
  7. ^ a b c d e 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(226)】上から目線のいい女。謎の女性芸人、ブルゾンちえみ”. サンケイスポーツ (2016年12月22日). 2017年1月2日閲覧。
  8. ^ a b c d e 女性自身 2017年6月6日号 p.46 - 47
  9. ^ 岡山出身のブルゾンちえみ、渋野と同じ小学校だった「快挙にシビレました」”. スポーツ報知 (2019年8月5日). 2019年8月5日閲覧。
  10. ^ あいつ今何してる? 2019年05月15日”. 価格.com テレビ紹介情報 (2019年5月15日). 2019年8月23日閲覧。
  11. ^ 【岡山】ブルゾンちえみの母校、岡山大安寺中教校・中村 県大会初完全試合”. スポーツニッポン (2017年7月18日). 2017年7月31日閲覧。
  12. ^ a b ぴったんこカン・カン 2017年11月10日(金)”. gooテレビ (2017年11月10日). 2017年11月11日閲覧。
  13. ^ 〈独占告白〉藤原史織「ブルゾンちえみを卒業した理由。自分を偽り続けるのはもう限界だった」〈本能で生きてる~!〉と叫べるように(3/5)”. 婦人公論 (2020年5月18日). 2020年5月19日閲覧。
  14. ^ a b ブルゾンちえみ、大学中退を決断したきっかけ明かす」『』。2018年7月28日閲覧。
  15. ^ a b c d e f 日経エンタテインメント! 2017年3月号「今月のコンテンツガイド」p.95
  16. ^ a b 注目の女芸人が登場! #ナベラジ #soraxniwa”. ソラトニワFM (2016年12月3日). 2017年1月2日閲覧。
  17. ^ ブルゾンちえみtwitter 2015年9月26日(2017年1月2日閲覧)
  18. ^ 9/15 ニューカマーフライデーナイト”. 【お笑いコンビ】はなしょー 山田しょうこ ブログ (2015年9月16日). 2017年2月2日閲覧。
  19. ^ 【インタビュー】松本人志に認められた女芸人、「THE W」ファイナリスト・はなしょーに迫る”. トレンドニュース. GYAO! (2018年2月20日). 2018年2月23日閲覧。
  20. ^ パチFUN!テレビ愛知|動画(2016年2月3日放送) - パチFUN!|テレビ愛知
  21. ^ パチFUN!テレビ愛知|動画(2016年2月10日放送) - パチFUN!|テレビ愛知
  22. ^ パチFUN!テレビ愛知|動画(2016年2月17日放送) - パチFUN!|テレビ愛知
  23. ^ パチFUN!テレビ愛知|動画(2016年2月24日放送) - パチFUN!|テレビ愛知
  24. ^ “ブルゾンちえみと組む「with B」 その配慮と開き直り”. NEWSポストセブン (小学館). (2017年3月17日). https://www.news-postseven.com/archives/20170317_502469.html 2020年4月9日閲覧。 
  25. ^ ブルゾンちえみ、R-1初決勝でネタ飛んで涙…中盤で突然言葉に詰まる”. デイリースポーツ (2017年2月28日). 2017年3月2日閲覧。
  26. ^ ブルゾンV候補ブルゾンちえみ悔し泣き ネタ飛ぶミスで敗退”. 日刊スポーツ (2017年3月1日). 2017年3月2日閲覧。
  27. ^ 決勝”. R-1ぐらんぷり2017 公式サイト. 2017年3月2日閲覧。
  28. ^ ブルゾンちえみ、女優デビュー!桐谷&水川と女子力ゼロ理系女子に”. SANSPO.COM (2017年3月14日). 2017年3月14日閲覧。
  29. ^ “ブルゾンちえみ with Bと“バブル”体験「違和感ゼロ」と話題 女らしさの秘訣「妙に納得」の声も”. モデルプレス. (2017年3月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1674900 
  30. ^ ““ブルゾンちえみ with 成田凌&町田啓太”に興奮の嵐<TGC2017 S/S>”. モデルプレス. (2017年3月25日). https://mdpr.jp/news/detail/1673527 
  31. ^ ブルゾンちえみが新ユニット「Royal Flush」結成”. デイリースポーツ (2017年8月10日). 2017年9月4日閲覧。
  32. ^ ハフィントンポスト (2017年8月26日). “ブルゾンちえみさん、24時間テレビのランナーに決定(UPDATE)”. モデルプレス. http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/26/24hours-tv_a_23186244/ 2017年8月27日閲覧。 
  33. ^ 流行語大賞は「忖度」&「インスタ映え」 - トップ10に「35億」「ひふみん」など
  34. ^ 〈独占告白〉藤原史織「ブルゾンちえみを卒業した理由。自分を偽り続けるのはもう限界だった」〈本能で生きてる~!〉と叫べるように(2/5)”. 婦人公論 (2020年5月18日). 2020年5月19日閲覧。
  35. ^ a b “ブルゾンちえみ 欧州留学へ 事務所円満退社し本名で新たな夢追う”. Sponichi Annex. (2020年3月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/14/kiji/20200314s00041000109000c.html 2020年3月14日閲覧。 
  36. ^ “海外留学へ!ブルゾンちえみ、ワタナベエンタを円満退所”. サンスポ.com. (2020年3月15日). https://www.sanspo.com/article/20200315-2O35PH2Y7BNMJDUXW46CI77E2U/ 2020年3月18日閲覧。 
  37. ^ “ブルゾンちえみ円満退所 今後は本名藤原史織で活動”. 日刊スポーツ. (2020年3月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202003180000429.html 2020年3月18日閲覧。 
  38. ^ 2020年3月18日のInstagram投稿 Instagram@buruzon333(藤原史織として)
  39. ^ “ブルゾンちえみ with B、一夜限り涙の再結成で最後の「38億」魅せた”. スポーツ報知. (2020年4月12日). https://hochi.news/articles/20200412-OHT1T50157.html 2020年4月13日閲覧。 
  40. ^ “ブルゾンちえみ、最後の「35億」 ぐるナイ「おもしろ荘」にも感謝「一生わすれません」”. スポーツ報知. (2020年4月12日). https://hochi.news/articles/20200412-OHT1T50227.html 2020年4月13日閲覧。 
  41. ^ a b “ブルゾンちえみが「藤原史織」で活動開始 ネギ片手に自粛呼びかけ”. 東京スポーツ. (2020年4月3日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1803636/ 2020年4月9日閲覧。 
  42. ^ "ブルゾンちえみ" 2017年ブレイクの予感 大島優子もツボって「おもしろ荘」優勝”. モデルプレス (2017年1月1日). 2017年1月2日閲覧。
  43. ^ PON! 2018年5月3日(木)”. gooテレビ (2018年5月3日). 2018年5月4日閲覧。
  44. ^ ブリリアン”. ワタナベエンターテインメント. 2017年2月15日閲覧。
  45. ^ WCS 23期選抜7組っ!”. ワタナベエンターテインメント (2016年3月1日). 2017年1月2日閲覧。
  46. ^ a b Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『ブルゾンちえみWith"B"「キャリア・ウーマン」』
  47. ^ a b Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『【笑いのスプリントSHOW】ブルゾンちえみ「彼氏のお願いに仕方なく答えています」』
  48. ^ a b ブルゾンちえみ「キャリアウーマン」誕生の秘密”. 東京スポーツ (2017年5月4日). 2017年5月6日閲覧。
  49. ^ a b Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『ブルゾンちえみWith"B"「我慢してても、出ちゃうものは、出ちゃうんです。」』
  50. ^ Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『【笑いのスプリントSHOW】ブルゾンちえみ「つける、つけない、で昨晩彼氏と揉めました」』
  51. ^ Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『【笑いのスプリントSHOW】ブルゾンちえみ「筋肉のゴールデンタイム」』
  52. ^ Youtube ワタナベお笑い公式チャンネル『【笑いのスプリントSHOW】ブルゾンちえみ「命を狙われる女スパイ、極秘任務遂行中」』
  53. ^ a b ブルゾン “キャリアウーマン”誕生秘話「先に音から作った」”. スポーツニッポン (2017年4月22日). 2017年4月23日閲覧。
  54. ^ a b c 特技一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  55. ^ “ブルゾンちえみ、上半期の“主役”はほぼ当確か? パロディ芸の系譜を継ぐ新星”. オリコン. (2017年2月15日). http://www.oricon.co.jp/special/49805/ 
  56. ^ ラリー遠田 (2017年2月15日). “ブルゾンちえみ、横澤夏子、渡辺直美――なぜ女性ピン芸人が増えているのか?”. ラリー遠田の笑いのツボ. https://news.yahoo.co.jp/byline/larrytoda/20170221-00067917/ 
  57. ^ 真紀和泉 (2017年2月17日). “【エンタがビタミン♪】ブルゾンちえみの“強みと弱み” 『おもしろ荘』で人生変わった彼女の魅力とは?”. TechinsightJapan. http://japan.techinsight.jp/2017/02/maki02171159.html/2 
  58. ^ 苺いちえ (2017年2月28日). “伊集院光「ブルゾンちえみはウケている女芸人の合成」との分析にネットの声は…”. Spotlight. http://spotlight-media.jp/article/385596868581015502 
  59. ^ エスムラルダ (2017年3月30日). “ブルゾンちえみが二丁目で大人気!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載148”. OK Music. http://okmusic.jp/#!/news/166180 
  60. ^ 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(341)】ライバルはピコ太郎!! 若きピン芸人、もりせいじゅ”. サンケイスポーツ (2017年4月18日). 2017年4月19日閲覧。
  61. ^ “話題沸騰の“ブルゾンちえみ with 成田凌&町田啓太”舞台裏の練習風景公開 ネクタイ外すN&Mに釘付け”. モデルプレス. (2017年3月27日). https://mdpr.jp/news/1674058 
  62. ^ “ブルゾンちえみ、小山慶一郎と中島裕翔との“with J”コラボでの意外な“気遣い”をネット賞賛。「配慮?」「他の女芸人と違う」”. モデルプレス. (2017年4月3日). https://mdpr.jp/music/detail/1676343 
  63. ^ “山本舞香&三浦翔平&白濱亜嵐“ブルゾンまいか with S&A”披露にファン歓喜”. モデルプレス. (2017年3月28日). https://mdpr.jp/news/detail/1674415 
  64. ^ “吉高由里子&坂口健太郎&鈴木亮平で“ブルゾンりんこ withB”が話題”. モデルプレス. (2017年3月13日). https://mdpr.jp/news/detail/1670314 
  65. ^ “ブルゾンちえみ、“with B”に無限の可能性?ジャニーズも俳優も“あのポジション”に夢中<コラボ一挙>”. モデルプレス. (2017年3月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1674596 
  66. ^ a b 【ビルボード】HKT48「バグっていいじゃん」31.7万枚セールスでJAPAN HOT100総合首位 ブルゾンちえみ効果で「ダーティ・ワーク」がダウンロードと動画再生で総合8位に”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク (2017年2月22日). 2017年2月24日閲覧。
  67. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts | Billboard JAPAN”. Billboard Japan. 阪神コンテンツリンク. 2017年2月24日閲覧。
  68. ^ ブルゾンちえみ効果で注目 米人気歌手が感謝のツイート”. シネマトゥデイ (2017年2月17日). 2017年3月2日閲覧。
  69. ^ ブルゾンちえみ“BGM使用”オースティン・マホーンと初対面「泣きます」”. オリコン (2017年4月14日). 2017年5月6日閲覧。
  70. ^ a b 「今夜くらべてみました」 2017年7月19日(水)放送内容(「3丁目劇場」の節)”. カカクコム (2017年7月19日). 2017年8月29日閲覧。
  71. ^ 〈独占告白〉藤原史織「ブルゾンちえみを卒業した理由。自分を偽り続けるのはもう限界だった」〈本能で生きてる~!〉と叫べるように(1/5)”. 婦人公論 (2020年5月18日). 2020年5月19日閲覧。
  72. ^ ブルゾンちえみで話題!「外国人モテ」男女の違いと意外な特徴に驚き”. @niftyニュース (2017年2月14日). 2017年3月19日閲覧。
  73. ^ a b c d e 趣味一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  74. ^ 映画「マジックマイクXXL」”. ブルゾンちえみの〜What's up?セレブリティーズ〜 (2016年12月12日). 2017年1月2日閲覧。
  75. ^ 得意トーク一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  76. ^ ”. ブルゾンちえみの〜What's up?セレブリティーズ〜 (2016年12月23日). 2017年1月2日閲覧。
  77. ^ ブルゾンちえみ “元カレ”嵐・二宮に「本当に好きだったんです」”. スポーツニッポン (2017年11月10日). 2017年11月11日閲覧。
  78. ^ ペット一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  79. ^ 資格一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  80. ^ スポーツ経験一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2017年1月2日閲覧。
  81. ^ 11月10日(金)よる8時放送『ぴったんこカン・カン』人気お笑い芸人ブルゾンちえみ初登場!7年ぶりに思い出の地・島根県松江市を訪問“35億分の1人”と感動の再会!!”. TBS (2017年11月9日). 2017年11月11日閲覧。
  82. ^ ブルゾンちえみ キャリアウーマンネタで勝負するキッカケは、あの伝説のピッチャーにあった”. スポーツニッポン (2018年12月2日). 2018年12月2日閲覧。
  83. ^ ブルゾン涙、金田正一さんから「腹減ってないか?」”. 日刊スポーツ (2019年10月6日). 2019年10月22日閲覧。
  84. ^ ブルゾンちえみ、自らかけた電話で知った金田正一さんの訃報 無名時代、アルバイト先の常連客だった”. 中日スポーツ (2019年10月6日). 2019年10月22日閲覧。
  85. ^ ありがとう金田さん”. ブルゾンちえみオフィシャルブログ「〜本能で生きてる?」. サイバーエージェント (2019年10月10日). 2019年10月22日閲覧。
  86. ^ インスタグラムの当該投稿
  87. ^ ブルゾンちえみ、来年は環境問題に注力 肩書きにとらわれず「自分の心に従って…」|オリコンニュース|徳島新聞” (日本語). 徳島新聞Web. 2020年1月10日閲覧。
  88. ^ “ブルゾンちえみ:PON!に新加入 情報番組初レギュラーで「with B」とリポーターに”. MANTAN WEB (毎日新聞デジタル). (2017年4月1日). https://mantan-web.jp/2017/04/01/20170331dog00m200045000c.html 2017年4月1日閲覧。 
  89. ^ “『PON!』新芸人リポーターにブルゾン、カミナリ、銀シャリら”. ORICON STYLE (オリコン). (2017年4月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2088469/full/ 2017年4月1日閲覧。 
  90. ^ “カミナリ、銀シャリ、ブルゾンちえみ with Bが「PON!」リポーターに”. お笑いナタリー (ナタリー). (2017年4月1日). http://natalie.mu/owarai/news/226914 2017年4月1日閲覧。 
  91. ^ 趣味どきっ!”. NHK. 2019年12月11日閲覧。
  92. ^ ブルゾンちえみ、ドラマ「人は見た目が100パーセント」で女優デビュー”. ナタリーコミック (2017年3月14日). 2017年6月15日閲覧。
  93. ^ 風間俊介、波瑠の最低婚約者に! 吉沢亮&ブルゾンらも「サバイバル・ウェディング」”. シネマカフェ (2017年6月5日). 2017年6月5日閲覧。
  94. ^ J-WAVE (2021年3月24日). “J-WAVE 2021年4月改編のお知らせ”. PR TIMES. 2021年4月9日閲覧。
  95. ^ 松岡茉優主演「蜜蜂と遠雷」予告完成! ブルゾンちえみが“異質な存在”として出演”. 映画.com (2019年7月15日). 2019年7月15日閲覧。
  96. ^ 『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』小栗旬さん&ブルゾンちえみさんさんがゲスト声優として出演決定! コメントも到着”. アニメイトタイムズ (2018年10月19日). 2018年10月19日閲覧。
  97. ^ 菜々緒さん×ブルゾンちえみさん出演 ブランディア新CMスタート!”. ブランディア. 2017年5月1日閲覧。
  98. ^ 2周年アニバーサリー”. 「あんさんぶるスターズ!」公式. 2017年5月1日閲覧。
  99. ^ ブルゾンちえみ with B、3人での初CM出演は「あんスタ」”. お笑いナタリー (2017年4月28日). 2017年5月1日閲覧。
  100. ^ ブルゾンちえみ、綾野剛の妹で堤真一に恋されるドコモ新CM「ブレイクして…良かった」”. 映画.com (2017年5月25日). 2017年5月25日閲覧。
  101. ^ “上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみが「ジオストーム」で吹替を担当”. 映画ナタリー. (2017年11月7日). http://natalie.mu/eiga/news/255638 2017年11月7日閲覧。 


「藤原史織」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「藤原史織」の関連用語

藤原史織のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



藤原史織のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの藤原史織 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS