PUFFYとは? わかりやすく解説

Puffy

名前 パフィ

PUFFY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/25 14:12 UTC 版)

PUFFY(パフィー)は、日本の女性ボーカルデュオ[2]ユニット[3]。メンバーは大貫亜美吉村由美[2]1996年奥田民生プロデュースのシングル『アジアの純真』でデビュー[2]。力の抜けた自然体のスタイル[2]、親しみやすいキャラクター[3]、ハイクオリティな楽曲が特徴[2]。2000年にSXSWに出演[3]、2002年にPuffy AmiYumi名義で北米ツアーを行い、2004年にはPUFFYをモデルにしたアニメ『ハイ!ハイ! パフィー・アミユミ』が全米でブレイクし、世界110カ国以上で放送される[2]。2016年にデビュー20周年を迎える[4]


注釈

  1. ^ 後に由美のソロも作られ、大貫亜美吉村由美名義のアルバム『solosolo』 として発表された。
  2. ^ 「アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」の2曲を披露。

出典

  1. ^ a b c d Deming, Mark. Puffy AmiYumi | Biography & History - オールミュージック. 2020年6月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f PUFFYの記事まとめ”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 2015年10月26日閲覧。
  3. ^ a b c PUFFY”. CDJournal. 音楽出版社. 2015年10月26日閲覧。
  4. ^ PUFFY&キャンスパ20周年アイテム発表、モデルに亜美+黒猫チェルシーメンバー”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年8月6日). 2015年10月26日閲覧。
  5. ^ a b c 烏賀陽弘道Jポップとは何か-巨大化する音楽産業岩波書店岩波新書(新赤版)〉、2005年、96頁。
  6. ^ a b 烏賀陽弘道『Jポップとは何か-巨大化する音楽産業』岩波書店〈岩波新書(新赤版)〉、2005年、97頁。
  7. ^ 奥田民生 (2004). 俺は知ってるぜ. 株式会社ロッキング・オン. p. 130 
  8. ^ 「あゆみ(2006年)」インタビューより
  9. ^ 日本のポップス、米に進撃日経BP - インターネットアーカイブ(『日経ビジネス』2003年11月17日号、14頁)
  10. ^ Willman, Chris; Brunner, Rob (2001-04-04). “Puffy maintains the U.S. rights to his name [Puffy、アメリカ国内の商標権を守る]”. Entertainment Weekly (Meredith Corporation). オリジナルの2016-10-09時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161009123259/http://www.ew.com/article/2001/04/04/puffy-maintains-us-rights-his-name 2018年8月31日閲覧。. 
  11. ^ Teen Titans (2003–2006)” (英語). IMDb. 2018年8月31日閲覧。
  12. ^ SDガンダムフォース オープニング&エンディングテーマ決定”. Sony Music Entertainment (Japan) Inc.. 2004年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月31日閲覧。
  13. ^ Puffy AmiYumi”. IMDb. 2018年8月31日閲覧。
  14. ^ a b Cartoon Network Unveils Hi Hi Puffy AmiYumi Float For the 79th Annual Macy's Thanksgiving Day Parade® [「ハイハイ、パフィーアミユミ」のパレードカーが第79回メイシーズ感謝祭パレードに参加、カートゥーンネットワーク発表」]” (英語). WarnerMedia (2005年10月31日). 2018年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月31日閲覧。
  15. ^ Warner Bros. Consumer Products And Cartoon Network Name Mattel Master Toy Manufacturer For “Hi Hi Puffy Amiyumi” [ワーナーブラザース顧客プロダクト部門とカートゥーンネットワーク社、「ハイハイ・パフィー・アミユミ」のライセンス先にマテルを指名]” (英語). カリフォルニア州バーバンク: Warner Bros. Entertainment Inc (2005年2月16日). 2018年8月31日閲覧。
  16. ^ 「ハイ・ハイ・パフィー・アミユミ」のキャラクター商品群” (英語). 2018年8月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月31日閲覧。
  17. ^ VISIT JAPAN CAMPAIGN[リンク切れ](アーカイブ)
  18. ^ PUFFY オフィシャルファンクラブ 『劇団アセス』
  19. ^ PUFFY、ひた向きに「桃まんじゅう」を作るMV。監督はスミス&夢眠ねむ”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2015年10月23日). 2015年11月18日閲覧。
  20. ^ a b “NHK紅白歌合戦 出場歌手発表 初出場は宇多田、KinKiら10組”. スポニチアネックス. (2016年11月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/24/kiji/K20161124013783000.html 2016年11月24日閲覧。 
  21. ^ 2007年10月4日 日経新聞[要ページ番号]
  22. ^ 渋谷陽一ライナーノーツより[いつ?]
  23. ^ PUFFY『Splurge』全曲解説(兵庫慎司)
  24. ^ “PUFFYがさくらももこ作詞「すすめナンセンス」配信、「JET CD」再現ライブ開催”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年12月7日). https://natalie.mu/music/news/311130 2018年12月18日閲覧。 
  25. ^ 『ちびまる子ちゃん』年末1時間SPに、PUFFYがゲスト声優として登場! 劇中で歌声も披露しちゃいます♪”. アニメイトタイムズ (2018年12月9日). 2018年12月9日閲覧。
  26. ^ PUFFYが「のどごし」CM登場、温泉旅館で堺雅人らとカラオケ熱唱”. 音楽ナタリー (2016年3月1日). 2016年3月1日閲覧。



PUFFY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 15:56 UTC 版)

BRIAN SHINSEKAI」の記事における「PUFFY」の解説

2021年テレビ出演時のキーボードサポート。

※この「PUFFY」の解説は、「BRIAN SHINSEKAI」の解説の一部です。
「PUFFY」を含む「BRIAN SHINSEKAI」の記事については、「BRIAN SHINSEKAI」の概要を参照ください。


PUFFY(大貫亜美・吉村由美)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 09:37 UTC 版)

こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物」の記事における「PUFFY(大貫亜美吉村由美)」の解説

歌手ユニット。107-6「混戦こち亀ゲームの巻」に登場大貫中川世界一周デート楽しんだ

※この「PUFFY(大貫亜美・吉村由美)」の解説は、「こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物」の解説の一部です。
「PUFFY(大貫亜美・吉村由美)」を含む「こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物」の記事については、「こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「PUFFY」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「PUFFY」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PUFFY」の関連用語

PUFFYのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PUFFYのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPUFFY (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBRIAN SHINSEKAI (改訂履歴)、こちら葛飾区亀有公園前派出所の登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS