春日花子_(初代)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 春日花子_(初代)の意味・解説 

春日花子 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/26 04:29 UTC 版)

初代春日 花子(かすが はなこ、本名:湯浅幸知[1]、旧姓:倉田[2]1903年明治36年)8月17日[3] - 1992年平成4年)2月21日)とは元宝塚少女歌劇団花組主演娘役クラスの人物である。三重県一志郡川合村(現・津市)出身[3][4]。夫は元プロ野球監督プロ野球選手湯浅禎夫[5]高砂松子、沖津浪子と合わせて、『宝塚の三幅對』と呼ばれた[6]
この芸名は小倉百人一首の第33番:紀友則の『久方の 光長閑けき に 靜心無く の散るらむ(ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しづこころなく はなのちるらむ)』から命名された。




[ヘルプ]
  1. ^ 『別冊1億人の昭和史 タカラヅカ 華麗な舞台とスターを育てた70年』、毎日新聞社、1981年
  2. ^ 『日本歌劇俳優写真名鑑』藤山宗利著、歌舞雑誌社、1920年、P138
  3. ^ a b 『歌劇と歌劇俳優』藤波楽斎著、文星社、1919年、P96
  4. ^ 『寶塚の歌劇少女』橋詰せみ郎著、新正堂書店、1923年12月5日、P59
  5. ^ 『別冊1億人の昭和史 タカラヅカ 華麗な舞台とスターを育てた70年』、毎日新聞社、1981年、P201最下段
  6. ^ 『宝塚スター物語』丸尾長顕著、實業之日本社、1949年5月15日、P53
  7. ^ 『別冊1億人の昭和史 タカラヅカ 華麗な舞台とスターを育てた70年』、毎日新聞社、1981年、P171最上段
  8. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』 宝塚歌劇団2014年4月1日、7頁。 


「春日花子 (初代)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「春日花子_(初代)」の関連用語

春日花子_(初代)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



春日花子_(初代)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの春日花子 (初代) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS